中山そーじろブログ

we do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing. 人は老いるから遊ばなくなるのではない、遊ばなくなるから老いるのだ

東京オリンピックは「開催側があんたらだから反対」

どーも!中山そーじろです。
 
 
 
 
 
 
世論調査では8割以上が否定的な意見とのこと。
 
コロナの現状と緊急事態宣言で一気にこっち寄りになった方も多いはず。
 
 
 
一方この方たちは、
 
菅総理「新型コロナに打ち勝った証をして東京オリンピックパラリンピックを世界中の皆さんと迎えよう」
 
二階幹事長「開催しないというお考えを聞いてみたいくらい」「自民党として開催促進の決議をしてもいいくらい」
 
森会長「私がここで考え込んだり迷ったりすればすべてに影響する。あくまで進めていく。これが私の最後の仕事。天命。」
 
 
「意地でも開催する」とすごい執着。
 
 

f:id:sohji-low:20210113155642j:plain

 
 
私の意見は、
 
 
あんたらだから反対
 
 
です。
 
 
 
最終判断の権限は日本や東京にはなく、IOCが持っているわけなので
 
「困難があったって開催する前提で最大限の準備をするのは当たり前だろう、それで初めてIOCが判断できるんだ」
 
という姿勢は合っていると思います。諦めたらそこで試合終了ですので。
 
 
 
もう金も散々掛けて準備してきた、後戻りはできない
 
(無理って感じていても)とにかく突っ走るしかない
 
 
というだけだと思います。
 
 
 
しかし、彼らは一番肝心なところに気づいてない、
 
「あなたたちに任せて応援しよう、というその信用がもうない」
 
ということ。
 
 
 
オリンピックが「できるか・できないか」ではなく、
 
「あなたたちだから任せたくない」「あなたたちだからできない」というのが大半の人の本音なんじゃないかと思っています。
 
 
 
1)世界を元気づけるのにオリンピックが一番
 
スポーツイベントって趣味とか年齢とか関係なく一番多くの人が感動して元気付けられるものだと思います。それは音楽とか他のエンタメにはできない。
 
全世界に蔓延ってる停滞感を払拭するのにオリンピックは一番有効なイベントだと思います。
 
 
なんでもそうですが開催前に色々と問題あってみんなブーブー言ってても、いざ始まってしまえば選手の活躍に皆熱中して応援して感動して、
 
「いや~よかったね」「元気と勇気もらった」とか言ってチャラになることは過去の事例が証明してます。
 
なので私は参加国や観客など制限しながらでも開催した方が良いと思ってます。
 
 
 
 
2)東京オリンピック自体がもはや詐欺
 
「歴史上一番コンパクトで低予算な大会」というアピールで東京の開催が決まったオリンピックです。当時見積していた開催経費は7340億円。
 
それが現状で総額1兆6440億円歴史上で一番金のかかる大会となることが既に決定してます。
 
しかもこれには感染対策費が十分に含まれておらず、関連経費なども含めると3兆円を超す見込みとのこと。
 
 
見積が7340億円で、実際の請求額は3兆円
 
 
この差額は立派な詐欺、犯罪です。
 
「それでもオリンピックだから…」では許せません。
 
 
 
3)信用できない開催側の方々
 
当たり前ですがIOCが「やめとこう」と言わないのはオリンピック開催して食ってる人たちだからです。収入無くなっちゃうから。
 
日本が「やめましょう」と言わないのは中止になったとしても全負担しなきゃいけない契約だからです。どこからも保証とか貰えない。
 
金です。
 
だからどちらも進むしかないのはしょうがない。
 
 
しかしその進め方がクソ過ぎる。
 
 
医療ボランティアに約5000人必要らしいですがそれを逼迫している医療現場から連れてくる気です。
 
しかも12月までは「ボランティアなんだから」ということで無償で連れてくる気でいました、理由は「財政難により給料は出せない」とのことで(委員会理事たちの年間2400万円の報酬はしっかりそのままで)。
 
 
最近流石に無理だろうとなって焦って追加予算960億円計上して有償ボランティアになると思われます、それも国民の税金ですが。
 
 
 
来日する選手団は隔離したりバス移動させたり、PCR検査受けさせたり、アプリで行動トレースするらしいですが、
 
ワクチンの事前接種は別に必須ではないそうです。なんでだよ、それは流石に打ってから来いよ。
 
 
 
都と政府はずっとコロナに関して責任の押し付け合いで喧嘩してます。
 
西村経済再生大臣は10月のコメントで「冬のコロナ対策、これから協議していきたい」と答え、「秋の次に冬が来るということを知らなかった疑惑」があった人です。
 
そんな人たちが対策・管理・開催します。できるわけない。
 
 
 
4)それでも開催は7月だから
 
「開催は7月なんだから今できるかの議論すべきじゃない」と森会長は怒ってますが、
 
「こうなったらこう対応してこういった形で開催」というようなパターンを複数用意して発表して「ゼロリスクではないけどそれだけ対策と管理整えるならある程度安心」と思わせて
 
「みんなで協力して開催できるよう頑張ろう」という雰囲気を作る
 
 
これが今一番全力でやらなきゃいけない仕事じゃないの?
 
 
何キレてんの?信用できないおまえらが勝手に進めてっからこっちは不安で聞いてんだよ
 
 
それがわかってない時点で開催する資格(というか能力)ないと思います。
 
 
 
今コロナが爆発してる一番の要因は真冬ってことだと思いますし(インフルも毎年このぐらいに一気に流行るし)、7月にはある程度落ち着いているかもですが、
 
ワクチンが国民レベルに入ってくるのはオリンピック終わった秋以降です。
 
 
 
 
あのクソジジイたちがみんな入れ替わって本当に熱意ある人たちが
 
このまま中止だと1兆円が無駄になります。開催だとリスクはこういったことが考えられますがこう制限してこう対応するつもりです、その場合全部で1兆8千億円かかります。それでもやる価値と意義はあると思っています。国民の皆さん、協力願えませんか?
 
みたいな議論をするべきです。
 
 
 
 
このまま同じメンツでズルズルやるなら反対です。
 
金戻って来なくたって高過ぎますが授業料です。負のレガシーとして焼き付ければ良いとさえ思ってます。
 
ジジイたちは後悔も一緒に墓まで持ってけと。コロナのせいじゃなくておまえらの進め方がダメだったからだよと。
 
 
 
とにかくコロナが早く落ち着くことを祈ります。
 
 
 
 

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

 

f:id:sohji-low:20190816161040j:plain

 

中山そーじろ

飲食の方々は暴動起こして良いと思います(参加します)

どーも!中山そーじろです。
 
 
 
飲食の方々は暴動起こして良いと思います
 
(その際は私も参加します)
 
 
 
飲食が原因なので8時までの時短営業してください
 
要請に従わない飲食店は公表して晒します
 
従わない場合罰金や過料も検討しています
 
 
 
誤解してるようですがランチも危ないので控えてください
 
 
 

f:id:sohji-low:20210115143336p:plain

 
……
 
 
 
焼肉チェーン店の店長を1年半やっていただけの私でも怒り心頭です。
 
 
 
時短協力金として一律一日6万円支給します
 
 
 
一律!?
 
 
 
何考えてんの?
 
 
 
一日の売上200万円で従業員80名の夕方5時オープンの都心のでか箱居酒屋も、
 
ランチ客メインの売上5万円のお母さんひとりで切り盛りしてる町の小さい定食屋も、
 

どちらも一律6万円!?
 
 
 
元々ランチの客メインの小さい定食屋が8時まで営業して、そのいつもの売上に加えて純利益として月に180万円がはいってくる。
 
もうお母さん笑い止まらないじゃん。
 
私もひとりの家賃バカ安なとこで小料理屋でもやっときゃ良かったよ。
 
 
 
ちゃんと飲食店としての届け出していて、納税していれば、
 
その店の売上、家賃、非正規雇用の人件費など、全ての情報がその申請書に書いてあるんです。
 
その情報を国は持っている。
 
 
 
そのデータに対して適正なパーセンテージの協力金を算出することは可能なんです。
 
 
 
でもやらない、何故か、
 
 
 
面倒くさいから
 
 
 
各省庁が縦割り構造で情報共有が難しいから、アナログだから
 
 
 
自分たちは売上からパーセンテージで税金徴収してるのに、配る時は一律
 
年間300万税金納めてるところにも、15万しか納めてないとこにも、
 

一律6万円
 
 
 
コロナ騒ぎから約一年、
 
 
 
マジ何やってたの!?
 
 
 
そしてなんで暴動起きないの?
 
 
 
と思ってたらやっとサイゼの社長が「ふざけんな」って言ってくれてました。

本当に飲食の現場の方々は「ふざけんな」だと思います。もっと声あげるべき。
 
 
 
店長で日々バランスシートと睨めっこしてたので飲食店の利益率の低さは重々承知です。
 
「あんなに頑張って売上上げたのに、色々引いたらこれしか残らんのかい…」
 
と、高粗利体質の会社から焼肉屋に転職してきた私は本当に驚きました。
 
 
 
本当に飲食の人たちって泣ける程血と汗流しながら身削って頑張ってるんです。
 
 
 
 
8時までの営業にしたら店長は何考えるか、
 
 
8時までに如何にお客さんいっぱいいれれるか、
 
単価上げるか、回転率増やすか、
 
それ考えるに決まってるじゃないですか。
 
 
 
西村クソ大臣の言うようにコロナには昼も夜もないじゃないですか、
 
 
 
だったら時短施策で余計に密な店内を作ってるってことじゃないですか。
 
 
 
それなら入店人数を制限しながら一定のペースで本来の閉店時間までお客さん入れれた方が、
 
 
店も密になりにくいし、
 
貴重なラスト要因のバイトも削らなくて済むし、
 
フードロスも軽減されるし、
 
全体としての売上も見込めるんでは?
 
 
 
おひとり様で黙って食べて帰るお客さんと、
 
都心の勤務地から満員に近い電車乗って帰ってきた旦那と、スーパーのパートから帰ってきた奥さんと、小学校や保育園から帰ってきた子供たちが、
 
マスクせずに向き合って話しながら夜メシ食べてる家庭の状況、
 
 
 
どっちがリスク高いよ!!
 
 
飲食だけ、外食だけ、安易に敵にするな!!
 
 
 
Go to EATおひとり様限定キャンペーン速攻でやれ!問題ないだろうが!
 
 
 
「外食しろ」「外食するな」「夜行くな」「時短しろ」「昼も行くな」
 

もう飲食の方々どれだけ辛抱強いのか…暴動起こしても良いんじゃ?と思います。
 
 
 
 
 

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

f:id:sohji-low:20200815122131j:plain

中山そーじろ(中山企画)

 

37歳オッサンの夢がどうやってそこに落ち着いたか

どーも!中山そーじろです。
 
 
 
37歳オッサンの夢がどうやってそこに落ち着いたか
 
 
 
を書きます。
 
 
 
 
 
若い頃から伝説のミュージシャンなどへの憧れが強く、
 
自分も(特別な)何者かになりたい
 
という欲が人一倍強かったです。しかし特に努力して夢中に取り組んでることもなくずっと焦って苛立っていました。
 
常に「自分はどうしたらいいんだ」と自問している”人生ホームレス生活”の始まりです。
 
 
 
結婚し30代になり子供ができると共に、
 
どうやら自分は本当に凡人のようだ
 
といい加減認めるようになりました(遅い)。
 
しかし困ったことに凡人であることは認められても「何者かになりたい」という欲は消えません
 
自己肯定感が低い人は潜在的な承認欲求がその分強いらしいです、面倒な性格ですが。
 
 
 
バンド、山登り、ボランティア、転職などやってみるも、相変わらず「これだ!」というものは見つからず、人生ホームレス生活継続でモヤモヤした日々を過ごします。
 
 
 
4年前ぐらいから「情報革命」や「信用経済」などの新しいワードが入ってきてそういった価値観に感化され、
 
これからは金持ちじゃなく信用持ちの時代だ!それなら自分にもできることあるぞ!?
 
と思い中山企画というサークルみたいなのを作ってイベントなど企画し、それをYoutubeとかで配信して知名度をあげていけば!サロンだクラファンだ!など考えていましたがそこで気づきます。
 
 
 
私には人が面白がるような武器(作品やコンテンツ)がない
 
 
 
今まで何も頑張ってこなかったんだから当たり前です。アピールできる何かがない人間がイベントやろうがプラットフォーム作ろうが人は寄ってきません。
 
 
 
なるほど、頑張って積み重ねてこなかった自分には何もない、だから当たり前に何者かにもなれない
 
 
もっと人生を中長期的に考えて設計しなきゃいかん
 
 
そんなことにやっと気づいたわけです。
 
 
 
そこで出会った言葉がスティーブ・ジョブスの「コネクティング・ザ・ドッツ」、
 
関係なさそうなものでも面に点を打っていけばどこかで繋がったり掛け合わさったりして結果的に面白いものが創造されるという考えです。
 
 
 
山登り、キャンプ、バンド、英語、木工家具作り、ブログ、
 
趣味レベルでやっていることはあります。それぞれもっと頑張って次のレベルに行きたいという欲はある。
 
 
 
それらを組み合わせていけば、
 
英語喋れて、月イチで居酒屋やっててなんか知識豊富で、バンドで公園でライブやったりしてて、オーダー木工家具も作ってて、アウトドア好きで、ブログとかでそれらを発信してて、
 
 
毎週末なんかちょっと面白いことをやってる人
 
 
にはなれるんじゃないか、と思ったわけです。
 
 
 
「これらの好きな事が相乗効果となって人生が面白くなる形って何だろうか」
 
と考えた時に、
 
 
”理想郷を作って友達らとワイワイやる”
 
 
というところに落ち着いたわけです。長い長い人生ホームレス生活、やっとしっくり来た瞬間。
 
 
 
私の人生の青春は60歳ぐらいから訪れる
 
 
 
そう考えれると、
 
今まで頑張ってこなかった人生も「まだこれから着実に積んでいけば遅くない」と思えるし、
 
「老後長すぎ、100歳までなんて生きたくない」という恐怖も「むしろ老後からが楽しみ」と思えてきます。
 
 
 
どれだけ救われて未来が楽しみになってきたか、
 
 
人は老いるから遊ばなくてなるのではない、遊ばなくなるから老いるのだ
 
 
諦めず、計画性を持って、頑張って実現して人生最後まで楽しみたいと思いますし、
 
60歳過ぎのオッサンたちが「今が一番楽しいぜー」ってワイワイ森の中で楽器演奏しながら酒飲んでる未来を迎えに行きたいと思います。
 
 
皆さま、
 
友達になってください!
僕と遊んでください!
 
 

f:id:sohji-low:20210113104720j:plain

 

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

f:id:sohji-low:20200815122131j:plain

中山そーじろ(中山企画)

 
 

凡人が夢を叶えるための中長期的な設計

どーも!中山そーじろです。
 
 
 
とりあえず今のままでは「夢」実現不可能

 
が、諦めずに模索続けます
 
 
 

f:id:sohji-low:20210106115251j:plain

 
 
前回「夢」について書きましたが、では実際どう計画してるのか。

 


 
 
①健康+体力
 
これが大前提での最重要課題。健康と体力が無ければ気力も野望も無くなります。

 
こればっかりは本当に日々の積み重ねですので、
 

ジムに通い、運動筋トレして、サウナ入って新陳代謝高めて、

栄養バランスの良い食生活と快適睡眠を続けられるようにします。
 
 
 
②土地
 
自然が良き場所のできるだけ広い土地を買いたいのですが、
 

今後少子高齢化+地方過疎化は急速に進んでいくのでタイミングさえモノにすれば平民の私にも全然チャンスあると思います。
 

親が買った長野の土地は300坪+建物ありで100万円だったとのことなのでちょっと頑張れば買えるはず。
 
 
良い場所が見つかるかがポイントなので、ある程度自由になったら色々と旅キャンプついでに地方を周ってベストな場所を見つけたいと思います。
 

理想は知り合いから「ウチのジーちゃんの山誰も継がないからいらない?」という声が掛かること、どうかお願いします。
 
 
 
③求心力
 
山に移り住んだところで誰も来てくれなかったら寂しくて死んじゃいます。
 

来てくれるかどうかは「友達の多さ+求心力」次第。
 

年に一回しか来れなくてもその数が多い程楽しいので今更ですが友達が欲しいです。
 


40歳ぐらいから月イチ居酒屋の屯(たむろ)を復活させて人脈を広げていければ…深く、且つできるだけ広く。
 
 

英語勉強もそのため、長野の山小屋経営でネット上で話題になり通のフランス人の予約で年中埋まってるという人を知ってます。
 

国籍関係なく広げられればその分楽しいと思うので。
 
 
求心力を上げるためには「中山と話すと面白い」と思ってもらえなきゃいけないので文化・歴史・政治・その他色々なトピックについて常に学んでいくと、
 

そしてそれをブログなどでアウトプットしていくことで自分の中に定着させるという作業を続けます。
 

なので今年は学びもブログももっと増やしていきたいなと思っております。
 
 
 
④お金
 
普通に今のリーマンを退職しての年金生活では絶対に実現できません。

 
できるだけ手間とお金が掛からない形にしますがそれでも維持費も生活費もありますし、お客さんとして遊びに来てくれる人たちから利益を出すつもりもないため、
 

 
「現状の収入UP」+「老後もお金を生み出せる何か武器」が必須。
 

 
それが現在抱える最大の課題です。
 
 

お金が全てでは無いですがお金で買える自由と選択肢は確実にあるので、お金問題を具体的にクリアしなければ夢は夢のままで終わります。
 
 

木工家具職人になりたいのですがコスパが悪すぎてメインの収入としては望めません、間伐材から作る薪の卸しも厳しい…
 

 
そのため何か歳とっても通用する「(最低限必要程度のお金を生める)武器」の開発が今後の課題、
 

 
40歳までに何か見つけて、それからの10年間で磨いていき、50歳で何か形にしたいと思っております。



手にした理想郷でワイワイバンドやるためにギターと歌の練習も続けてきます。
 


 
そして「英語教室」「子供食堂」「託児所」「アウトドア体験」などの社会貢献活動も自分なりのサイズでやれていけたら最高です。
 
 
 
流れに身を任せて生きていたらどんどん老いてきて、野望も薄れていくのは自然なことなので、

 
野望実現のために必要なことを具体的に、着実に、日々やることまで細分化してこなして中長期的に積んでいければと思います。
 
 
 
進んでるように思えなくても、牛歩でも、
 
諦めずに頑張るぞー
 
 


We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

 

f:id:sohji-low:20190816161040j:plain

 

中山そーじろ

 

年始なので「夢」を書きます

どーも!中山そーじろです。
 
 
2021年、本年もどうぞよろしくお願い致します。
 
 
 
年始なので「夢」を書きます。
 
 
 

f:id:sohji-low:20210106104745j:plain

 
 
長野かどこか、東京からそこまで離れてない自然の中、
 
 
できれば八ヶ岳周辺の、平野ではなく山を背にしていて森が深いところ、
 
 
標高は1400mぐらい、夏は程よく涼しく、冬は大変な程は雪降らないところ、
 
 
そこでできるだけ広い土地(できればひと山)買います。
 
 
 
 
敷地内には山からの雪解け水が流れている川があり、小さい湖(溜め池レベル)もあるところ、
 
 
その水辺の平地の必要最低限の広さを開いていきます。中山キャンプ場(仮)です。
 
 
テントは最大で10張程、できるだけ自然を残します。誰かの知り合いで一緒に来る感じの小さくてクローズドなキャンプ場。
 
 
 
そこに小さい小屋を作ります。森の中の居酒屋-屯(たむろ)-(仮)です。
 
あらゆる種類の酒が雑多に置かれていて、どれでも一杯500円のセルフサービス。
 
気が向いた日は自分が店主として立ちます。
 
 
 
奥に寝床もあり、キャンプじゃなくてもここで飲んで奥で寝るのも可能です。

 
 
 
水辺にはサウナテント(または手作りサウナ小屋)があり、サウナで汗掻いた人たちはそのまま川に飛び込んで冷やし、川辺で自然を見ながら外気浴で整えています。
 
 
 
キャンプ場ではそれぞれが好き勝手に、
 
煙草吸うのも楽器を弾いて歌うのも、夜遅くまで酒飲んでバカ話で盛り上がるのも全てOKです。
 
ルールは、
 
「立ち小便をしないこと」(水が汚れるので)
 
「来た時よりキレイにして帰ること」(管理したくないので)
 
それ以外は何してもOK。
 
 
 
ルールばかりで自由が無くなってきている日本キャンプ場の中で「最後の楽園」的なものにします。
 
 
 
敷地内には私の木工家具の作業小屋があります。
 
お客はそこに並んでるものを買って帰るのも良いし、オーダーメイド家具の打ち合わせ+注文して帰るのもOK。
 
私は別荘地向けの薪販売と木工家具作りで小銭を稼ぐ毎日です。
 
 
 
息子が友達などを連れてくるときは親父に見られたくないと思うので私は他の土地の友達を訪ねたり、山登りに行ったりして外します。
 
キレイにして帰ってなかったら激怒します。
 
 
 
年に一回ぐらい身内だけで音楽フェスをします、オジサンたちの発表会。
 
手作りの小さいステージを装飾して、最低限の機材だけで、
 
持ち込みもOK、屋台出すのも自由、音楽より酒がメインの空間。
 
子育てと仕事の合間を縫って細々と続けていたバンドで自分も前座で出ます。
 
他の趣味バンドのオジサンたちも結構このために一年練習頑張ったりして出ます。
 
 
 
終わったらDJで好きな曲かけまくって踊るか、プロジェクターで星空映画会します。
 
 
 
こんな感じの自分にとっての「理想郷」を作ることが夢です。
 
サウナの中でこんな変な想像してはニヤニヤしております。
 
 
 
実現のためには色々とクリアしなければいけない課題がありますので
 
次回は「実際どうしてく計画なの?」を書きます。
 
 
 
 
 
 

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

f:id:sohji-low:20200815122131j:plain

中山そーじろ(中山企画)

2020年を振り返って「酒は人生という手術を耐えさせてくれる麻酔薬だ」

どーも!中山そーじろです。
 
 
 
生き残っただけで100点満点!
 
 
 
今年のももう終わりなので振り返ってみます。
 
 
 
①生き残っただけで満点
 
ひと言で振り返るならBOSS THE MCと同意見の「Fuck'in 2020」でした。

 
コロナで大変だったわけですがそれ以上に”人間の嫌な部分がコロナによって炙り出された年”だったと感じてましてそっちで嫌になることばかりでした。
 

 
そんな中、
 
 
今のところ自分も家族もコロナかからず健康で、
 
 
勤め先も大丈夫で冬のボーナスがちょっと減ったぐらいで済み、
 
 
ローンも払えて給料も貰えていて温かい家で家族で年を越せる、
 

 
「もう生き残っただけで満点でしょ、今年は」
 
 

と思っています。
 
 
本当に環境や周りの皆さんに感謝の日々。
 
 
そして同時にその状況は今までの自分の選択と周囲のサポートの積み重ねの上で出来ているわけなので、

「いろんなリスクや不安を必要以上にごちゃごちゃ考えながら自分なりにもがいてきて良かったんだな」としみじみ。
 
 
貯金も安定した職も家族の大黒柱という自意識や責任感無しに「何とかなるっしょ」とやってたら今100%路頭に迷ってたと思うので。
 
 
 
②それでも色々あるぞ
 
「良かった、恵まれてる、感謝」と思えているのも
 
このままじゃいかん!健全な精神は健全な肉体に宿るんだからとにかく動かな!」と思ってジム通い始めたおかげで(3か月で7kg減)、

 
今年の6月頃に全てに絶望して嫌になって平日の朝4時過ぎぐらいに本気で首吊れる場所探して近所をさ迷っていたのを鮮明に覚えています。
 
 

世間でコロナで苦しんでいる人はどんどん増えてますし、
 
 
政治家やマスコミのクソみたいな対応は続いており、
 
 
悪化していく状況や苦しみの声に対して自分も含めどんどん麻痺していってます。
 
 
 
ジムに通い始めて体力が付き、不眠が多少改善され、その分仕事にも集中できたり抱えているストレスも減りました、
 
 
が、まだアルコール依存からは抜けれておりません(飲みすぎは減ったけど)。
 

 
「自分だけ良くたって世間に大変な人はいっぱいいて、それに対して自分はこの歳になっても全然何もできない」という苛立ちと失望が襲ってくるわけです。
 

「医療従事者の方々は今もずっと命掛けて最前線で戦ってくれているのにオレは…てかなんであのクソ政府は…それを選んだのはオレらか…」と。
 
 
 
”年をとったから遊ばなくなるのではない、遊ばなくなるから年をとるのだ”
 

というジョージ・バーナード・ショーさんの言葉が私の人生のモットーなんですが、
 
 
 
”酒は人生という手術を耐えさせてくれる麻酔薬だ”ジョージ・バーナード・ショー
 

という言葉も今年完全に体に浸透しました。
 
 
 
もっと誰かのために何かができる人間になっていきたいです。
 
 
 
③達成感や希望もありました
 
庭の芝生がキレイに生えそろった時は涙が出る程嬉しかったです。
 

そこで子供とプールで遊んだことも、来年春からは庭キャンプデビューですし。

 
久しぶりに「頑張って良かったな…」と心から思える出来事が今年あって良かった。
 
 
 
作品で個人的に救われたのはZORN、BISH、ガチンコザホルモン、ハライチのターン、あちこちオードリー、ロッキー・ランボーシリーズでした。
 

 
あと鬼滅の刃(映画)”
 
あの内容の映画が、今年の壊滅状態の時に、歴代一位(になる)ヒットを出し、世界に波及し、
 

しかも映画館内でクラスターを出していないという事実。

 
本当に辛い中希望を観た人がいっぱいいたと思います。
 
 
 
個人的には明後日からの”えんとつ町のプぺル(映画)”が一番の楽しみで、既に感動で泣いてるんですが、
 
それ最後に観て「大変な一年だったからこそこんな希望が見れて良かったな」と終わろうと思います。
 
 

f:id:sohji-low:20201223133058p:plain

ゴミ人間
 
 

④やっぱり”行動”しかない
 
ジムに通い始めたのも、芝生を土掘りから続けたのも、全て行動でした。
 

世の中調べれば良い言葉なんていくらでもあるし、自分を変えたくてそういったものを端から見てくるようにしてきました。

 
とても勉強になるし、そういったインプット習慣は自分の中の当たり前を勝手にアップデートしてってくれます。
 
 
が、
 
 
やっぱり自分を変えることができるものは”行動”しかないです。
 
 
本当に行動、行動が全て。
 
自信持つのも、楽しむのも、影響力持つのも全て行動次第。
 
 
 

来年長男は6歳で小学生、次男は2歳、
 
 
物理的な自由度UPと共に行動量も増えていくので、これからが本当に楽しみです。
 
 
 
英語、サウナー、弾き語り、
 
夢や楽しい人生に繋がること、もうわかっておりますのでそれを日々の中に行動としてどう落とし込んでいくかは休み中にゆっくり考えます。
 
 
 
経験からですが、最後に振り返って「全然ダメだった…」と反省するより小さなことでもできたこと見つけて自分褒めてあげた方が来年に繋がりやすいです。そしてそれを見つけて認めるのは「技術」です、習得に何年もかかりました。
 
 
 
では皆さま、今年も読んで頂いてありがとうございました。
 
メリークリスマス&ハッピーニューイヤー
 
 
 
 
 
 
 
 

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

 

f:id:sohji-low:20190816161040j:plain

 

中山そーじろ

ジムに通い始めて一か月

どーも!中山そーじろです。
 
 
 
ジム最高
 
 
 
ネガティブパワーに覆われ尽くした2020年、大変かき乱されまして
 
アルコール中毒カフェイン中毒不眠症などに深刻に悩まされることに。
 
心も体も荒みまくり、イライラしては「死にたい…」と嘆き、暴飲暴食の激太り。
 
 
 
”健全な精神は健全な肉体に宿る”
 

そんなわけで地獄の日々から脱出するためにジム通いを始めて一か月が経ちました。
 

 
 
体重: 79.6kg → 74.8kg
 
 
 

未だに毎晩酒は飲んでしまいますが飲み過ぎとかは無くなりました。
 
夜も眠れている、よってカフェインも朝のコーヒー一杯だけ。
 
 
 
まだまだ体力が追い付いてないので毎日筋肉痛と疲労はありますが良い感じ。

やはりグダグダいじけてないで走って汗いっぱい掻くことが正解でした。



誰も助けてくれないんだから自分でなんとかするしかない。
 

 
 
1)サウナーになる
 
夢ができました、サウナーになります。
 
元々好きなんですが「サウナやり過ぎると精子が減って子供できなくなる」という話を聞いて避けてました、しかしもう私に精子は必要御座いませんので。
 
 
 
人生最後まで楽しめるかどうかは「健康と若さ」次第です。

 
そして健康も若さも「新陳代謝」次第

 
要するに「人生はサウナ」次第、以上。
 
 
 

f:id:sohji-low:20201113174329j:plain

 

 
サウナーの方々が言う「整う」という感覚、まだ味わえてない気がします。
 
しかし水風呂には慣れてきたのでサウナー上級目指して続けるのみ。
 
誰か上級者の方がいたら連れてってもらって極意を教えて欲しいです。
 
 
 

f:id:sohji-low:20201113174348j:plain

 

 
とりあえずサウナテントを買って清流の横でサウナCAMP始めます、
 

f:id:sohji-low:20201113174408j:plain

 

松原湖のSAUNA FESにも参戦したい(山小屋の近所だし)、
 

f:id:sohji-low:20201113174426j:plain


 
将来は山小屋の庭に自宅サウナを手作りします。
 


死ぬまで健康に遊び倒す!
 
 

 
2)山へ帰る
 
筋トレは体幹中心、膝周りもスクワットで強化しております。
 
デブ脱出での程良いマッチョが取り急ぎの目的ですが、その先の野望を

 
 
「エベレストを肉眼で見るため」
 
 

に正式に定めました。
 
 

f:id:sohji-low:20201113174240j:plain

 

海外は30か国ぐらい行ってますがもう色々は行けない、
 
日本の山標高トップ10は全て登りましたが「では世界の山」って言ってもなかなかチャンスない、
 
 
 
でもですね、
 
「死ぬまでに絶対にエベレストを肉眼で見る」
 
これは絶対に達成したいんです。隙あらば登頂目指します(誰かお金余ってる人出資してください)。
 
 
 
そのためにはとにかく健康、体力、筋力…積み重ねるしかない。
 
子供がある程度育ったらまた八ヶ岳日本アルプスに戻ります。


 
エベレストは行けるとしたら55-65歳ぐらいだと思うのでそれまで高め続けます。
 
そこで行けたら私の人生のピークはそこに持ってけるでしょう。
 
 

 
とゆー感じで毎日走って鍛えて汗かいてサウナ入っていたら負のスパイラルから脱出できそうな気がして、
 

見失いかけていたやりたいことや夢なども思い出してきました。
 
 

 
「最初張り切り過ぎて続かない」のパターンになる可能性は大なのでとりあえずがこのままのペースを続けて

 
”ある程度の体力と筋力を身に着けて今年を終える”

 
を目標に頑張ります。
 
 
 
ファイト!!
 
 

sohji-low.hatenablog.com

 

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

 

f:id:sohji-low:20190816161040j:plain

 

中山そーじろ

本当に残念な大阪都構想廃案

どーも!中山そーじろです。
 
 
 
変化への拒絶=緩やかな衰退
 
 
 
果たして私たちや子供の世代は生き残っていけるのだろうか…
 
 
 
本当に残念な大阪都構想の廃案 
 
ここまで条件揃っててもまだ反対なのかととても驚きました。
 
それぐらい今の日本は余裕ないんだなと。
 
 
 
1)変わりたくないのも投票行くのもやっぱり高齢者
 
「府と市の無駄な二重行政無くして意思決定スムーズに早くできるようにして未来を見据えた計画性のある大阪にしていこうぜ!」
 
という案。もちろん課題や問題はありそうでしたが未来を見据えたものであったことは事実だと思います。
 
 

f:id:sohji-low:20201105170340j:plain

 
 
僅差でしたが変化を拒否したのはやっぱり高齢者でして、50代までが賛成してんのに70代~の圧倒的な反対票で負けるという…これって本当に民意を反映してると言えるのでしょうか
 
 
あんたらは変わらなければこのまま死ぬまで年金満額でいいけどな、オレらはこのままじゃ死ぬんだよ
 
と、どんだけ自分らのことしか考えられないんだよクソジジイ共、と思います(もちろん全員じゃないです、立派なジジイもいっぱいます)。
 
 
 
投票って未来を決めるものですから長期的な話にはもう参加させない方が良い、投票権は75歳までで本当にいいと思います。
 
大阪本当に可哀そう。
 
 
 
2)中長期視点で考える余裕のなさ
 
今本当にみんな大変で、自分の目先の損得しか考えられないほど余裕がなくなってるんだなと感じます。
 
将来のために無理してでも学校行って勉強するべきだけど今日明日のご飯のために働かなきゃいけない貧困国の子供の永遠に抜けられない負のループみたいな感じになってきている。
 
 
今回大阪は「国際的にも競争力のある都市を目指す」に反対し、「このままでえーねん」を選んだわけで、
 
松井さんと吉村さんだからこそ良くなってきた府と市の連携らしいですが、松井さんは政界を去り、吉村さんは国政にはでないと言ってても大阪に残るとも言ってません。
 
 
 
二人が去ったらまた昔の大阪に逆戻り、
 
「今のままで問題ない」の状態が問題ありになっていき、
 
東京一極集中はこの先ずっと続き、
 
刺激、成長、可能性を求める元気な若者たちはみんな東京に出てってしまう。
 
今の30-40代の親は年金もサービスも先細る中、子供と離れて生きてかなきゃいけなくなる。
 
 
 
子供が小さい親世代がクソ忙しい中「このままじゃいかんから!」と頑張って調べて考えて投票行ってんのに何が「今のままでえーねん」じゃ。
 
 
 
3)子供の分の一票を親に
 
橋下さんが言ってましたが「それいいじゃん」と思います。
 
自分の子供ができると自然と未来への責任や当事者意識芽生えてきます。
 
オレはもうどうなってもいいけど、こいつ大人になる時大丈夫かな」と。
 
 
個々のそれぞれの生き方は尊重しますが今の制度だと町や国の存続は世代のタスキリレーですので、
 
上の世代は常に下の世代のことを考えて動くべきです
 
 
 
(もちろん全員がじゃなくて、比率的に、の話で)
 
どんどん生活が苦しくなって、個々の余裕が無くなってきたら、
 
極限でも多くの親は自分のメシ減らして子供に与えますが、個人は自分のメシを他人に奪われないように守ります。
 
 
 
親の「自分の子供だけでも助かればよい」という行き過ぎた偏愛も嫌いですが、
 
子供のいない世帯が増えて余裕がなくなってくると視点が自然と短期的になり、
 
子育て支援にお金を使い過ぎだ」「見ず知らずの子供よりも俺をまず救え」「未来よりもまず今だろ」という意見が増えてくる。
 
結果少子化が進んで経済が衰退し、みんなで困る。
 
 
 
親に子供の未来の一票分、渡すべきだと思います。未来は子供たちのものですから。
 
 
 
4)取り戻せない人材たち
 
2015年に負けて橋下さんが去り、今回で松井さんが去り、
 
今年どの政治家よりも目立ってた吉村さんまでもが大阪を去ったら…
 
 
 
このままだと日本の地方は衰退していくのは決まっているわけで、
 
時代遅れの既得権益ぶっ壊して変えるんだ!自分らでやるんだ!」ってゆー熱量とパワーと能力ある今回みたいな人たちって地方からもうなかなか出てこないんじゃ?
 
 

f:id:sohji-low:20201105170838j:plain

 
 
そして他の地方も「大阪であれだけ勢いあった維新でもダメだったんだからもう無理ゲーでしょ…」と諦める人続出でしょう。
 
逆に可決して大阪が本当に盛り上がって良い例になったら、それは全国自治体の希望になり日本ももっと元気になるきっかけになったでしょうに。
 
 
「可決したら二重行政解消で浮いた金、全部市民にバラまいちゃいます!」ぐらいえげつないことやってでも勝って欲しかったです。
 
 
 
 
5)どうした公明党!?
 
5年前の投票と違ったところは「維新がすごい力付けた+公明党が仲間になった」でした。なのに負けた。
 
大阪市って創価学会員(公明党の最大支持母体)少ないの?と。
 
 
公明党支持者の結束力は半端なく、選挙に強く、自民党はそのおかげで何度も危機を乗り越えてやれてると言われてます。
 
なので公明党がいきなり「30万円やなく一律10万円にしろ!」という言えば閣議決定してても変えられますし、消費税10%が決まってても「軽減税率8%!もちろん新聞もいれろ!」と言えば通るわけです。選挙に強いから。
 
 
 
今回のシナリオも、
 
公明党が手伝ってあげて維新が大勝利!
 
その勢いで自民党と合流して「自民公明維新の連立内閣爆誕!」
 
安定の自民、ヤングに人気な維新、そしてどちらも頭が上がらない公明!
 
公明党は引き続き与党で自分らの通したい意見は通す、という立場を狙ってたはず。
 
 
 
なのに!なのに!
 
なんで負けるん!皆さんに10万円配ったあの公明党ですよ!?
 
…面子丸潰れです。
 
 
 
まぁこれで中央で自民は公明党の顔色ばかり窺わずにいけるようになるんで自民は良かったかもですが…
 
 
 
 
とにかく!
 
 
本当に残念!
 
 
 
都構想で怪しいところいっぱいありそうだったし松井さんはやっぱりどこから見ても悪人ですが、
 
まず構造の枠組みをすっきりさせて、それから中のダメなところ是正したり調整したりしてった方が良かったと思います。
 
 
万博とかIRとかどうすんだろ…
 
 

sohji-low.hatenablog.com

 

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

 

f:id:sohji-low:20190816161040j:plain

 

中山そーじろ

映画感想文「TENET」よくわからないけど凄い映画

どーも!中山そーじろです。
 
 
右から読んでも、左から読んでもTENET!
 

 

f:id:sohji-low:20201029161929j:plain

※観てない人はこの文章読んでも意味プーです。
 
 
 
とにかくどえらい作品

 
設定も表現も全てが異次元の複雑さと衝撃。さすがクリストファー・ノーラン監督、ぶっ飛んでる監督に予算与えてできた映画ほど夢があるものはありません。
 
 
コロナでディズニーなどが配信に切り替える中、「映画館で上映しなきゃ意味ねーんだ!」と監督が譲らなかったそうで結果ちゃんと大ヒット、映画館の希望となりました。大感謝。

 
まぁ、IMAXカメラ改造したり本物のジャンボジェット炎上させたりして撮った映画、パソコンやスマホなんかで観られちゃたまったもんじゃないでしょう。


どえらい絵を取りたいのにCG大嫌い、リアルに拘り続ける監督、最高です。
 

 
 
1)映画とは100%作り手側のもの
 

「映画って、監督の想像と創造の自由世界を一方的に提示される媒体なんだな」
 

と再認識しました。
 
 

現実世界では2時間ですが、映画内では一瞬のことを引き延ばしたり、何十年もの物語をギュッとまとめたり、監督の自由のまま。

 
いくらでもシンプルにも複雑にできるし何にも限界がない。その映画が持つ本質的な特性と自由性をこの上なくぶち込んでます。
 
 
受け手側はひたすら相手のペースに必死についていこうとするのみ。

 
 
「映画って思ってたよか特殊な媒体だな」
 
 

と強く思わされる稀有な映画です(「1917」とかもそう)。
 
 
だから映画は良いし、映画館という環境で観るのが一番。

このオフラインでの特別な体験の価値はいくら配信が盛り上がっても無くなることはないと思うので本当に映画館には生き残って欲しい。
 
 
 
2)とにかく複雑なルールと前提
 
私たちは現在から未来へ進む時間軸の中で生きてます(それを”順行”と呼ぶ)。

この映画では特殊装置によってその逆の未来から過去へ進む時間軸が存在します(それを”逆行”と呼ぶ)。
 

この順行と逆行が複雑に絡みながらストーリーや作戦が進むんですがこれが非常にわかりずらい。


「面白かったけど全然わからんかった」で一回目の鑑賞は終了します。
 
 
最低限理解しておくべきこととして…
 
 

●逆行装置とは?
好きな時間や場所に行けるタイムマシンではなく、その場で同じ時間をかけた分しか過去に戻れない。10年前に行きたかったら10年かかる。装置にはいった人間やモノだけが時間を逆行できるようになる。
 

 
なんで同じ空間に同じ人物が存在するの?
時間のラインは過去から未来まで一直線上。時間を逆行して順行側の人物と接触したり未来を変えるような行動をしたとしてもその世界はパラレルワールドに分かれるわけではなくパラドックスとなる。そのため同じ日時・空間に同じ人物が同時にいることがあり得る。
 

 
●未来人の計画とは?
→世界の全ての時間を逆行させること(アルゴリズムを9つ集めると起動する仕組み)。世界の時間が順行から逆行に逆転するので現在順行で生きてる人類は息できなくなり滅亡する。気候変動で地球が滅亡しちゃうので未来人は折り返して過去に向かって生きるしかないのです。
 
 

●未来人はどうやってアルゴリズムを集める?
→逆行装置では遡る時間分だけ歳取っちゃうので未来人が現在には来るのは不可能。そのため装置の中に指示を書いた契約書と報酬である金塊だけを入れて過去に送ったのをセイターがたまたま見つけ未来人の代役として集めて保管することになったということです。(その保管場所が最後バトルしたスタルスク12)
 
 

●なんでセイターが死ぬとアルゴリズムが起動するの?
→セイターの体内に起動装置とかが埋まってるわけじゃなく、死ぬとアルゴリズムの保管場所の記録がメールか何かで特定のアドレスに送られる。その履歴を未来人が確認することで保管場所がわかり起動されることができる仕組み(らしい)。どちらにしろアルゴリズムが起動するのは未来での話。
 

 
結局誰と誰の戦いなの?
アルゴリズムを集めたい未来人(セイター) VS それに気づいて阻止したいTENETという近未来人(主人公)
 
主人公は現代では何もわからず参加しますが戦闘を通して色々知り、「これTENET結成しないとダメじゃね?」と思い近未来でTENETと結成し、ニールを送り込んだということ。
 
 
 
 
……
 
 

エントロピーとは反粒子とか科学的なこと(それもわからんが)の前にここらの大前提が理解・整理された状態で観ないと意味プーでフィニッシュします。
 
 
 
3)とにかく斬新な映像で得れる驚きと満足感
 
驚きなのが上記の設定やルールがわからなくても映像と展開だけで満足できちゃう点。

 
この映画の本質は複雑な設定の謎解きではなく、
 
 
究極の映像から得る感情の揺れの方
 
 
だと思います。
 
 
 
ノーラン監督は今回、
 
「逆回しの映像を色々と組み合わせたらスゲー驚きの映像になるんじゃね?」
 
という「このビジュアルをとにかく見せたい」という想いありきだと。
 
 
なので複雑な設定やストーリーはその絵を見せるための後付けに過ぎない。むしろ難関にすればするほどカッコ良く、不可思議に見えるのでそのためにできるだけ複雑にしている。
 
 
”意味はそんなにないけどとにかくカッコいい映像を作りたい”、というミュージッククリップのような動機と感覚と大規模な予算で作られた作品だと思います。
 
 
そう考えると、
明らかに存在する矛盾やご都合主義的表現や、説明できていない(するつもりのない)設定、不必要なのに使われる”映える”シーンたち、解けない謎ばかり置いといて結局「考えるな、感じろ」と言っちゃう感じなどの疑問が許せてきます。
 
 
(「007じゃねーか!」「地獄の黙示録じゃねーか!」「ノーラン監督って結構王道好きなの?」と突っ込み所多し)
 
 
 
「考察するのは自由だけどそこ本質じゃないから!あと突き詰めると矛盾出てくるから!とにかくあまり考えずにまず感じて!」です。
 
 

 
3)「親殺しのパラドックス」を許容できるかどうか
 
まだまだ謎ばかりですが2回目の鑑賞で辞めました、何故か…

 
「何回観ようが”親殺しのパラドックス”を私は許容できない」
 

と思ったからです。
 
 
 
”親殺しのパラドックスとは、
 
未来から過去に来た息子が自分の母親を父親と出会う前に殺そうと試みる、
 
しかし殺しに成功したとしたら息子はこの世に存在しないはずなのでそもそも殺せない、
 
殺せないので妨害なく母親は父親に出会い結局息子が生まれる、
 
という永遠に繰り返される矛盾のループのこと。
 
 
 
これが未来から来た息子が母親を殺した瞬間に自分も消えたりパラレルワールドに分かれるならまだわかるんですが…
 
私の頭が悪いのでこれがどこまで考えても納得・理解できない。
 
 
 
TENETでは未来から逆行してきた人物が実際に過去の自分に接触します、しかしそこで未来が変わることはありません。時間軸は常に一直線上なので。
 
 
ということは…
 
映画の最初から主人公たちが存在してる時点で
 
 
未来人がアルゴリズムを起動することはない
 
 
と最初からわかっている映画なのです。
 
 
 
いくら逆行して過去に働きかけても未来は何も変わらない、全て最初から決まっているルートを主人公たちはただ辿ってるだけってこと
 
とわかった瞬間に冷めた、というわけです。
 
 

 
4)ニールが可哀そう過ぎて
 
ニールは近未来に主人公にTENETの一員として雇われ現在まで逆行してきます。自分が逆行した後に色々やって死ぬ、ということがわかった上で。だからこそ悲しい。それはわかる。
 

加えて、
 
「ニールはキャットの息子のマックスが成長した姿」
 
という説が本当だとすると(そうだと思います)、「自分の最愛の母親を守ってくれた恩人である主人公を命を懸けても守りたい」という気持ちが彼の行動や言動とちゃんとリンクしてまた切なくなります。
 
 
 
ここまでは良い、
 
しかし、忘れてはいけないことがもうひとつ…
 
 
 
マックス(10歳ぐらい?)がニール(30歳ぐらい?)だとすると、主人公がTENETを結成してニールを雇った近未来ってのは約10年後になりますよね?逆行装置はライムトラベルできないので。
 
(現在10歳→雇われた近未来20歳→10年逆行して戻ってきた後30歳)
 
 
 
10年間、あの装置の中にいたのか、酸素ボンベ付けてずっと後ろ歩きして過ごしてたのかわかりませんが…
 
 
 
ニールの人生って悲しすぎるじゃねーか!
 
 
 
以上、右から読んでも左から読んでもTENETでした。
 

sohji-low.hatenablog.com

 

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

 

f:id:sohji-low:20190816161040j:plain

 

中山そーじろ

 

 

映画感想文「鬼滅の刃 無限列車偏」間違いなく今年一番刺さる大傑作

どーも!中山そーじろです。
 
 
 
にわかなのにボロ泣きしました。
 
 
 

f:id:sohji-low:20201028152246j:plain

何と言っても煉獄さんでした
 
 
 
完全に乗り遅れ組で長男に映画連れてかれたのですが(アニメは見た)、
 
 
 
映画、ヤバイ
 
息子よありがとう
 
 
 
こういった作品がコロナでボロボロになった中で大ヒットしているってのは今年一番の希望だと思います、本当に。
 
 
 

f:id:sohji-low:20201028152327j:plain

通り過ぎる人たちに「かわいい~」と言われ終始得意げだった長男
 
 
 
1)ただ守りたいのは家族 -炭治郎-
 
主人公の炭治郎は最強の戦士になりたいわけではなく「ただ鬼になった妹を人間に戻したい」です。ここが私にとってヒーローものや海賊王などの野心家主人公と違う一番の共感ポイント。
 
 
強くなければ優しくなれないし、家族でさえ守れない
 
だから強くならねば
 
 
これは家族を持つ父親として本当に共感するところで、守りたいものがあるからこそ頑張って今日も生きねばと思うわけです。

 
ただ家族を守る…鬼が襲ってくるわけでもない現代でも結構大変なのです。

 
貧困率15.7%、離婚率38.3%でひとり親家庭貧困率は50.8%、10年続く企業はたった6%、

そんな国で家族の健康、幸せ、将来を作り、支えていくってのは”当たり前”ではないです。
 
 
 
炭治郎は麓で寝てる間に家族を惨殺され、妹を鬼にされました。後悔しない日はないでしょう。
 
それを悪夢でまざまざと見せつけられても乗り越えてくその純粋な想いと強さには本当に感動し、奮い立たせられました。
 
「父ちゃんもっと頑張って強くならんと!」と。
 
 
 
2)どんな時代でも忘れてはいけない価値観 -煉獄さん-
 
ネットが発達し、働き方や物事への考え・価値観が大きく変わってきている昨今、特にコロナで炙り出されたのが、
 

「自分だけ良ければ良い」

 
という個人主義的な価値観の旺盛。


 
価値を数字や生産性で計るようになり、誹謗中傷や自己責任の言葉がやたら飛び交うようになりました。
 
 
海外や多様性の考えを取り入れ、価値観をアップデートしていくのはとても良いことだと思いますが、日本の場合は代わりに「人としての尊厳」をどんどん失ってしまってきていると感じます。
 
 
人としての尊厳」ってのは時代がいくら変わっても人である以上見失ってはいけないもの。

 
「隣人を愛す」じゃないですが「これを言ったら相手はどう思うだろう」「自分はどうなりたいのだろう」というものだと思います。想像力の欠如が全体的に著しいと。
 
 
尊厳ってのは大切にしたところでお金にもならないし褒められ優遇されるものでもない、だからこそ見失いやすいもの。

でも煉獄さんはその”守って貫くべき価値観”をこの上なく見せてくれたと思います。
 

 
義理・人情・尊厳・思いやり・信念・情熱・意地・根性…
 

 
「古いよオッサン」と言われそうですが、こーゆーの絶対に永遠に大切だと思うんです。しかも日本ならではの世界に誇るべき精神だと。

心震える感動もドラマもいつだってここらからです。


 
そんな価値観が急激に失われている気がする日本で、年代関係なく多くの人が映画館行ってこの大切さに触れて感動しているって、本当に素晴らしいことだと思います。
 
 

f:id:sohji-low:20201028152516j:plain

「炭治郎の恰好したい!」とゆーので「お面で勘弁して!」で妥協してもらいました
 
 
 
3)ノブリスオブリージュ精神の大切さ -煉獄さん-
 
直訳すると「高貴さは(義務を)強制する」という価値観ですが「強き者は弱き者を守る義務がある」ってことで、煉獄さんのお母さんの教えと一緒です。

 
恵まれた人は恵まれない人を助け、助けられた人たちはその感謝の気持ちを忘れずに生きていく

そうみんなが思えれば世界はもっと良いものになるはず。
 
 
日本は全体のたった4.39%しかいない年収1000万円以上の人たちに税収の全体の49.1%を支えてもらってます。
 
 

f:id:sohji-low:20201028153024j:plain

 

なのに平民~貧民は有名人が寄付とかしたら「偽善だ、売名だ」と妬み、すぐに「オレらの血税だ不公平だ」と偉そうに不満を言う。
 

(自分も含め)そんなヤツらを救おうなんて誰も思わなくなる、自分らで自分らの首を絞めてる。非常に良くない昨今。
 
 
 
私自身が優秀だったり金持ちなわけではないですが、はっきりしていることは
 
 
とても恵まれている
 
 
ということ。五体満足で大学まで行かせてもらって色々与えてもらって健康に幸せに生きれています。頑張ればチャンスだってないことはない。
 
 
 
世界がもし100人の村だったら」を読んで難民支援の国連UNHCR協会への毎月の寄付を始めたり、
 
東日本大震災のボランティアで自分の無力さを痛感してもっと成長しなきゃと思って転職したり、
 

 
「与えられて助けられながら生きてるんだから、自分でもできることはできる限りやろう!」
 
 

と強く思っていた自分が大変な日々の中で段々と薄まってきていることに煉獄家の強い信念に触れて気づいたわけです。
 
 
 
私も子供にそう教えられるように、

まずは自分がそうあろうとしなければ!
 
 
 
最後お母さんに認められて少年のように嬉しそうにほほ笑む煉獄さんの表情で何も感じない人はいないはず。
 
 
この映画で多くの人がその価値観に触れ、自分を見つめ直したら…

 
「映画が一番幸せな世界を作る可能性ある媒体なんじゃねーの!?」とすら思います。
 
 
 

f:id:sohji-low:20201028152755j:plain

はい!頑張ります!
 
 
 
4)強さのインフレが起こってないミラクル演出
 
アニメ技術のことは良くわかりませんが、今回の作画・音楽・演出・声優さん演技、ハンパなかったと思います。
 

「バトル→成長」を繰り返すものは必ず強さのインフレ問題が起こりますがこの映画内だけではそれが起きてない。

下弦の鬼とのバトルも凄くて楽しんだのに、上弦とのバトルの方が圧倒的で差が明確で、

 
さすが上弦の鬼や、そして煉獄さんの強さもハンパねー

 
と素直に驚きとハラハラでライド感100%になる衝撃的な演出でした。(てかここまでやっちゃって他の柱たちとか、無惨とかの強さどう表現するのかしら…)
 
「まさかアニメでここまでテンションあがるとは…」と思った人多いんじゃないでしょうか。
 
 
 
あとコアファンが多い人気作の映画化に付き物の「初めて見る人対策」、
 
最初にあらすじ的な説明入れたりしてないのに、数分のやり取りだけで「主人公はとにかく良いヤツ、金髪の子はお調子もののビビり、イノシシは不器用だけど真っ直ぐ、煉獄さんってのはオーラが段違い」みたいな基本設定がスッと想像+理解できるようになってる。

 
漫画からのファンをヤキモキ待たせず、新規ファンも置いてかない絶妙なバランスと技術の演出に感服しました。すごい。
 
 
 
個人的に一番好きなキャラは善逸でして、今回の霹靂一閃のカッコ良さったら無く、痺れました。あと伊之助の「どんなに惨めでも恥ずかしくても生きてかなきゃいけねーんだ!修行するぞこらー!」の叫びも最高でした。
 
 
 
「いや、それはフィクションだから」ってすぐ言っちゃうけど、深層心理ではみんなそんな純粋でひたむきでカッコ良い人に憧れてるしなりたいって思ってるわけです。
 
 
 
映画終わって振り返ったら若者も大人も泣いていて、子供たちは楽しかったとピョンピョン跳ねてる。シアター出たら5か所ぐらいから多くの人が同じ興奮と感動を抱えて出てきて、フロアにその熱気が充満してる。

 
そんな映画館の光景、イベント以外で初めて見ました。
 

今年はずっとガラガラな映画館でしたので、その光景に私でさえ感動、映画関係者の方たちは尚更でしょう。
 
 
 
ブームに距離取っちゃう気持ちもわかりますが、
 
これは今こそ、絶対映画館で観た方が良いと思います。
 
 
 

sohji-low.hatenablog.com

 

 

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

 

f:id:sohji-low:20190816161040j:plain

 

中山そーじろ

コロナ太り、ジム通いで地獄のような日々からサヨナラ致します

どーも!中山そーじろです。
 
 
 
ジム通い始めたから!(今度こそ)人生変えっから!
 
 
 

f:id:sohji-low:20201022105853j:plain

 
コロナの襲撃にあった2020年もあと2か月ちょい、
 
…激太りしました。
 
 
 
30歳の時に65kgだった体重が、遂に79kgに。
 
もう隠せない、もう本当に隠せない醜態な中年の腹に。
 
 

f:id:sohji-low:20201022105927j:plain

痩せてる…(2015)
 

f:id:sohji-low:20201022105952j:plain

パンパン…(2020)

 
 
今年は本当に心が病んでいました。
 
元々HSP(Highly Sensitive Person=超敏感な人)という気質なので、
 
日々恐怖を煽る報道、ダメな政府の対応、休業や倒産の声、ネット上の誹謗中傷、将来への不安などから生まれる負の感情がずーーーーっと、心の中に流れ込み続けております。
 
ずっとイライラ、ずっと不安、ずっと悲しい、八つ当たり、そんな状態がずっと。
 
 

f:id:sohji-low:20201022110030j:plain

 
 
するとどうなったか、
 
とにかく一日も欠かさず毎晩かなりの量飲んじゃう、飲んでてすぐ記憶無くす、いじける、暴言掃く、最悪です。
 

毎日二日酔いなので寝ないために午前も午後もずっとコーヒーを飲んでる。もちろん仕事に身は入らないし成果もでない。
 

不眠症
カフェインが体内に残ってる状態で夜にまた酒を飲む、酔っていて眠いのに眠れない、寝ても1-2時間で起きてしまう。

 
【暴飲暴食】
二日酔いなので常に体が塩分を欲している状態、味が濃いものばかり、ラーメンの回数も増え、腹は膨れているのに満足できないのでまだ食う→気持ち悪くなるの繰り返し。
 
 
 
この完全なる負のループが過去最大の規模で襲ってきました。
 
もう体もボロボロでとても重い、手も震えるし、肌もはっきりと劣化しました。
 
最悪です。
 
こんな生活してればそりゃ太る。身も心も腐っていき、歯止めが利きません。
 
 
 
いかん、このままじゃ本当に
 
 
 
不眠で迎える朝、怒りと悲しみとしんどさで「死にたい…」と絶望的な気持ちになる毎日。
 
希望を歌う人らも、「日々成長!」とか言ってる人らも、充実してそうな人らもみんな憎く思う程。

 
芸能人が自殺しても自然と出てくる感情は「いいなぁ、楽になれて…」でした。
 
コロナでみんな本当に大変な中、自分なんか恵まれる方なのに…(ラジオ「ハライチのターン」が無かったら死んでました)
 
 
 
これから寒い冬が来て全てが億劫でネガティブになっていく中で、このまま冬突入したらマジでヤバイ。
 
ということで人生2度目のジムに通うことにしました
 
 
 
もうこんな自問自答をずっと繰り返してきたので原因と対策はわかっております。
 

健全な精神は健全な肉体に宿る
 

もうこれに尽きる。
 
 
 
色々悩んでばかりのヤツの原因はわかってます、
 
「暇だから」
 
 
 
やらなきゃってわかってても気力がわかずできないヤツの原因は、
 
「体力ないから」
 
 
 
です。
 
それっぽい言い訳してネガティブ発言多い心が腐ったヤツは大体暇で体力ないです、そして腹出てます。
 
 
 
人間は元来ネガティブなことに魅かれ、引っ張られる生き物です。
 
それを法などのルールやモラルや常識で縛って規制している。
 
その上で尊厳や理想像を作り出してそれを目指すことが正しい、というような世の中を作っている。
 
 
 
行動力やポジティブな発想や発言は体力が無ければ生まれません。
 
体力が無ければ余裕や活力は生まれません、余裕がなければ人に優しくできません。


体力が全て。肉体が精神を決めます。
 
私みたいな弱い人間はみんなそうだと思います。
 
 
 
とりあえず動くしかない!動いて体力付けるしかない!
 
それが仕事のパフォーマンスも、家庭の幸せも、休日の充実度も、日々の不安も、全て解決します。
 
お金に余裕はないですが、どう考えてもジムの出費ぐらいでこれらの問題が解決されてくならば安すぎる投資だと。
 
 
 
とにかくやるって決めたので!
 
人生変えっから!だー!!
 
 
 

sohji-low.hatenablog.com

 

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

 

f:id:sohji-low:20190816161040j:plain

 

中山そーじろ

 

中山、家を建てる「人生初の芝刈り」

どーも!中山そーじろです。
 
 
 
手をかけて、家が段々自分の理想に近づいていく、素晴らしい
 
 
 

f:id:sohji-low:20201019173057j:plain

 
2年半程かかってめちゃくちゃ大変だった庭の芝生、梅雨ど真ん中に植えましたがキノコもちょっとしか生えず、真夏の猛暑も耐え抜いてなんとか無事に育ちました。
 
家が建ってからずっとドロドロの土の風景だった庭が、今では青々とキレイな芝生になっている。
 
土づくりから本当にキツかったので何度もリビングのカーテンを開け、芝生の庭を見ては「よくここまで、じーん」とひとりで感動しています。
 
 

f:id:sohji-low:20201019173133j:plain

 
今年の夏も酷暑でしたが、
 
芝生の庭で子供とプール遊び、裸足で笑顔で走り回る子供の姿をプールでチャプチャプしながら見ていて、
 
「これ、すげー幸せじゃ?」
 
と戸惑う程。頑張って良かった。
 
 

f:id:sohji-low:20201019173152j:plain

 
 
「家って買うべき?借りるべき?」という質問を良くされ、「それはその人の人生設計と好み次第よ」とか何の役にも立たない回答しているわけなんですが、
 
「どうせ家買うなら都内の狭い家じゃなく、ちょっと地方でもある程度の広さの庭付きじゃなきゃ魅力半減だと思います!」
 
という想いが日に日に強くなっております。
 
 
 

f:id:sohji-low:20201019173217j:plain

 
 
今年は芝生をちゃんと育てるために基本は「立ち入り禁止」、来年春ぐらいからは解放して、
 
庭でBBQ、ミニ焚火、キャンプと、
 
遂に「中山キャンプ場」のオープンです!
 
最高に便利で、とても贅沢な時間を過ごせる予定(ウチの前は人通りも少ないので)。
 
夜中に裸足で芝生をサクサク踏みながら「絶対この上でテントで寝たら気持ち良いわ」とよだれを垂らしております。楽しみ。
 
 
 
しかし芝刈り、ずっとサボっておりました。
 
芝刈り機は早めに買っていたもののなんか箱開けるの面倒臭くてボウボウに。
 
ネットでは「芝刈りは2週間に1度が目途」と書いてあって「3か月何もやってませんけど!?」と焦って重い腰を上げました。
 
植えている芝生は高麗芝なので冬は黄色くなります。9-10月に冬に向けての準備しておかなきゃ春に緑に復活できないというので。
 
 

f:id:sohji-low:20201019173242j:plain

 
そんなに広い庭ではないので芝刈り機は人力ので十分…
 
と思いきやボウボウに伸びすぎていて大苦戦、「全然刈れねーよ!」とゲンナリでしたがコツ掴んでくるとザクザクいけて非常に気持ち良い。定期的にちゃんとやれば簡単にキレイに揃った芝生のキープはできそうです。
 
 

f:id:sohji-low:20201019173710j:plain

めっちゃお父さんしてるじゃん
 
 
芝生は他にエアレーションと言って5cm間隔ぐらいで穴を開けていき、芝生の根っこの通気性を上げる+根っこを切ることによって再生しようとする力でより密度の濃い芝生になる、というのをやるらしいです。
 
 
なるほど確かに、ウチの芝生はボウボウに放置していたので草の根のとこまで日光が当たらず+エアレーションもやってないので密度もまだまだと言った感じ。追い肥料も含めてちゃんとやっていかねば。
 
 

f:id:sohji-low:20201019173340j:plain

 
ゴルフ場やサッカー場の芝生って本当に手が掛かってるんだと思います。あれはすごい。
 
ウチはそこまでは不要ですが「手を掛ければ掛けただけキレイに育つ」というのは真実。そしてそれこそが醍醐味。
 
 
 
そうやって手を掛けて徐々に自分の理想の家に育てていく。
 
その楽しみこそが「持ち家を持つことの真のメリット」だと思います。
 
ちゃんとやってきます。
 
 

sohji-low.hatenablog.com

 

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

 

f:id:sohji-low:20190816161040j:plain

 

中山そーじろ

 

BRAHMAN ONLINE LIVE "IN YOUR 【 】HOUSE" at TSUTAYA O-nest

どーも!中山そーじろです。
 
 
 
価値あるチャレンジ!どんどんやって欲しい!
 
 
 

f:id:sohji-low:20201012122819j:plain

座りでした
 
 
BRAHMANILL-BOSSTINO(THA BLUE HARB)のコラボ作品「CLUSTER BLASTER」のライブハウスビューイングに本当に久しぶりにライブハウスに行ってきました。
 
実際にライブをやるのは札幌のカウンターアクションという箱ですがそれを全国のライブハウスで同時に流すというLIVE FORCE,LIVE HOUSEが企画した試み、
 

チケット代はタダにする代わりにドリンク代取って、ライブが出来ないライブハウスに売上を作るという感じです。
 
 
 
1)本当に大変だと思うライブハウス
 
コロナの影響でどこも大変ですがライブハウスはトップクラスです。大阪のライブハウスでクラスターが起きた2月からずーーっと、「自粛するのも最初で、再開するのも最後」である悲劇の媒体。
 
バンドはCDが売れなくなり、ネット販売もダウンロードから定額のサブスクになったことで「音楽販売では食っていけない」という状態になり、その代わりにライブを多くやってグッズを売って売上を作る、ということにシフトしてきました。
 
そして今、ライブもできなくなりみんな瀕死間違い無しと言った状況。本当に大変。
 
 
 
2)オンラインライブ配信について
 
何個か観ました。どれも良かったですが「生のライブの代替にはならんわな」というのと「結構すぐに飽きるかも」という感想でした。たぶん好きなバンドでも生のライブみたいに「死んでもチケット取る!」みたいな情熱は出ないでしょう。
 

一番の原因だと思うのが、

 
家(=日常)で観てる

 
という環境。

ディズニーランドとかと一緒でライブも非日常を味わう「体験」だったんだなと改めて思います。

「視聴」である時点で全く別のもの。

だからオンラインライブの”ライブ”って言葉もう使わない方が良いんじゃなかいと思います。ライブの感覚をどっかで期待しちゃうと「やっぱ違うな感」が発生しちゃうので。
 
 
 
3)「体験」に変えられる工夫
 
サッカーとかもそうですがパブに集まって友達とワイワイ話しながら応援するのでも随分楽しめるようになります。「視聴」からちょっと「体験」に近づく。「わざわざ行く」ってとても大事。
 
 
如何に「視聴」から「体験」に変えられるか、それが最も注力すべき課題だと思います。
 
 
今回もライブハウスで、ライブハウスの音響で、友達と観れる、その後居酒屋で飲んで語れる、それだけで家でひとりでパソコン画面で観るより何倍も楽しくなりました。
 
 
正確にはライブハウスの音響ではなかったですが久しぶりにバスドラとベースを地面から感じられたのはやっぱり嬉しかった。「これぞライブハウス!」とガッツポーズ。
 
やはり音は耳だけで聴くものじゃないので短時間公演とか換気休憩とかしきゃいけなくてもやっぱり密室+爆音は維持すべき
 
 
「全員マスク着用+私語禁止+短時間か換気休憩あり」でやるなら感染リスクは通勤電車と変わらないはず。
 
 
 
4)すごい価値ある実験
 
「これ、普通にライブハウス側がチケット代¥1,000とか取っても人来ると思うけど」
 
「バンド向けの投げ銭箱も設置してバンドにもちゃんとギャラ入るようにした方が良い」
 
 
と思います。
 
バンドが200名ぐらいの小さい箱満杯でチケ代¥3,500とかなら、配信100か所ぐらいでやっての投げ銭チリ積で利益上回る可能性もあるのでは?

ライブハウスも超少数スタッフで開けれるからチケ代¥1,000+ドリンク代¥1,200とかなら利益でるんでは?

 
しかも1時間で終わるとその後ガッツリ飲める時間あって結構それも嬉しい!(町に金も落ちるぞ)
 
 
 
5)とにかく生き抜いて欲しい
 
toshi-lowも叫んでましたが本当にライブハウス、ライブバンド、生き残って欲しい
 
ライブハウスが無ければすごいバンドは生まれない。音楽という文化が死に絶えてしまう。
 
 
 
コロナは無くならないし、安心してライブハウスで楽しめるようになるのもまだまだ先。
 
そしてクラファンなどの支援もいつまでもしてられない(そんなにグッズいらないし応援だけじゃ続かない)。

 
やっぱり提供してもらったものに対価を払って生き残って欲しい
 
 
 
6)同じ思いの人は多数なはず、とてももったいない
 
フェスの動員すごくて、ライブハウスがあんなに埋まってたんだからその人数だけ「生き残って欲しい」と思っている人がいるのは事実、そんな中でも実際に支援などしている人は限られている。

 
何故か、

基本ライブ好きなんてのはダメ人間ばっかだから

 
わざわざスマホでクラファン調べてカード情報入力なんてしない、CD買ってシリアルナンバー入力なんてしない、面倒臭がりでアナログな人多数。
 

でもライブハウスの出口に「ライブハウス救ってください!」って投げ銭箱あったら酔った勢いで喜んでお金入れてく人多いと思います(バンドメンバーが箱持ってたらいよいよ)。
 

提携飲み屋指定して「そこで飲んでくれたら何割かはライブハウスとバンドに入ります」みたいなので誘導するのも効果的でしょう。
 
 
そーゆー音楽は愛しているけど面倒臭がりな層が支援しやすい環境整備をもっとすればかなりの額集まると思います。


 
 
 
ライブ後に行った焼き肉屋で肉焼いてくれた店員のにーちゃんになんかチップ渡して帰ったらしいのですが(酔っ払い過ぎで記憶あまり無し)「そんな金あるならライブハウスに渡すべきだろ…」と思ったのでした。
 
 
 
 
 

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

 

f:id:sohji-low:20190816161040j:plain

 

中山そーじろ

 
 
 
 
 

映画感想文「リアム・ギャラガー/アズ・イット・ワズ」やっぱり最強のロックンロールスター

どーも!中山そーじろです。

 
 
 
やっぱり最高のロックンロールスターはリアム・ギャラガー
 
 
 

f:id:sohji-low:20201002161400p:plain

 
 
映画『リアム・ギャラガー/アズ・イット・ワズ』観てきました。
 
伝説のバンドOASIS解散から新バンドBeedyEyeをスタートさせたものの上手くいかず自分を見失いかけるが、ソロとして奮起しシーンの真ん中に見事戻ってくるという10年に渡る「スター復活ドキュメンタリー」です。
 
 
私のアイデンティティの8割ぐらいは音楽から出来ているのですが、その大きな部分をOASISというバンドが締めています。本当に影響受けてきて、良い時も悪い時も愛し続けてきたバンドなので、
 
 
もう号泣
 
 
でした。同じ気持ちの方と是非ギネス飲みに行きたいです。
(※映画自体はそんなにドラマチックに出来てないので普通に観ても涙は出ないと思います)
 
 
 
1)本当に復活なんです、あのリアムが戻ってきたんです
 
OASISが解散後すぐにBeedyEyeというバンドを元メンバーのアンディやゲムらと始めました。
 
曲は良かった。元々リアムの書く曲は好きだったしワクワクしました。
「リアムの最強ボーカルで歌えばなんだってカッコ良い」ぐらいに思ってました。
 
そして向かった初の単独来日のZEPP、今まで体験したことない近さにあのリアムが登場、「本物だー!ありえねー!リアーム!!」となります。
 
しかし、
 
 
あれ?全然、てかしょぼいぞ?
 
 
バンドが本当の実力とマジックを持っているかはライブでこそわかります。
 
どんなに技術を使って装飾したとしても生だとすぐバレちゃう。それがバンドの不思議なところ。BeedyEyeは明らかに持っていませんでした。

あのリアムが目の前で歌ってるのに飽きちゃう。世界一カッコいいロックシンガーなのに。
 
 
しかしそんなんで見限れるわけない、