中山そーじろブログ

we do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing. 人は老いるから遊ばなくなるのではない、遊ばなくなるから老いるのだ

ZOZO前澤社長は現代盤の貴族「ノブリス・オブリージュの行い」

どーも!中山そーじろです。

 

 

 

前澤社長は現代盤の“貴族”なんだと思います。

 

 

 たぶん…

f:id:sohji-low:20190116122606j:plain

 

 

色々と世間を騒がせ、賛否両論を生んでますが、私は好きです。

 

きっかけはAIR JAM2018が18年ぶりにマリンスタジアムでできたのは前澤社長の働きかけがあったからと知ってから。お蔭さまで生涯の思い出になりました。本当に感謝。

 

 

f:id:sohji-low:20180921144129j:plain

 

 

最近一番の話題はやはり

 

 

100名に100万円、総額1億自腹プレゼントの”お年玉企画“でしょう。

 

 

f:id:sohji-low:20190116122933j:plain

 

 

結果、フォロワー数は世界最高記録を更新した様子。

 

この企画が素晴らしいなと思ったのは、

 

 

「夢のために好きに使ってください」と振りだしてること。

 

 

当選者もランダムではなく、「実名アカウントで夢ややりたいことを発信している人」が中心に選ばれたらしい(500万人の中から100名選ぶのにそんないちいちチェックしたのか?これはホントか?と思ってますが)。

 

 

 

宝くじの数万倍意味あるばら撒き方じゃん

 

 

 

と思ってます。

 

 

f:id:sohji-low:20190116123129j:plain

 

 

「誰も損してないし、楽しいし夢があるから盛り上がったんだと思うけど。自分一人の力で稼いだわけじゃないんだから、お金はケチらず貯金せずどんどん使って社会に回す方がいい。買い物でも寄付でもお年玉でも税金でも。お金持ちの役割」

 

「みんなのおかげで儲かったんだから、ガンガン使って社会に還元して、稼いでも稼いでも貯金のたまらない金持ち貧乏で僕はありたい」

 

 

 

この考えってすごく現代盤の貴族だな~って思います。


 

 f:id:sohji-low:20190116123045j:plain

 

 

生まれや階級ではなく、資本主義と民主主義とネットが合わさってでてきた新しい価値観を持った現代の貴族

 

 

 

元々貴族には、パトロンという後援者としての役割があって(その行為自体をパトロネージュと言う)、それが元で人類史に残る素晴らしい芸術作品を作ってきました。

 

 

f:id:sohji-low:20190116123351j:plain

 

 

レオナルド・ダ・ヴィンチミケランジェロシェイクスピアモーツァルトやべートーヴェンもそのパトロンの存在が無ければ…なんです。

 

 

 

才能のある人を埋もれさせない

 


夢がある人を応援する

 

 

 

f:id:sohji-low:20190116123634j:plain

 

 

 

 

それがお金持ちの役割

 

 

 

 

これはノブリス・オブリージュという考えで、

 

高貴さは(義務を)強制する」、一般的に財産、権力、社会的地位の保持には責任が伴うことを指します。

 

この考えを元に貴族はパトロネージュや、公共事業や社会福祉への支援などを行ってました。

 

 

 

 

それを今やっている人が前澤社長なんじゃないかと

 

 

 

f:id:sohji-low:20190116124013j:plain

 

バイオリンの名器を買った時も、「いろんな人に弾いてもらったり、コンサートを開いたり…」って言ってましたが、

 

それって貴族がやってたサロンコンサートじゃんと。

 

 

f:id:sohji-low:20190116124215j:plain

 

 

 

月にいく件なんて本当に驚きました。

 

「普通全席買い占めるって発想にならないだろ」と。

 

自分が行けるだけで舞い上がっちゃいますよ。それを自分の“プロジェクト”にしちゃう。一瞬で「ただの乗客」から「オーガナイザー側」になっちゃう。

 

 

f:id:sohji-low:20190116124354j:plain

まずこの絵が羨ましい

 

 

それが人類が誰も経験したことのない「宇宙遊泳をした芸術家」を誕生させる。

 

 

しかもスペースX社も早々に全席完売して営業活動しなくていいしウィンウィン。

 

 

f:id:sohji-low:20190116124534j:plain

 

 

 

本当に頭が良い。

 

そして根っこの信念が素晴らしい。

 

(宇宙ちょー羨ましい)

 

 

 

 

何よりも、

 

「そうすることが、結果自分にとっても面白い」

 

 

という“超循環系の究極な自己満欲求”がそうさせているのだろうと思わせてくれる。

 

(それが全てにとって理想な形)

 

 

 

 

イギリス首相のマーガレット・サッチャーの言葉で、

 

「お金持ちを貧乏にしても、貧乏な人はお金持ちにならない」

 

というのがありますが、

 

 

f:id:sohji-low:20190116124736j:plain

 

 

 

 

基本守銭奴であったお金持ちが、いっぱいお金使ってくれて、税金もいっぱい払ってくれて、しかも一般ピーポーの夢まで応援してくれて、それで本人満足してどんどんやってくれてるんだから、

 

 

 

そんな素晴らしいこと(ありがたいこと)ないと思いますけどね。

 

 

 

f:id:sohji-low:20190116124837j:plain

 

 

「ZOZOの社員から搾取した金」とかは、「それが不満なら辞めりゃーいいじゃん」と思いますし、そんなマインドの社員にあげても死んだ金になるだけでしょうし。

 

 

 

世界のお金持ちがみんなそんな感じになってってくれたら、世界はもっと金銭だけでなく、心も豊かになるんじゃないでしょうか。

 

 自分のことしか考えてないジーさん達のタンス貯金(ほとんどは年金)の方がよっぽど社会の循環を止めてる立ち悪いものだと思うんですけどね。

 

 

何よりもエアジャムあざした!続けてどうぞ!↓

AIR JAM 2018「やっぱりハイスタは最高で最強のバンドだった」 - 中山そーじろブログ

 

 

 We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

この記事読んで「まぁ良かったかな」と思ってくれた方、是非「いいね!」「シェア」お願い致します!!

意見・感想コメントくれたらめちゃ嬉しいです。

 

f:id:sohji-low:20181025144545j:plain

f:id:sohji-low:20181025144600j:plain

f:id:sohji-low:20181025144618j:plain

中山そーじろ(中山企画)

中山家具「巨大食器棚を作る-その①-」

どーも!中山そーじろです。

 

 

家を建てる打ち合わせで、

 

(これ以上はお金ないので)備え付けの家具はいりません!

 

自分で作ります!!」

 

 

と宣言してしまった私は、未だにコソコソ家具を作り続けております。

 

 

今回は巨大食器棚

 

 


f:id:sohji-low:20190109134741j:plain

 

横幅183cm、高さ183cm。中山が6人ぐらい並んでると思ってください。

 

f:id:sohji-low:20190109140114j:plain

 

 

かなりでかいです。(中山家具史上一番)

 

 

 f:id:sohji-low:20190109135011j:plain

 

使用する木材の量もその分ハンパない…

 

 

f:id:sohji-low:20190109135124j:plain

 

このカットなんのためだかわかります?

 

まっすぐの棚置いたのに「あれ?壁にぴったりつかねーじゃねーか」ってなったことないですか?

 

f:id:sohji-low:20190109140631j:plain

 

それはこいつのせい。”巾木(はばき)”と言います。

 

壁への傷防止やクロスをキレイに貼るのにどこでもあるやつ。こいつが出っ張ってるせいで棚は壁にピタッとならないのです。

 

 

なので足を巾木にぴったりするようにあらかじめカットしておけばピタッと置けるというわけ。

 

中山家具、確実に学習しております。

 

 

f:id:sohji-low:20190109135156j:plain

 

組み立てるといよいよ家のスペースを占拠してきます。邪魔。

 

 

f:id:sohji-low:20190109135232j:plain

 

家の中じゃ塗れないので外へ、

 

出すだけでも一苦労。玄関からでねーよ。

 

 

f:id:sohji-low:20190109135321j:plain

 

棚の重みに押され、外に弾き飛ばされてリアルに転びました。

 

ひとりでやるのは危険なので止めましょう。

 

 

f:id:sohji-low:20190109135355j:plain

 

塗ったらこんな感じ。

 

イデアはよかったのですが、カットの精度が悪くて思ったより細くなってしまった…

 

そうなると耐荷重が不安…ポキっといきそう。しかしもう戻れん。

 

 

家具作りの最終手段は「祈り」です。

 

 

ただ折れないことを祈るのみ。

 

 

f:id:sohji-low:20190109135417j:plain

 

背板もめっちゃある。面倒くせー。

 

 

f:id:sohji-low:20190109135443j:plain

 

バーっと塗ったらですね…

 

f:id:sohji-low:20190109135622j:plain

 

ザーっとヤスって、「あれ?流木?」みたいな風味に仕上げます。

 

 

そうするとどんな効果があるかって?

 

ヤスってシャビーにすることによって素材に「柔らかさ」や「温かみ」がでます。

 

 

f:id:sohji-low:20190109135521j:plain

 

 

そうするとほら、パンが美味しそうに見える。

 

 

…気がする。

 

 

f:id:sohji-low:20190109135545j:plain

 

設置場所に置くだけで精いっぱい。壁を気づ付け呆れられる。

 

でか過ぎた…

 

 

f:id:sohji-low:20190109135649j:plain

 

引出し用の箱作りも数が多く非常に面倒くさい。(廃材しか使ってないので恐ろしくバラバラな見た目)

 

 

とりあえずここまで!完成したら続き報告します!

 

家具作りは非常に面白いのです。毎日やってたい。続けてこちらもどうぞ!↓

中山、木工家具職人になる!その1 - 中山そーじろブログ

 

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

この記事読んで「まぁ良かったかな」と思ってくれた方、是非「いいね!」「シェア」お願い致します!!

意見・感想コメントくれたらめちゃ嬉しいです。

 

f:id:sohji-low:20181025144545j:plain

f:id:sohji-low:20181025144600j:plain

f:id:sohji-low:20181025144618j:plain

中山そーじろ(中山企画)

 

 

 

もりの遊園地(千葉県野田市)「遊園地デビュー-ちょうど良いの見つけた-」

どーも!中山そーじろです。

 

 

ちょうど良い遊園地見つけました。

 

 

f:id:sohji-low:20190109145113j:plain

気分はもちろん稲中の井沢だ!

f:id:sohji-low:20190109150852p:plain

 

その名も

 

もりの遊園地

 

http://www.senyo.co.jp/morinoyuenchi/

 

f:id:sohji-low:20190109145201j:plain

 

子供がどこで知ったかわかりませんがいきなり、

 

「観覧者乗りたい!」と。

 

お台場とか葛西とか思いつくとこは遠いので探してみたら、

 

「あれ?家から15分?野田市?隣町じゃん。」

 

と。

 

なんと隣町に遊園地ありました。

 

f:id:sohji-low:20190109145627j:plain

 

 

ここがめちゃくちゃちょうど良い規模でして、

 

ディズニーとか行っても3歳とかだと…

 

年齢制限で乗れない

 

でも間違いなく乗りたくなる

 

何故乗れないのか、納得いかない

 

ギャン泣き

 

 

f:id:sohji-low:20190109145357j:plain

 

乗れるものでも1時間待ち

 

待てない

 

ギャン泣き

 

 

全然乗れない

 

散歩もままならない

 

めちゃ疲れるがお金はしっかりかかる

 

親、笑い泣き

 

 

となるのは目に見えてるのでこれまで遊園地は行ってませんでした。

 

 

f:id:sohji-low:20190109145742j:plain

観覧者だけやたら本格サイズ

 

 

しかしここ”もりの遊園地”は、

 

 

入場無料

 

駐車場無料

 

ほぼ全ての乗り物が小さくても乗れる

 

お昼は隣のイオンのフードコートで好きにOK

 

 

何よりも、

 

 

激すきなので

 

待たずに乗れる

 

 

 

もう最高。

 

最高な条件が全て揃ってる。

 

 

 

f:id:sohji-low:20190109145446j:plain

いざ乗ってみたら思ったよか高くてビビってる観覧者野郎

 

f:id:sohji-low:20190109145508j:plain

「見てー人がゴミのよう」「そうねー」

 

f:id:sohji-low:20190109145528j:plain

予想以上のゆっくりさであっちゅー間に飽きた観覧者野郎

 

f:id:sohji-low:20190109145552j:plain

 

3歳とかならこーゆーので充分じゃないですか

 

こーゆーレベルの乗り物ばかりで本当に

 

”ちょうど良い”

 

んですよね。

 

 

 

f:id:sohji-low:20190109145040j:plain

 

メリーゴーラウンドもありました。なんか映画にでてきそうな寂れた遊園地の回転木馬な感じが好き。

 

f:id:sohji-low:20190109145810j:plain

 

バッシャーンってなるのが一番のお気に入りで3回連続でライド。

 

f:id:sohji-low:20190109145847j:plain

 

失敗だったのが、

 

「ちょっと乗ったら満足するだろう」

 

とフリーパスを買わずに単発の回数券みたいなの買ったんですが、

 

 

まぁ、はまるはまる

 

 

キャッキャキャッキャと何回も同じの乗りたいと続け、結局「フリーパス買うべきだった…」となりました。

 

確かに私も小さい頃、空いてる遊園地では気に入った乗り物を何十回も連続で飽きもせず乗ってたわと。

 

逆にフリーパスさえあれば、何回乗っても安心だし、何回乗っても楽しそうにしてるので親にもとても嬉しい、助かる。(確か親子フリーパスで¥3,200-)

 

 

f:id:sohji-low:20190109145958j:plain

 

何よりも家から車で15分という気軽さが最高

 

これからも「ちょっくら遊園地でも行くか~」ぐらいのノリで利用させて頂きます。

 

たぶん小学生とかになったら「退屈だ」と思われるので。

 

 

何よりも(失礼な心配ですが)、

 

潰れないでほしい!!

 

 

子供にはノビノビ育ってほしいですよね。続けてどうぞ!↓

子供に「夢を持ちなさい」って言いますか?(言えますか?) - 中山そーじろブログ

 

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

この記事読んで「まぁ良かったかな」と思ってくれた方、是非「いいね!」「シェア」お願い致します!!

意見・感想コメントくれたらめちゃ嬉しいです。

 

f:id:sohji-low:20181025144545j:plain

f:id:sohji-low:20181025144600j:plain

f:id:sohji-low:20181025144618j:plain

中山そーじろ(中山企画)

 

新元号が何故なかなか発表されないのか知ってます?

どーも!中山そーじろです。

 

 

 

元号?いらねーよ、西暦でいいじゃん

 

 

モタモタしてっからこうなってるぜ、安倍さん!!

 

 

f:id:sohji-low:20190107160628j:plain

f:id:sohji-low:20190107161924j:plain

 

 

5月1日の新天皇即位に際し、平成の次の“新元号”の発表が4月1日になると安倍首相が発表してました。

 

 

f:id:sohji-low:20190107160724j:plain

 

 

 

いや、アホか。

 

今すぐしろ。

 

 

 

なんでこんなにもったいぶるか知ってますか?

 

安倍政権の支持基盤である保守派が「実際に新天皇が即位する5月1日にするべきだ!」と主張を続けており、それを無視しちゃうと自民党総裁選への影響があるからなんです。

 

また理由は選挙への影響ですよ。

 

 

 

保守派は天皇元号の「一体不可分」の伝統を重視し、平成のうちに次の元号が公表されると、明治から続く「一世一元」(天皇1代につき1元号)の原則に反しかねないと主張してるわけです。

 

確かに平成の発表は明治天皇が亡くなった直後、実質平成になってからの発表だったらしいです(そりゃ大変)。

 

 

f:id:sohji-low:20190107160904j:plain

 

 

しかし待ってくれ、

 

「一世一元」の制度は明治からであってここ150年ほどのもの、

 

元号自体は“大化”以来1370年続いている

 

 

 

元々、元号の目的は「心機一転」

 

つまり「リセット」「リスタート」であって、そっちの目的で変えられてきた歴史の方が何十倍も長いわけです。

 

 

 

過去には震災が起こったから、コレラが流行ったから、

 

「なんかツイてないから元号変えて気分変えようぜ!」と。

 

時にはスッポンが見つかったから、

 

「何この珍しい亀!ツイてる!めでてー!」と新元号霊亀)、などやりたい放題だったようです。

 

 

f:id:sohji-low:20190107161039j:plain

最短は2か月とのこと

 

 

保守派というのは一般的に「これまでの伝統文化、社会を維持していこう!」という方たちのことを指すのですが、彼が主張する伝統は政府が最近決めたことなのに何故そこに固執するのかはよくわかりません。

 

主張してる内容の理論構造がガタガタで、

 

意味プーです。

 

 

f:id:sohji-low:20190107161417j:plain

 

 

 

個人的に元号にはその時代への思い入れが生まれるので賛成派です。

 

 

 

しかし発表がこれだけ遅いと重大なシステム混乱と障害を生じさせるのは明らかです。

 

これは気分とかの問題じゃない。リアルなやつ。

 

平成に変わった時も大変だったらしいですが、今はその時と規模も深刻度も比べものにならないのはアホでも想像できます。

 

 

 

いや、マジ何してんの?完全にアホじゃん。

 

 

 

「システム関係者が“一日でも早く発表を”を懇願」みたいなこと聞きますが、

 

とっくに「もう元号は無し!西暦で統一で!」の方向で動いてると思います。

 

しかし官公庁や金融機関のような旧体質なところは引き続き元号の使用が必須のようで、それによって日本どころか世界中に深刻な混乱と障害が生じると。

 

なので「事前発表は必須、一日でも早く発表を」というのは事実必要なのです。

 

 

 

f:id:sohji-low:20190107161532j:plain

 頑張れ皇太子様!

 

 

その悩みの中の折衷案として出てきたのが4月1日(エイプリルフール)。

 

 

 

なんだ折衷案て、超中途半端、せめてどっちかにしろや。

 

 

 

結果、

 

保守派の「5月1日発表」という主張も守られず、

 

システム整備にも間に合わない日に決定。

 

元号改定になるのがわかったのは2年前)

 

 

 

そんなことをしてる国、日本。

 

「正月早々、そんなくだらない発表聞かせるなや」と思いテレビを消したわけです。

 

 

f:id:sohji-low:20190107160628j:plain

ヤー!

 

 

なんで普通に考えればなこともこんなことになっちゃうんだろうか…

 

 

 

もったいぶって、みんなの期待度をあげてる気になってるのは彼らだけで、

 

国民はとっくに「元号なんていらんし、西暦でいいじゃん」になり、

 

「言語離れ、伝統文化意識の薄まり」を助長しているのは明らか。

 

 

 

ちなみに新元号はもうとっくに決まっていて金庫に保存してあるようで、

 

その間に決めてた有識者が死んだりすると「縁起悪い」と再考するようです

 

そこは気分でリセットか!本当にどっちやねん!!

 

 

 

f:id:sohji-low:20190107161731j:plain

 

私の予想と希望の新元号は「健康」、健康元年。

 

人々に今一番足りていなく、一番重視しなきゃいけないのが心と体の健康だと思うので。

 

 

まかせっきりはマズイっすよ!続けてどうぞ。↓

カルロス・ゴーンよか安倍晋三の方がヤバいんじゃね? - 中山そーじろブログ

 

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

この記事読んで「まぁ良かったかな」と思ってくれた方、是非「いいね!」「シェア」お願い致します!!

意見・感想コメントくれたらめちゃ嬉しいです。

 

f:id:sohji-low:20181025144545j:plain

f:id:sohji-low:20181025144600j:plain

f:id:sohji-low:20181025144618j:plain

中山そーじろ(中山企画)

 

お節・お雑煮のありがたさ「正月と神道とダラダラは繋がってるのです」

どーも!中山そーじろです。

 

 

お節・お雑煮、大好きです。

 

 

f:id:sohji-low:20190109121539j:plain

 

 

ウチは毎年かーちゃんが送ってくれるので、それをありがたく頂いて正月を祝います。

 

 

昼間から時間も予定も気にせずお節をつまんで、日本酒をチビチビ飲むことの幸せさったらない。(今年は酒なしでしたが)

 

 

 

「何にも追いかけられずに、堂々と酒飲んでつまみ食ってダラダラ過ごせる」

 

 

f:id:sohji-low:20180904135311j:plain

 

 

 

そんな贅沢な時間、一年の中で正月だけです。素晴らしい。

 

 

 

f:id:sohji-low:20190109121621j:plain

 

 

だから「正月は家にいるのが一番」と思うのです。

 

私のようなダメ人間は常にダラダラできる隙を探しているので、世間が公認している唯一のチャンスさえ初売りだなんだで自ら潰すなんて信じられない。

 

 

 

そんな公認ダラダラタイムが伝統や宗教、歴史を踏襲したものであるってのがまた素晴らしい(都合が良い)。

 

なのでお母様、これからも美味しいお節・お雑煮をよろしくお願いします。(そのうち習いにいきます)

 

 

f:id:sohji-low:20190109121659j:plain

 

 

 

「人間て、“生きてるだけで尊い”って勝手に思ってたけどそれは勘違いだな」

 

「素晴らしい人は素晴らしいけど、クソな人間はとことんクソだ

 

「そんな”幅があるのが人間”なんだな」

 

と開眼した去年。

 

中山はいよいよ神道”(人間じゃなく自然が神)方面にスピッてきています

 

 

 

そんなシントー・スピリチュアル・テンコウ・ナカヤマにとって正月というイベントはとても大事。

 

 

f:id:sohji-low:20190109121727j:plain

 

 

正月とは、ご先祖様の集合体である歳神様を各自の家に迎え入れて祀る行事です。

 

ご先祖様が各自の家に戻ってきて、家族みんな揃って食事をするという機会。

 

迷わないよう目印として角松を置く。なので角松は目立つように昔からユニークな形が多いのです。

 

f:id:sohji-low:20190109121751j:plain

 

晦日の夕方に歳神様に神餅を供えて無事に辿り着けるようにします(道中のお弁当ですね)。

 

それをみんな揃った正月におろしてごった煮にして食べるのがお雑煮。

 

その餅は新米でつきます。その稲に宿る「生命の力」に感謝しながらみんなで頂きます。

 

 

f:id:sohji-low:20190109121819j:plain

 

 

お年玉は昔はその餅ことで、「玉=魂をいただく」という行為。

 

お節料理は「せっかく歳神様が帰ってきて家族揃ってるのに奥さんが台所でせかせか働いてるのは失礼」だからと開発された保存食です。

 

なのでお客様が来たからとせかせかお茶とか用意しちゃうお母さんはNG。「好きにとって食べなさい」が正解。

 

家族で食卓を囲み、稲や祖先、自分たちを生かしてくれている全ての神様に感謝する日が正月なのです。

 

そんなことを理解して、じんわりと味わいながら一年の最初の日をちゃんと過ごせれば、

 

人はもうちょっと謙虚に生きられるんじゃないでしょうか…

 

 

 

f:id:sohji-low:20190109121902j:plain

 

 

 

どうです?

 

 

あなたもシントー・スピリチュアル・テンコウ・ナカヤマの世界に興味が沸いてきたでしょう。

 

 

f:id:sohji-low:20190109121727j:plain

 

 

まぁ、普段自分たちが当たり前にやっていることってのはそれぞれルーツがあって、

 

歴史や宗教や伝統を知るってのは面白いわけです。 

 

 

 

 

来年は美味しい日本酒用意してもっとダラダラするぞ!

 

ということでした。

 

f:id:sohji-low:20190109121950j:plain

みかんもな

 

お母さん、毎年ありがとうございます。

 

神道は日本のルーツであり、天皇とも密接です。面白いですよ。続けてどうぞ!↓

【2017年出来事:その9】皇后両陛下の生前退位 - 中山そーじろブログ

 

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

この記事読んで「まぁ良かったかな…」と思ってくれた方、是非「いいね!」「シェア」お願い致します!!

意見・感想コメントくれたらめちゃ嬉しいです。

 

f:id:sohji-low:20181025144545j:plain

f:id:sohji-low:20181025144600j:plain

f:id:sohji-low:20181025144618j:plain

中山そーじろ(中山企画)

 

9連休で試された”父親力”「面白いお父さんでいることの大変さよ」

どーも!中山そーじろです。

 

 

9連休が遂に終わりました。

 

   

クソ長かった…

 

  

f:id:sohji-low:20181225204214j:plain

「トントン!あそぼー!」(毎日)

 

 

中山家は予定も全くなく過ごしました。

  

そうすると、 

 

朝から晩までひたすら子供と遊ぶ

 

 ということになります。

 

 

f:id:sohji-low:20181228153133j:plain

 

 

プラレール、ブリオ、レゴブロック、アンパンマンブロック、毛布で船ごっこシンカリオン人形ごっこ、粘土ごっこ、風船ごっこなどなど…そして公園など屋外メニューに移ります。もう昼寝もしないのでノンストップ。

 

 

 

人間はすぐに慣れるし飽きる生き物。

 

 

 

「これは強敵だ!果たして倒せるか?グワーオ!」

 

 

f:id:sohji-low:20190107181020j:plain

 

 

 

毎回モチベーションはもちろん、新ネタを用意しなければ子供の笑顔は引き出せません。手抜きはすぐにバレる。

   

 

 

できるお父さんはボールひとつで子供を何時間でも楽しませることができます。

 

できないお父さんは毎度新しいオモチャをせがまれて買い与え、「買ってやってもすぐ飽きる」と嘆きます

 

 

 

 

f:id:sohji-low:20190107181102j:plain

読も

 

 

 

オモチャに飽きるのは、子供が飽きやすいのではなく、

 

お父さんの遊び方、楽しませ方の引き出し方が弱いから。これ残酷な事実。

  

 

 

f:id:sohji-low:20181225204342j:plain

 

 

 

ウチの子はプラレールが大好きで、「これ欲し―!これ欲し―!」とねだってきます。

 

週末に買う→喜ぶ→遊ぶ

 

次の週には「これが欲し―!」と別のを叫ぶ→「先週買ったばっかじゃん!」と言っても聞かない


→「今はこれが欲し―!」とギャン泣き→しょうがなく買う→喜ぶ→遊ぶ

 

次の週には別のを「これ欲し―!!」とギャン泣き

 

 

 

というループ、

 

増えていく「ちょっと遊んだだけで放置されたプラレールたち」と「中山家の支出」…

 

 

f:id:sohji-low:20190107181213j:plain

こんなん見たらそりゃ永遠に欲しくなる

 

 

 

親だって疲れるし、そんな時は金で解決できることはしちゃう。

 

新しいオモチャでひとりで遊んでくれているとありがたい。

 

そんなこともあるある。バランスが大事。

 

 

 

しかし、本質は、

 

 

お父さんが遊んでくれない(遊ぶ時間が少ない)

 

お父さんがツマラナイ(遊んでもワクワクさせてくれない)

 

 

という事実が引き起こしていること。

 

 

f:id:sohji-low:20190107181126j:plain

 

 

 

面白いお父さんになる


  

それには余裕、ユーモア、想像力、体力、愛情などの”父親力”が必要です。

 

 

 

f:id:sohji-low:20190107181458j:plain

 

映画グレイテストショーマンのヒュージャックマンを見てください。

 

会社が倒産して無職になり、金もなく絶望の中帰って来て子供に、

 

 

 

「これはここだけの秘密の話だ、守れるかい?

 

お父さんは沈没した海賊船にあった地図をチラリと見て記憶したんだ、

 

そこに隠されていた秘密とは…」

 

 

 

f:id:sohji-low:20190107181521j:plain

そんなんめっちゃワクワクするじゃん

 

 

 

 

職失った夜に帰ってすぐにこんなワクワクする話笑顔でできるか!!

 

 

 

しかしこの力があるからこそ、子供はプレゼントがなくても満たされるわけで。(この場面でその意味で涙しました。)

 

「ライフイズビューティフル」もそう。

 

 

f:id:sohji-low:20190107181554j:plain

 

 

 

まぁ、とにかく9連休、

 

自分の時間なく、本も一冊も読めず、

 

ひたすら毎日子供と遊び。

 

 

 

子供の色々な面見れました。

 

こうやって自分に足りない部分も多々見つかってよかった。

 

 

 

しかし正直すげー疲れた。(笑)

 

自分個人の時間が無くなりストレスも感じ、

 

奥さんや保育園の先生を改めて尊敬。

 

 

f:id:sohji-low:20181204113432p:plain

 

ヒュージャックマンへの道のりは遠い…

 

これは「隙間時間で」「気合いで」とかでは簡単には実に付かない。また「本気だせばオレだって」も通用しない

 

 

  

コツコツ良い父親になれるよう、頑張りまーす。

 

 

電車好きの子供には大井川鐡道おすすめです!続けてどうぞ!↓

大井川鐡道トーマス号に乗ってきた! - 中山そーじろブログ

 

 We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

この記事読んで「まぁ良かったかな」と思ってくれた方、是非「いいね!」「シェア」お願い致します!!

意見・感想コメントくれたらめちゃ嬉しいです。

 

f:id:sohji-low:20181025144545j:plain

f:id:sohji-low:20181025144600j:plain

f:id:sohji-low:20181025144618j:plain

中山そーじろ(中山企画)

幸楽苑「2億円事件」の英断「正月は家にいりゃいいのに」

どーも!中山そーじろです。

 

 

中華そばの幸楽苑が「元旦全店舗休業」という記事を大晦日の新聞に打ったことに対し、

 

 

f:id:sohji-low:20190108141054j:plain

 

 

 

素晴らしい英断だ

 

わざわざ新聞でアピールなんてあざとい

 

 

などと話題になってました。

 

 

 

元旦の全店舗の総売上2億円を手放すことになるので「2億円事件」と。

 

 

 

間違いなく「英断」だし、それをただ失うだけでなく「アピール」に使うのはビジネスなんだから当たり前じゃない?と思います。

 

 

 

人間、「当たり前にあるもの」を手放すというのは非常に難しいこと。

 

 

とても勇気と実行力がいることだったと思います。社長すごい!!

 

政府も官僚も大手電力会社もみんな見習おう!

 

 

f:id:sohji-low:20190108141152j:plain

 

 

もう

 

「年末年始も休まず営業します!」

 

という気合いに対して、

 

「なんで?」

 

というある種の気持ち悪さしか感じません。

 

 

 

f:id:sohji-low:20190108141240j:plain

 

 

 

この国は限度を超えたサービス過多を続け、お客様は神様みたいな迷信が生まれ、

 

 

そんな間違ったサービスという名の“自己犠牲奉仕精神”

 

 

結果、それが国民を調子に乗らせ、モラルが低いダメな国民にしたのは明らか。

 

 

 

f:id:sohji-low:20181122163424j:plain

 

 

 

焼き肉屋さん時代に、

 

「オレは金払ってる客だぞ!?」

 

という横柄な客にいっぱい接することでそれは確信に変わりました。

 

 

 

両者は対等なはずなのに、客側が上だと勘違いしてる。

 

相互リスペクトの関係性ではないのが一番嫌なんです。

 

 

 

f:id:sohji-low:20181122163320j:plain

ちなみにその焼肉屋さんは大晦日も元旦の全店舗休業でした。すごい! 

 

 

 

別にやりたい人はやりゃーいいとは思うんですよ。

 

 

 

f:id:sohji-low:20181225151002j:plain

 

 

 

でも本人が「正月も関係ないです!頑張ります!」と言ってたとしても、

 

その家族も巻き込まれるわけで、両親も「正月なのに孫連れて挨拶に来てくれない」と寂しくなるんです。

 

 

 

おまえだけの問題じゃない、と。

 

 

 

 

正月に店がやってなくたって前持って用意しときゃーいいじゃん。

 

正月からラーメン屋いかなくて良いように“おせち”があるんだし。

 

 

 

「店閉まってて困って不平言うヤツはただのアホ」みたいな社会の雰囲気を作っていくべきでしょう。

 

家でカップラーメンでも食ってろよと。 

 

 

 

 

ちなみに中山家は

 

正月三が日は外食にも買い物にも行きません

 

 

 

1月2日に焼き肉は毎年行列ができ、オープンからすぐに満席となります。

 

正月商戦と呼ばれる日です。

 

笑顔で「いらっしゃいませー!」と言いながら正直、

 

「なんで正月から焼き肉食いにくるかね…」と思っていました。

 

 

f:id:sohji-low:20180904133650j:plain

 

 

 

そんな客がいるから飲食店はその売上が手放せなくて休めない。

 

 

f:id:sohji-low:20181225150359j:plain

ほ、欲しい…

 

 

鶏卵のお話になりますが、

 

無くすためにはどちらかが無ければもう片方も自然に消えるわけなので。

 

 

f:id:sohji-low:20190108142030p:plain

 

 

どうせ一年中忙しいんだから正月ぐらいゆっくり家族揃って団らん時間過ごせばいいのに、と思います。「サービス業だからしゃーない」っての思い込んでるだけで実際ないと思う。

 

 

飲食ってほんとに大変なんです。続けてどうぞ!↓

お客様は神様じゃないんだよオッサン - 中山そーじろブログ

 

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

この記事読んで「まぁ良かったかな」と思ってくれた方、是非「いいね!」「シェア」お願い致します!!

意見・感想コメントくれたらめちゃ嬉しいです。

f:id:sohji-low:20181025144545j:plain

f:id:sohji-low:20181025144600j:plain

f:id:sohji-low:20181025144618j:plain

中山そーじろ(中山企画)

 

2019年、中山は禁酒してます

どーも!中山そーじろです。

 

 

2019年、中山は禁酒します。

 

 

(子供が生まれるまで)

f:id:sohji-low:20181228155157p:plain

 

 

 

元旦からなのでこれで禁酒7日目。

 

「お酒を飲めないのに居酒屋にいる」という地獄シチュエーションは無理なので新年会は行きません。

 

 

 

理由は簡単、

 

奥さんが臨月にはいり、いつお呼びがかかるかわからないから。

 

 

f:id:sohji-low:20190107122821j:plain

 

 

第1子の際は深夜、焼肉屋でレジ閉めをしている時に電話がかかってきて、

 

「…ちひろです」

 

という陣痛MAXの奥さんの弱々しい様子に気づかず、まだ全然仕事モードだった私は店の女子高生バイトのチヒロと勘違いし、

 

「おー、チヒロお疲れ!どうした?シフト?」

 

と返しました。

 

 

f:id:sohji-low:20190107122524j:plain

この場面で「どうした?なんか変なもの食ったか?」と聞く並みの

 

 

 

大馬鹿野郎です。

  

 

 

今回そーゆーのは無しね、というのと、

 

 

f:id:sohji-low:20181228155250j:plain

 

 

 

タクシー問題

 

 

中山家は都心から40分と言えども千葉県流山の田舎でして、なんでも近くに揃っているわけでは御座いません。

 

近隣のタクシー会社に端から連絡しましたが、

 

「そちらは遠いので行けませんねー」

 

「その地域は○○タクシーさんですので…」

 

「妊婦ですか?妊婦さんはちょっと…ウチも運転手が高齢なので…」

 

という感じ。

 

 

f:id:sohji-low:20190107122622j:plain

 

 

ウチの地域を牛耳ってるらしいタクシー会社に電話すると、オジーちゃんがでて、

 


「どれぐらいでいけるかはその時になってみなきゃわかんねーんすよ。


大体駅前に数台いるので捕まんない時は駅まで来てくれれば乗れると思いますけどね。


夜の営業は終電の時間までです。」

 

 

 

f:id:sohji-low:20190107122559j:plain

 全国に広がるといいですよねー

 

 

 

………

 

 

 

産まれそうだからタクシー呼んでる妊婦に、

 

 

駅まで歩いて来いだと?

 

 

 

f:id:sohji-low:20181220203434j:plain

 

 

 

まず駅前にタクシー止まってんの見たことねーから

 

 

 

f:id:sohji-low:20181127153029j:plain



 

 

このクソジジイ!!

 

 

 

さっさとuberやロボットタクシーに駆逐されろ!!

 

 

 

f:id:sohji-low:20190107122448j:plain

 

 

こういったことも含め、

 

親や知り合いのいないところで生きていく

 

ということなのです。

 

細かいとこで色々なハードルあるんだこれが。

 

 

f:id:sohji-low:20181228155217p:plain

 

 

本当にありがたいことにお隣さんが「いつでも車出すわよー」と言ってくれてますが(泣)、

 

 

 

奥さんが深夜陣痛MAXになる、

 

タクシーは来ない、

 

私がお隣さんに「送ってもらえますか?」と頼みにいく、

 

お隣さんが「それは大変!でもご主人は?」、

 

 

 

「いやぁ、飲んじゃいまして…」(ほろ酔い顔で)

 

 

 

絶対言えない。

 

 

 

皆さん、リピートアフターミー、

 

 

「産後の恨みは一生です」

 

 

ワンモア!

 

 

「産後の恨みは一生です」

 

 

早く自動運転社会にならないかなー。続けてどうぞ!↓

自動運転になると社会問題解決のメリットばかり - 中山そーじろブログ

 

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

この記事読んで「まぁ良かったかな」と思ってくれた方、是非「いいね!」「シェア」お願い致します!!

意見・感想コメントくれたらめちゃ嬉しいです。

 

f:id:sohji-low:20181025144545j:plain

f:id:sohji-low:20181025144600j:plain

f:id:sohji-low:20181025144618j:plain

中山そーじろ(中山企画)

 

Ken Nakayama 4歳になる

どーも!中山そーじろです。

 

 

年末に息子のKen Nakayamaが4歳になりました。

 

 

 

f:id:sohji-low:20181228153241j:plain

 

 

 

同時に思うことは、

 

「もう別にいつ死んでもいいかな」

 

 

 

 

f:id:sohji-low:20181228153251j:plain

クリスマスと誕生日と正月が一週間のうちに来る毎日ご機嫌ゴールデンウィーク野郎

 

 

 

「子供は3歳までに一生分の親孝行をする」

 

 

と言われますが、本当にそうだなと(私は4歳)。

 

 

 

 

f:id:sohji-low:20181228153225j:plain

 

 

 

2歳半ぐらいまで、なんで泣いてるのか何を欲してるのか全然わからず、ひたすら戸惑い、

 

 

「もうクリーチャーじゃん!」と正直思ってました。

 

 

満足感て自分が起こしたことに良い反応があって初めて感じれる”返報性”のものなので、それをあまり感じれませんでした。

 

 

 

f:id:sohji-low:20181228153158j:plain

 

 

しかし意思疎通が取れて来て、好き嫌いがでてきて、

 

自分で考えたり、感情を表現することがうまくなっていき、

 

  

 

 

まー、かわいいし、

 

 

面白いんです。

 

 

 

 f:id:sohji-low:20181228153133j:plain

 

 

「親バカじゃない親はバカ」

 

 

という有名な格言がありますが(ウソ、私が作って言ってるだけ)、ホントそう。

 

 

別に特別イケメンとかじゃないし、一般的にモデルや天使級ではないことはわかってます。

 

 

しかし、そーゆーことじゃないんですよね。

 

 

f:id:sohji-low:20181228153106j:plain

 

 

 

世界一素晴らしくて

 

 

世界一クリエイティブなもんだなと。

 

 

 (もちろんあくまで「私にとって」です。皆さんの子供もそうでしょうし、愛があれば自分で生んだ子じゃなくてもそう思うはず。)

 

 

 

f:id:sohji-low:20181228153052j:plain

 

 

 

でも子育てってマジで面白くて(興味深いという意味)、

 

 

子供がグズってるときに「何がしたいの?」と言ってもグズり続ける、

 

でも「○○がいい?それとも××?」と聞いてあげると選んで笑顔になる。

 

 

ダメなことをしてるとき「ダメ!」と言うと続けようとするし無理に止めさせるとギャン泣きする、

 

でも「健がそれやるとトントン悲しいんだよ、えーんえーん!」とすると結構素直に止める。

 

 

 

「男なんてほっときゃ自然と育つわ」ぐらいに思ってたんですが、

 

 

親の心持ちとスキル次第と引き出し方次第で、

 

 

全然結果が違ってくる。

 

 

「こうやってクリーチャーから人間になっていくのか!」と(気づくの遅過ぎ)

 

 

 

f:id:sohji-low:20181228153032j:plain

 

そーゆーヒントがいっぱいあるモンテッソーリ教育の本をフガフガしながら読んでます。

 

 

 

イヤイヤ言ってっから全てがうまくいくわけではないけど、

 

だから面白い。

 

 

 

こんな面白いものない。

 

 

 

 

f:id:sohji-low:20181228153013j:plain

 

 

 

私はライヴも最初の出音が良ければ3曲ぐらいで満足メーターが95%ぐらい満たされちゃうし、焼き肉も最初の2キレぐらいでそうなります。

 

 

 

何でも初っ端にほぼ満足しちゃうので途中で終わってもそんなにダメージない性格なんです。

 

 

 

 

子供に対しても「もうほぼほぼ大満足。充分楽しませていただきました。」とゆー感じです。マジで。

 

 

まぁ、ちゃんと育てなきゃだし、将来一緒にキャンプでも行って酒飲みのはやりたいので死にませんけどね。

 

 

子供のためなら徹夜で幼稚園も並びます。続けてどうぞ。↓

幼稚園にひと晩並んでみて考えてみた「中央集権国家の限界」 - 中山そーじろブログ

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

この記事読んで「まぁ良かったかな」と思ってくれた方、是非「いいね!」「シェア」お願い致します!!

意見・感想コメントくれたらめちゃ嬉しいです。

 

f:id:sohji-low:20181025144545j:plain

f:id:sohji-low:20181025144600j:plain

f:id:sohji-low:20181025144618j:plain

中山そーじろ(中山企画)

 

年賀状3割減「そりゃそうだ。やりたい人が勝手にやりゃーいい」

どーも!中山そーじろです。

 

 

年賀状を出す人が少なくなってるそうです。3割減とのこと。

 

https://www.asahi.com/articles/ASLCX737NLCXPTIL036.html

 

 

f:id:sohji-low:20181225140421j:plain

 

 

 

そりゃそうでしょう。

 

 

 

面倒だし、お金かかるし、LINEあるし、付き合いや偉い人に出さなきゃいけない変な風習くだらないし、

 

 

 

そんなん個人の勝手、やりたい人だけが勝手にやりゃーい

 

 

 

 

f:id:sohji-low:20181225140518g:plain

どう考えても異常な数

 

 

 

「これは慣習文化だ、守らなきゃいかん」と強要することではない。今までの「みんなやってるからやらなきゃいけない空気」が異常だったわけで、

 

家族を持ったから出さんと、というのも別に関係ないでしょと思ってます。

 

 

 

暗黙の社内空気読めルールみたいのが解消されると、

 

「自分は偉いからその分慕われているはずだ(=年賀状みんなから来て当たり前だ)」というオッサンの勘違いを早いウチに訂正してあげれるのでむしろ良いでしょう。

 

そうしないと定年後に一転「実は誰からも慕われてなかった」事実に気づいてその落差で死んでしまうので。早めに気づかせてあげた方が良い。

 

 

 f:id:sohji-low:20181225140455j:plain

 

 

 

年賀状出さない派の声としては、

 

  • 「手間とお金だけかかって、正直もらっても嬉しくない」
  • 「まったく会うことも無い人に元気ですなんて書いて知らせる必要性を感じない」
  • 「出さないと失礼だと思って続けてるだけの人ばかり」

 

などなど

 

 

 

そりゃ辞めた方が良い。

 

なんで嫌なことをわざわざ時間とお金かけてやらなきゃいけないのか。

 

 

 

  

 

f:id:sohji-low:20181225140605p:plain

 

 

 

 

これだけ言っときながら私は年賀状出します。

 

理由は、

 

 

 

自分の友達、忘れちゃうから

 

 

 

会ってないとリアルに忘れちゃうんです(特にうつ病になってから記憶忘れが激しい)。

 

でもその中には「忘れたくない人、機会がないだけでいつか会いたい人」も結構いて、

 

 

 

一年を通してそういった人を思うキッカケが年賀状以外に無い。

 

 

 

付き合いで、偉い人だから、

 

そんなものは一枚も出しません。

 

 

「大切な、書きたい人にだけ」書きます。

 

 

f:id:sohji-low:20181225140635j:plain

 

 

「さて、誰に出そうか…」

 

 

電話帳とか見ながら選ぶわけですが、そこでじんわりと、

 

 

「あぁ、こんな自分と関係持ってくれる人がこれだけいてくれてありがたいなぁ、友達ゼロじゃないじゃん」

 

 

としみじみ感謝する時間でもあります。

 

 

 

普段意識してない感謝の気持ちが湧いてくるので良い時間なんです。

 

逆に「年賀状なんて無駄」と言い切っちゃう人ほど交遊関係への感謝の念が薄めな傾向にある気が…

 

 

 

まぁ、年末だったりなんだったり、

 

こうやって大切なことを振り返る“定点観測”の機会を自分のようなダメ人間は持った方が良いのです。

 

 

 

でないと

 

 

気づいたら誰も周りにいなくなっちゃうから。

 

 

 

 

f:id:sohji-low:20181225140725j:plain

 

 

ちなみに中山家の年賀状は毎年田貫湖。同じ構図で年を追う毎に家族が増えてって、30年後とかには孫とかも揃って撮れたりできたらいいな~なんてジジ臭いこと思ってます。続けば大切にするようになるので、それが年に一回、家族で集まる唯一の機会として機能するんじゃないかな?と。

 

 

未来はわかりませんが、今からいろんなトコに種蒔きしてきます。寂しがり屋なんで。

 

 

 

なので中山家から年賀状が来ても「ださない派」の方は返信無用です。届いてて、「迷惑だから送らないで」という方はお手数ですが連絡ください。

 

皆さんは正月休み忙しいんでしょうか。お時間ある方ぜひこちらもどうぞ↓ 

”会う価値があるオッサン”になりたい - 中山そーじろブログ

 

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

この記事読んで「まぁ良かったかな」と思ってくれた方、是非「いいね!」「シェア」お願い致します!!

意見・感想コメントくれたらめちゃ嬉しいです。

 

f:id:sohji-low:20181025144545j:plain

f:id:sohji-low:20181025144600j:plain

f:id:sohji-low:20181025144618j:plain

中山そーじろ(中山企画)

2019年の目標「子育て」何よりも最優先

どーも!中山そーじろです。

 

明けましておめでとうございます。

 

今年はブログを”メモ化”し、思ったことを多く発信していきたいです。

 

読んでくれている方々、本当に感謝。まだまだですができるだけ良い文章書けるよう精進します。

 

 

さて「元旦も365日のうちの1日。年越し年越し騒ぐのは毎日を大切に生きていない証拠」と言われようと、こうして改まったりする機会がないとダメな自動堕落人間なので今年の目標立てます!

 

 

f:id:sohji-low:20181228153434j:plain

 

 

2019年目標: 子育て

 

(2018年:積む 、2017年:土台作り)

 

 

来月に第2子が生まれる予定です。

 

 

第1子の際は焼肉屋さんでした。

 

平日は昼過ぎに出て行き、帰りは深夜3時。

土日は朝に出て行き、帰りは翌朝の6時。

 

店で全力を使い果たし、ボロボロな状態で帰宅する生活(週1で疲れ過ぎて車で寝落ち)。

 

 

そんな中、

 

旦那は家にいない(いる時も屍状態)

身寄りも知り合いもいない

地方なのに車もない

初めての子育て

 

 

奥様方には「お前殺す気か」と言われてもしょうがないぐらいに、

 

 

「孤育て」

 

 

させてしまいました。(そりゃやれることはやってましたがなんの足しにもならん極限レベルです)

 

f:id:sohji-low:20181228154213p:plain

 

 

「産後の恨みは一生」

 

 

とよく言われますが、一生恨まれてもしょうがないレベルの大変な思いをさせました。(24時間、言葉が通じない赤ちゃんとほぼ二人だけの生活が毎日続くのです。切れ目無く。本当に勝手ですが自分だったら死んでたと思います。)

 

 

今回はまさにリベンジ。

 

 

何よりも”子育て優先”な一年にします。

 

 

なので申し訳御座いませんが中山企画の皆様、職場の皆様、その方面は期待しないでください。 

 

f:id:sohji-low:20181228154428p:plain

 

 

 

他は何もやりません。

 

 

 

 

f:id:sohji-low:20181228154440p:plain

 

 

 

と言いたいところですが、子育てに必要なものはかける時間や思いだけではできません。

 

 

 

”心のバランス”

 

 

 

仕事と子育てだけの生活で充分楽しい!充実してる!とはなれません(ここははっきりと)、それだけだと病みます。

 

 

心のバランスを失い、余裕と謙虚さが無くなります

 

 

そうするとありがたいと思っていることにも素直に「ありがとう」と言えなくなり、ネガティブ思考に襲われ何でも嫌なところが目につく様になります。

 

 

 

「でもこれが大事なんだ!」と自分に言い聞かせ、殺し続けているとそうやって”常にイライラ人間”になっていきます。

 

 

 

それでは結局本来の目的である”子育て”はできない。(してても誰も幸せじゃなくなる。そりゃ踏ん張らなきゃいけないところもありますが。)

 

 

 

子育てしたきゃ、

 

子育て以上に、

 

自分の心のバランスキープに重きを置くべき

 

 

 

f:id:sohji-low:20181225150249j:plain

※もちろん自分だけのじゃなく、奥さんの心のバランスもです。半々です。

 

 

 

正月早々ブーイングされるでしょうが、本当にそう思います(それが難しい(ほぼ無理ゲー)なのわかった上で言います。でも諦めずに少しでも良いやり方探しましょう。)。

 

 

 

f:id:sohji-low:20180625175121j:plain

f:id:sohji-low:20180629170235j:plain

 

 

 

といいつつ”子育て最優先”なので遊ぶ予定も飲む予定も御座いません。

 

しかし人間として成長や楽しみの追及は諦めません。

 

 

何故ならそれが一番”子育て”にとっていいことになるからです。

 

 

という話でした。

 

 

なので基本遊びませんが心のバランスを失いそうな時、是非遊んでください!(自分で呆れるほどの自己都合)

 

 

 

本年もよろしくお願い致します!! 

 

 

家事や育児は本当に奥深い!続けてどうぞ!↓

家事や育児は「手伝う」ではなく「シェアする」じゃないとダメ - 中山そーじろブログ

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

この記事読んで「まぁ良かったかな」と思ってくれた方、是非「いいね!」「シェア」お願い致します!!

意見・感想コメントくれたらめちゃ嬉しいです。

 

f:id:sohji-low:20180921115947j:plain

f:id:sohji-low:20180921145938j:plain

f:id:sohji-low:20180927121432j:plain



中山そーじろ(中山企画)

 

2018年を振り返る「今年の漢字は【緩】」

どーも!中山そーじろです。

 

 

遂に2018年も終わり、今年を振り返ります。

 

 

 

f:id:sohji-low:20181107192155j:plain

まぁ子供がスクスク育ってくれば他はなんでもいいんだけど…

 

 

 

【2018年目標】: 積む (英語/朝型/自己表現)

 

※2017年は「土台作り」

 

 

 

f:id:sohji-low:20180625173845j:plain

 

 

 

【一番の思い出】: AIR JAM2018のハイスタ

 

何とマイホームよりもライブの方がヤバかった。生きてて良かった。チケ神大感謝。

 

 

 

f:id:sohji-low:20180921144129j:plain

 

 

 

【やったこと】

 

① 「中山家具」スタート: 3組納品

 

② 「(Let’s make a)TOAST!」スタート: 2回開催

 

③ 「酒蔵プロジェクト(仮)」スタート: 見学行っただけだけ

 

④ 「中山企画バンド」スタート: 1時間しか練習してない

 

⑤ 「つどいば-屯(たむろ)-」: 3回開店(集客28名ぐらい)

 

⑥ 「中山ブログ」: 90記事投稿

 

⑦ 映画館  : 4回

 

⑧ 登山: 天狗岳登頂

 

⑨ ライブ: 6回

 

⑩ 支援金: ¥86,906-(台湾大地震¥24,670-/西日本豪雨災害¥38,326-/UNHCR¥24,000-)

 

頻度や内容クオリティは置いておいて、やりたいことは徐々にできてきてます。大感謝。

 

 

f:id:sohji-low:20180214200554j:plain

 

【出来事】

 

① 中山家完成: 35年ローン開始

 

② 中山企画に花谷さん合流: 遂に4名体制

 

③ FIFAロシアワールドカップ: モドリッチが最高でした

 

④ 会社で昇進: 一個あがった

 

やっぱり「マイホーム」がでかい。環境は劇的に改善、スウェーデンハウス最高。

 

 

f:id:sohji-low:20181001193222j:plain

 

 

【出来なかったこと】

 

① 英語: やっぱりね

 

② 朝型: やっぱりね(お風呂掃除、洗濯物畳み、ゴミ出しする時間分は早くなった)

 

③ 筋トレ: やっぱりね

 

 

f:id:sohji-low:20181023103705p:plain

 

 

 

 

【所感】

 

確実に進めた良い年でした。

 

 

f:id:sohji-low:20181024194912j:plain

 

 

① メンタル回復

 

「元気そうだけど本当に鬱なの?」と言われます。

 

前半戦は本当に自殺寸前ぐらいキツく、人生終わったぐらいに思ってましたです。しかし家が建って、悩みながらも色々試して、徐々に状況も改善の方向へ。家族・友達・会社の理解と協力が無かったら絶対にここまでの回復は無理でした。本当に感謝。

 

でもその上で言えることは、

 

 

「諦めなかったのは自分」

 

 

 

 f:id:sohji-low:20181001194613j:plain

 

 

これは褒めれます。自分で決断し模索し続けた。まだ完治には時間かかると思うけどね。

 

 

 

ありがとう諦めの悪い自分よ。

 

 

f:id:sohji-low:20180904135640j:plain

 

 

 

② なんか緩くなった「今年の漢字は【緩】」

 

世間の問題やクソみたいな出来事は減るどころか増え続けてます。

 

でも「いちいちイライラしてもしゃーないから、できること考えてやろうよ」となってきました。

 

 

 

イメージ的には「丸くなった」ではなく、「緩くなった」。

 

 

 

f:id:sohji-low:20180904134201j:plain

 

 

怒ることは怒るし、おかしいことはおかしいと言ってく、

 

自分の芯はブラさず、諦めるつもりも毛頭ありません。特に環境問題と戦争にはより具体的に行動していきたいです。

 

でもなんか徐々に無用なストレスは溜まらなくはなってきた。

 

 

 

ハゲがいっぱいできたり、何を食べても味がしなくなったり、帰りに体が動かなくなったり、悲しくないのに涙が止まらなかったり、手の震えが止まらなかったり、死にたくてベッドから出れなくなったり…

 

 

 

f:id:sohji-low:20180629165929p:plain

 

 

 

それだけ辛かった分、

 

諦めずに生きて、闇からちょっと抜けれてきた実感ができたからこそ生まれて来た【余裕】なのかも知れません。わからないけど。

 

 

緩くて柔らかいんだけど、突っ張らなきゃいけない時はしっかりホールドする登山ロープみたいなのが理想のイメージです。

 

 

まだまだまだまだですけどね。

 

 

f:id:sohji-low:20180904133732p:plain

 

 

現状から逃げず

 

何をしたいのか

 

どうなりたいのか

 

何が必要なのか

 

どうすればいいのか

 

常に考えて

 

やりたいことの袋の中から

 

できることだけを選んで

 

無理せず

 

できることの少ない日は

 

少なくなにかをして

 

「積む」

 

続ける

 

 

 

もちろんできなかった(積めなかった)ことも上手くいかなかったこともいっぱいあります。

 

 

f:id:sohji-low:20180629170522g:plain

 

積み重ね無しに、劇的に何かが変わることなんて無い

 

 

 

この方向性で合ってるし、私にはこーゆーやり方が合ってる実感ができた、

 

 

 

そんな一年でした。

 

 

f:id:sohji-low:20180625175121j:plain

 

 

 

遊んでくれた皆さま、このブログ呼んでくれた皆さま

 

ありがとうございました~

 

良いお年を!また!

 

去年の振り返り記事。見比べると違いがあって面白いです。是非。↓

2017年は「土台」、2018年は「積む」 - 中山そーじろブログ

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

この記事読んで「まぁ良かったかな」と思ってくれた方、是非「いいね!」「シェア」お願い致します!!

意見・感想コメントくれたらめちゃ嬉しいです。

 

f:id:sohji-low:20181025144545j:plain

f:id:sohji-low:20181025144600j:plain

f:id:sohji-low:20181025144618j:plain

中山そーじろ(中山企画)

 

来年はブログをメモ帳にする

どーも!中山そーじろです。

 

 

ブログって記事ではなく”記録”だな

 

 

f:id:sohji-low:20181225150212p:plain

 

 

 

今年を振り返ろうと思った時にブログをザーッと見返してみてその”記録”としての機能の優秀さに気づきました。

 

 

ブログ=今年のトピック

 

になってる。

 

 

 

 

ブログとは別で、漫画「宇宙兄弟」に出てくるカッケーおっさんが、

 

「今のは心のノートにメモっとけ」

 

 f:id:sohji-low:20181225150249j:plain

 

 

ってゆーのが好きで印象に残った名言などを去年から書き溜めてます。

 

 

f:id:sohji-low:20181225150310j:plain

中山”心のノート” 

 

 

 

こーゆー記録が無く生きてると、一年振り返った時に、

 

「何やったかな?何も思い出せん…」となる。

 

 

365日もあったのに何やったかも思い出せなく、去年と何が違うのかもわからないのはマズいわけで、

 

 

「一体オレは一年間、何をやっていたんだろうか…」と自己嫌悪になり、それを「まーいっか」と酒で流すのが通例でした。

 

 

f:id:sohji-low:20181225150359j:plain

「何も思い出せん…」

 

 

記録をとって見える化すると、ちょっとは何かをやった自分を褒めれるし、確実に進んだ、変わった部分もわかります。

 

 

ならば、

 

 

”ブログをメモ帳にしちゃう”

 

 

 

 

f:id:sohji-low:20181225150748p:plain

 

 

「気づいたこと」「なんか感じたこと」「思い出」

 

良いことも悪いことも全部ブログにぶち込んで振り返るのが一番効率いい

 

逆にブログに書くほどのことじゃないものは人生の中で別に忘れてもいいこととなる。(日記は必要ない)

 

 

 

この歳になるとどの年に何をしたなんて全部グチャグチャ。ブログ見てても「そういえばあったな」ばっかり、記憶なんて当てにならない。

 

 

特にうつ病になってからは本当に記憶がひどい。(うつ病になると自律神経がやられて記憶障害が起こります。自律神経は自然再生しないので一回やられちゃうとなかなか回復しない。)

 

 

f:id:sohji-low:20181204113432p:plain

 

 

今まで私の中でブログは「見せ物」という意識があったので「記事として成り立つぐらいのネタじゃないと…」というのがあったのですが、

 

 

 

ブログを作品と位置づけするよりも

 

 

 

あくまで”記録”、メモ帳

 

 

 

そっちの方が最終的に有益だな、そう使おう。と決めました。

 

 

 

 

忘れる前に書き留めて、それを定期的に振り返って、一個一個確実にモノにしていく。

 

その積み重ねができてれば、

 

新しい試みなんて特にいらない、

 

自然と成長しているはず。

 

 

f:id:sohji-low:20181225150932j:plain

 

 

去年の自分と何が変わったのかわからないってことは、

 

何も考えず、何も学ばず、何も身に付けず、

 

ただ何となく生きてるだけと同じということ。

 

 

f:id:sohji-low:20181225151002j:plain

 

 

 

別に人間は成長するためだけに生まれてきたわけじゃないし、意味ない、無駄な日々も大切だからそんなに「成長!成長!」とせかせかするのは嫌ですが、

 

 

 

それでも「何もなかった年だったな…」より「これはできたな」と思える一年の方が嬉しい。そう思ってしまうのも人間。

 

  

 

 

f:id:sohji-low:20181225151033j:plain

これにいっぱいヒントが載ってそうなので年始に読みます。

 

 

 

 

なので来年は多分すごいいっぱい書く。

 

いよいよ私以外の人の読む価値なくなるかもですが、目的が「吐き出すため」から「記録するため」にちょっと変わっただけです。

 

 

それでも読んで頂ける方、本当にありがとうございます。

 

これからもよろしくお願い致します。

 

 

 記憶の果てにあったものがグワー!と思い出せるんです。是非。↓

今年も残り3ヵ月。ブログ始めます。 - 中山そーじろブログ

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

この記事読んで「まぁ良かったかな」と思ってくれた方、是非「いいね!」「シェア」お願い致します!!

意見・感想コメントくれたらめちゃ嬉しいです。

 

f:id:sohji-low:20181025144545j:plain

f:id:sohji-low:20181025144600j:plain

f:id:sohji-low:20181025144618j:plain

中山そーじろ(中山企画)

 

 

 

村上春樹は何故面白いエッセイが書けるんだろうか

どーも!中山そーじろです。

 

 

村上春樹のエッセイが好きです

 

 

f:id:sohji-low:20181225185200j:plain

 

年末になってくるとなんか緩い内容の本を読む癖が(去年は糸井重里のエッセイ)。

 

「今更自己啓発とかしたとこでもう年末だし」

 

というサボりたい気持ちがあるのでしょう。 

 

f:id:sohji-low:20180904135311j:plain

 

 

「なんか頭使わず、いい気分になれるの読みたいな~」となると、大体椎名誠村上春樹のエッセイになります。

 

 

f:id:sohji-low:20181225185306j:plain

 

 

 

あとがきで、

 

「こんなどうでも良い内容の文章をどのもの好きが読むのだろう」みたいなこと言ってます。

 

確かに、

 

糸井さんはコロッケについて、村上春樹は中古レコード探し、椎名誠は酒の飲み方について語ってます。

 

 

 

今風に言うと「誰得」

 

「無駄」と言われても認めざると得ないとても気の抜けた内容たち。

 

 

 

でも面白い。頭良くて、知識と経験が豊富な自由人が気を抜いて書くものは視点も考えもヘンテコなのでとても面白いのです。

 

 

f:id:sohji-low:20181225185339j:plain

普段はすごい人

 

 

でも不思議なのは、

 

頭の中は「伝えたいこと」「物事の真理」「哲学」みたいなことでいっぱいなはずなのに

 

 

「なんでこんなに気の抜けたいい感じの文章が書けるんだろう」ということ。

 

 

 

普段いつも

 

「自分のブログは長いし、説教臭いし、なんでも書き過ぎる、

 

でも伝えたいこと最低限で書いてもああなっちゃうんだよな~」

 

と悩んでます。

 

自分が読んだって「長ェな、こんなん読む気せん」と思うんですから。

 

 

 

f:id:sohji-low:20181225185428j:plain

こんな雰囲気です、最高な塩梅

 

 

 

でも今回、

 

「あぁ、あの人たちはもっと注力しているメインの表現媒体が他にあるからだ」

 

と思ったんです。

 

 

 

f:id:sohji-low:20181225185505j:plain

間違いなく緩いだけじゃない人

 

 

 

メインの方にちゃんと注力して消化、昇華できてるから

 

遊び的なエッセイでちゃんと遊べる。

 

 

  

最近、

 

「ブロガーがブログのために作り出す内容のブログはツマラない」

 

「Youtuberが自分のチャンネルのために作り出す内容もツマラない」

 

という声を目にします。確かに。潮目が変わってきてる兆候かと。

 

  

 

 

またネット上で偉そうに論じてるだけの人の話は聞き飽きた感があります。

 

 

f:id:sohji-low:20181220203434j:plain

 

 

 

何が言いたいかというと、

 

 

 

「メインのことをもっと注力してやらないと、一生自分の中のコンテンツが育たず、面白くなれない」

  

「面白い文章は、本人が面白くないとできない」

 

 

 

ということ。

 

f:id:sohji-low:20181220203611j:plain

 

 

 

なんかもっとトライしてかんとな…

 

と思った次第でした。

 

 

 

「生産性がない」「無駄」というのが年々好きになってきてます。

 

逆に「昨日よりも今日!今日よりも明日!」とか切迫感ある言葉が苦手になってきてます。

 

 

f:id:sohji-low:20181220203434j:plain

 

 

「人間て、そんなに全員が成長を目指さなきゃいけないんだっけ?」

 

とリアルに思ってきてますし、

 

 

 

「そーゆーことばっか言ってるヤツに限って口だけのヤツが多い気がする。何故なら私がそうだから。」

 

と。

 

 

f:id:sohji-low:20181225151002j:plain

 

 

 

何も頑張ってない状態でこれ言っちゃうとただのダメですが、何か頑張っててみんなその努力を認めている人がそう言っちゃうのは素敵だと思うんです。

 

 

f:id:sohji-low:20181122162700j:plain

 

 

だって「コロッケってなんでこんなに完璧なんだろう」とか書いて「素晴らしい!」って評価されるんだからそれほど羨ましいことないですもの。

 

 去年の鼻フガフガ感と言ったらない。↓

【2017年出来事:その10】アップデート~情報革命についてくために~ - 中山そーじろブログ

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

この記事読んで「まぁ良かったかな」と思ってくれた方、是非「いいね!」「シェア」お願い致します!!

意見・感想コメントくれたらめちゃ嬉しいです。

 

f:id:sohji-low:20181025144545j:plain

f:id:sohji-low:20181025144600j:plain

f:id:sohji-low:20181025144618j:plain

中山そーじろ(中山企画)

 

「サンタクロースは本当にいた」という話

どーも!中山そーじろです。

 

 

今年の中山家のサンタさんはわざわざインターフォン押して来ました。

 

 

f:id:sohji-low:20181225203943j:plain

 

 

子供ももう4歳になるので自意識があり、

 

「良い子でいるとクリスマスにサンタさんがプレゼントを持ってきてくれるんだよ~?」

 

という話を理解でき、とても楽しみにその日を待つわけです。

 

 

f:id:sohji-low:20181225204017j:plain

 

 

グズッたりしてる時に、

 

「そんなことだとサンタさん来てくれないぜ~?」

 

と言うと泣き止んだりする姿を見てニヤニヤするのが親の楽しみ。

 

 

f:id:sohji-low:20181225204039j:plain

夜が待ちきれず昼から食い出すケーキ野郎

 

 

 

子供のそういった純粋さって本当にカワイイです。

 

 

 

私は「サンタさんの存在を信じる」っていうことは

 

とても大切なこと

 

と思っておりまして、なるべく信じさせたい。

 

 

f:id:sohji-low:20181225204104j:plain

 

 

何でかというとですね、

 

 

“サンタクロース“という架空の存在を通して

 

親にも子供にも感動が訪れるから

 

なんです。

 

 

f:id:sohji-low:20181225204128j:plain

手作りも楽しみのひとつ

 

 

これ今年親として初めてちゃんと“親として”実感したことなんです。

 

親になってみて初めてわかったわ~!というところ。

 

 

 

子供はご存じのとおり信じるし、実際プレゼントが来たら目をキラキラさせてめちゃ喜ぶじゃないですか。

 

それは自分もそうだったし、想像できてたんですが、

 

 

 

これ、“親も”プレゼントもらってるな…

 

 

 

f:id:sohji-low:20181225204150j:plain

アメリカ人並みの勢いの良さ

 

 

子供がサンタさんが来てくれるようにお願いしてる姿とか、ちゃんと良い子でいようって思う純粋な気持ち、

 

普段は買ってもらえないようなプレゼントを、おもちゃ屋行ってはその度に「欲しいー!」ってギャン泣きしてた子供が、我慢しようと毎日自分に言い聞かせてる成長した姿(毎日チラシを眺めて気持ちをやり過ごす)、

 

本当に「サンタさんが来たー!」と飛び回って喜びを爆発させてる姿、

 

 

 

そんな姿を見てて、成長を実感し、

 

 

親は本当に感動するんです。

 

 

単純に嬉しい。

 

 

f:id:sohji-low:20181225204214j:plain

 

 

 

35歳で思いましたよ。

 

あぁ、サンタクロースって姿はないけど本当にいて

 

こうやって親と子供に「感動をプレゼント」してくれるんだなーと。

 

 

f:id:sohji-low:20181225204236j:plain

クリスマスと言えば奥さんのラザニアなのです。旨い、感謝。

 

  

子供は架空のサンタクロースを“存在”として信じるじゃないですか、

 

それがいつか「サンタクロースは実在しない」と気づく。

 

気付いた時はショックだし、「騙された」って思う人もいるかもだけど、

 

 

 

でもその「サンタクロースという存在を信じるようにしてくれた親の気持ち」は心の中にちゃんと残っていて、

 

それが歳を重ねるにつれ「夢見させてくれて楽しかったな、親に感謝だな」と思ってくる。

 

 

f:id:sohji-low:20181225204311j:plain

タンドリーチキンは魚焼き器でお手軽に

 

 

そしてそれは“良い思い出”となって心の中に残り、

 

自分に子供ができたときに「自分も子供にやってあげたい」と自然に思うようになる。

 

 

 

結果子供にも親にも“感動”が訪れる。そしてそれは継承されていく。

 

 

 

なんか笑っちゃうぐらいに“プラスのループ”じゃないですか。

 

全員ずっと幸せになる連鎖が続く。

 

 

f:id:sohji-low:20181225204342j:plain

すごい規模になってきた…

 

 

いい歳のオッサンにとっては、

 

サンタが実在するより、親がサンタだった方が感動する話

 

なのです。

 

 

f:id:sohji-low:20181225204407j:plain

そんなことは微塵も頭にないケーキ丸食い野郎

 

 

結論は…

 

 

 

サンタクロースは(実在はしなけど)いる

 

 

 

です。以上!

 

本当にクリスマス、良いイベントです。

 

 

 

ちなみに中山家のサンタさんはわざわざインターフォンを押して来てくれました。

 

①私が隙を見て外に出ていく

 

②玄関外にプレゼントを置く

 

インターフォンを押す

 

④奥さんが「ピンポン鳴った!サンタさんかな!?」と煽る

 

⑤子供、玄関に猛ダッシュ

 

⑥私は急いで家の裏手に回り、子供が玄関開けるタイミングで窓から侵入

 

⑦子供大喜びで家の中にプレゼントを持ってくると私がソファーでくつろいでいる

 

⑧「トントン!(私の呼び名)サンタさん来たー!」と大喜び

 

⑨「そうか、来たか。良い子してたからな、よかったなー!」とナデナデ

 

 

 

姿は見せない

 

寝てる間でなく起きてるうちに来る

 

 

f:id:sohji-low:20181225204436j:plain

良かったな~

 

 

これがリアル感増すと思って今年はインターフォンバージョンで大成功。

 

来年はどうするか…また楽しみです。

 

皆さまも良いクリスマスを!!

 

 こちらも続けてどうぞ!↓

クリスマスが今年もやってくる「あれは宗教じゃなくて文化」 - 中山そーじろブログ

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

この記事読んで「まぁ良かったかな」と思ってくれた方、是非「いいね!」「シェア」お願い致します!!

意見・感想コメントくれたらめちゃ嬉しいです。

 

f:id:sohji-low:20181025144545j:plain

f:id:sohji-low:20181025144600j:plain

f:id:sohji-low:20181025144618j:plain

中山そーじろ(中山企画)