sohji-lowブログ

we do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing. 人は老いるから遊ばなくなるのではない、遊ばなくなるから老いるのだ

38歳、スケボー始める

どーも!sohji-lowです。
 
 
 
スケボー楽しい
 
 
 
38歳の誕生日プレゼントにスケボーを買ってもらいまして、平日夜にコソコソと練習を始めたんです。それがすごい楽しいという話。
 
 

f:id:sohji-low:20210909165749j:plain

 
 
1)20年ぶり
 
高校の時にちょっとだけやっておりました。
 
2000年前後、当時ハイスタなどの国内のメロディックパンクが好きなら次に西海岸パンクを聴く様になり、そのままストリートファッションやサーフミュージック、そしてスケボーに繋がっていくのは自然な流れでした。
 
AIR JAMなんかがその典型例ですがそれぞれのカルチャーがクロスオーバーしていたとても刺激的な時代。
 
私も周りと同じくパンクのミュージックビデオに良く出てくるスケボーのカッコ良さにキュンキュンして始めたのですがとてもファッション的な動機でして、
 
大して練習もせず、結局オーリーどころかチックタックも満足にできないままデッキが股に思いきり刺さった衝撃と共にフェードアウトしました。
 
 
私は元来「ギターやスケボーというあの形がとにかくカッコ良くて好き、身に付けるだけの自己満、ただのカッコつけ」の要素がとても強い人間でして、本当に恰好だけの舐めた学生でした。
 
「結局何事も積み重ねて頑張らなきゃ楽しくならないし続かない」と知ったのはオジサンになってからです。
 
 
 
2)再熱
 
20年の月日が経ち、見事にオジサンになった私が去年の年末頃出会ったのがKUZIRAというパンクバンド。
 
このThe Othersideという名曲のMVの中で久しぶりにスケボーを見て、
 
「やっぱカッケーな!」とスケボー熱が再燃焼。
 
 
 
それから「おじさんがスケボー始めてみた」みたいなYoutubeチャンネルを見ては勇気とワクワクを頂戴し、「改めて真面目にやってみたいな」と思っていたのですが私の所持金では買えず、半年ぐらいの月日が経ち、誕生日を待ってやっとこの度ゲットしたわけです(小学生みたいですが)。
 
結果、見事に「オリンピックに感化されたオジサン、スケボー始める」みたいなタイミングとなってしまいました。
 
 

f:id:sohji-low:20210909165819j:plain

ベンチャーなら間違いない」とYoutubeのお兄さんが言っていたので…
 
 
3)ただ乗ってるだけで楽しい
 
始めたばっかなので満足に乗れません。オーリーどころかチックタックでさえも上手くできません。
 
そんなレベルでも何回もやっていると徐々に最初よりも乗れるようになってきて本当に面白いし嬉しい。
 
汗だくになって夢中でやってる自分に気づき、「こんな感覚いつぶりかしら?」となってます。
 
 
スケボーに乗って移動することをクルージングと呼ぶのですが、
 
20年ぶりにオーバーサイズのTシャツ着て、gravisのシューズ履いて、
 
夜に運河沿いをプッシュしながら、秋のニオイや風を感じて、
 
「おお、これぞナイトクルージング…気持ちいいわ」とニヤニヤしてます。
 
 
 
4)そしてジムを辞めました
 
「一体何個趣味あるんですか?(2人も子供いるくせに)」と会社の後輩に言われました。
 
確かに…ギター、キャンプ、山登り、ブログ、日曜大工、ライブ、フェス、映画、サウナ、酒など
 
 
土日は家事育児で練習できないので、チャンスは平日夜のみ、
 
映画も観たいし英語の勉強や残業もしなきゃいけない中でジム行って、ギター弾き語りの練習して、更にスケボーは無理です。
 
 
スケボーを1時間ぐらいやったらもう筋肉はプルプル、体中汗だくです。
 
「こんだけ楽しく汗掻けるならジムいらないじゃん」と気づきました。あとは家でプランクと腕立てするだけで十分。
 
 
元々ジムに行き始めたのはストレスでアル中+暴飲暴食になり激太りしたからです。
 
一年通いまして激太りはなくなりましたが結局筋トレもランニングも好きにはなれませんでした。緊急事態宣言による時短営業などもあり結局週2回ぐらいしか通えてません(1回ちょっと筋トレしてランニングしてサウナ入って1000円強、もったいない)。
 
 
しかし運動の継続は体型維持、健康のためにも必要です。
 
その運動をスケボー練習にしてしまえば…
 
「ジム代の月8700円が無くなって、プラススケボーが上達するってことか!」
 
と閃き、即退会しました。
 
スケボーが上手くてお腹出ていないヤンチャおじさん目指します。
 
 
 
5)ワクワクを求める理由
 
先日の星野源のANN(MC Wakaの回)にて
 
「所(ジョージ)さんが常に新しく楽しいことばっかりやってるのって、日常でツライことが多過ぎるから、それを乗り越えていくために必要だから、って感じがする」
 
と言っていて頭がもげるほど頷きました。
 
 
 
もう毎日「安倍が高市を」「岸田が発言撤回」「麻生と河野が会談」「緊急事態延長」「フェス中止延期要請」とかもう本当にうんざりすることばかりです。
 
好きなことも思うようにできないし、仕事も大変だし、毎日を乗り越えるので精いっぱい、
 
眠れない夜には「何のために生きてるんだ…死にたい」と絶望しております。
 
 
 
私の心の名言集のひとつにバーナードショーの「酒は人生という手術を耐えさせてくれる麻酔薬だ」があるのですがまさに、楽しいこと探して誤魔化していかないと辛くて生きていけません。
 
 
よく「いっぱい趣味があって人生楽しそうですね」など言われますがとんでもない、
 
「そうゆーことでもやってかないとツラくて生きていけないから」なのです。全然ポジティブなものじゃない。
 
 
 
とにかくスケボー、続けて上手くなりたいなーと思います。
 
 
では!
We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.
 
 

映画感想文「花束のような恋をした」あるある!わかるわかる!の連呼

どーも!sohji-lowです。
 
 
 
「あるある!わかるよその感じ!」を深夜に連呼しました
 
 
 
恋愛映画は感動ポルノのようなものばかりなので昔から基本的に観ないのですが、あまりに絶賛されたので今更ですが観ました。名作でした。
 
 

f:id:sohji-low:20210903153754j:plain

 
 
1)自然と生まれてくる共通の感覚やツボ
 
本編ではカップル二人が小説・音楽・映画などの共通の趣味で近づいていくのでそういった固有名詞がモテキ並みにどんどん出てくるのですが、
 
その位置付け、使い方がいちいち適格過ぎる!
 
と唸っていました。
 
 
 
映画は序盤で押井守の存在を知っている人と知らない人で世界を二分割します。
 
しかも「好き嫌いに関わらず世界的に一定の評価を得ている監督という認知はあってしかるべきです」というセリフから見える解釈・位置付けが最高に適格だと思いました。
 
 
 
私もポップカルチャーサブカルチャー詳しいわけではないですが、「好きならここは最低限抑えてる」というラインは存在します。
 
「マスト」と呼ばれる作品たち、それらをある程度通過した人たちは何かしら「共通の感覚やツボ」を所有している気がします。
 
 
 
同じシーンやムーブメント、歴代のマスト作品たちを通過した人とは共通の感覚やツボがあるので話が食い違わず、安心土台の上で自然と盛り上がります。
 
全然恋愛ではないですが昔初めて会った人と今までに行ったライブが30個ぐらい被ってて「実はめっちゃ会ってたんだね~」と盛り上がったのを思い出しました。
 
 
 
そういった人とだと世間的には同じように見えるバンドでも「あれは良いけど、あっちは聴けないよね」というラインが不思議と一緒になってきます。
 
何がという明確な基準は無くとも「あのバンドは確かにサマソニだわ、フジじゃないね」とか「あれチェックしてるならこれももちろん行ってるよね」みたいな会話に自然となります。
 
 
 
なんでなのかはよくわかりませんが、そういった感じが好きだし、文化が生み出している人間関係における一番尊い感覚だと思います。
 
 
 
映画にサブカルものを多く取り入れると「いや、それは同じ本棚に並ばないっしょ」というものが一個混じるだけで一気に冷めてしまう綱渡りのようなリスクがありますがこの作品はそれが無く、とにかく見事でした。
 
こういった作品を通して生まれる共通の感覚とかツボをここまで自然に描いた作品てなかったんじゃないの?
 
と感服です。
 
 
 
2)結局はみんな他人、という真実
 
「音楽ってのはステレオなんだからイヤホンの右と左で鳴ってる音が違う、二人で同じ曲を聴いてるつもりでもそれはもう別の曲なんだ」
 
私もイヤホン片耳ずつで聴いてるカップル見て「アホカップルが」と思っていた学生でした。
 
 
 
イヤホンが二人を結びつける道具だったのが、途中から逆に二人を断絶する道具となり、
 
最終的には「全てを共有しているつもりだったけど、結局それぞれ違ったものを見ていた」という人間関係の深い真実と本当のメッセージを表現するためのメタファーだったとは…
 
「小道具使った構成と意味変表現上手過ぎ!」と唸りました。
 
 
 
この「結局はみんな他人」という感覚は私とても共感するところで、
 
家族なんだから運命共同体なんだ、だから仲良くしなければいけない、とか、
 
「いや、家族でも合う合わないあるでしょ。そういった縛り無しに、合う人と過ごしてった方が幸せなんじゃないの?」と思ってしまいます。
 
 
 
でも、
 
「全く同じものを共有なんてできない」という大前提の元で、
 
「でも今この瞬間は同じ感動を共有してるかも!」と確信めいて感じられる瞬間があります。
 
それが勘違いだとしても!という感覚が一番愛おしい。
 
 
 
叶わないとわかっていても「願う」「想う」「祈る」ってのはとても美しいと思います。それを愛と呼ぶんだと思います。
 
 
 
3)「わかる!」が連発し過ぎでむしろ苦しい
 
「ワンオク好きか?」→「聴けます」
 
そう!別に興味もないし好きでもない自分に嘘付きたくはないけど好きな人不快にさせるのも良くないしな、ってなると「聴けます」みたいな変なコメントになるよな~
 
 
とか、
 
 
「あなたたちか、この世にどうしようもない実写版を作り出しているのは」
 
そう!自分の中の偏愛が勝手にマジョリティの仮想敵作り出しますよね。どこかで見下していて、どこかで負い目を感じてる目に見えない人々。
 
 
とか、
 
 
「じゃあ行くよ」→「じゃあ、ならいいよもう」→「なんだそりゃ、お前が行きたいって言ったんじゃねーかよ」
 
めちゃわかる。何度これで喧嘩したことか…
 
 
とか、
 
 
終電前の明大前、調布、多摩川沿いの風景
 
今が続けばいいな、社会出たくないな、のモラトリアム
 
「絶対に叶えたい夢」ではなく実は「惰性の先にある何となくの願望」の感じ
 
「いつまで学生気分なんだよ」と言われたくない自分、と他人に言いたくなってしまう時の自分
 
社会人初期の葛藤、本屋でチェックするのが趣味の本から自己啓発本に変わってく感じ
 
自由と責任
 
などなど
 
 
大して頭の良くないあそこら辺の大学の軽音サークルだった私にはこの映画の中のほとんどが「あるある」でした。
 
 
唯一、大学時代にあんな素敵な恋愛もしてなれば彼女もいなかったのだけが違うぐらいで…(やり直せるならば次は絶対ひとり暮らしする)
 
 
 
4)恋愛と結婚の違い、幸せとは
 
麦「ずっと同じだけ好きでいるなんて無理だよ。そんなの求めてたら幸せになれない。喧嘩ばっかりしてたのは恋愛感情が邪魔してたからでしょ。今家族になったら、俺と絹ちゃん、上手くいくと思う。子供作ってさ、パパって呼んで。ママって呼んで。俺、想像出来るもん。三人とか四人で手を繋いで多摩川歩こうよ。ベビーカー押して高島屋行こうよ。ワンボックス買って、キャンプ行って、ディズニーランド行って。時間かけてさ、長い時間一緒に生きて。あの二人も色々あったけど、今は仲のいい夫婦になったね。なんか空気みたいな存在になったねって。そういう二人になろ。結婚しよ。幸せになろ」
 
 
結婚は恋愛の延長線上にあるのか…
 
 
それとも別の形のものなのか…
 
 
一瞬真面目に考えましたが、
 
 
わからないし、結婚しちゃってるからもうその違いはどうでもいいんだな、
 
 
だから恋愛映画に興味ないのか…
 
 
と改めて気づいた次第です。
 
 
 
しかしメタ表現での小道具の使い方、伏線の鮮やかな回収、曲選での種族の違いの表現(セカオワvsきのこ帝国)、主人公二人のナチュラルな演技、
 
3回観ましたが、観れば観る程溜め息出ちゃうぐらい見事な作品でした。
 
 
 
有村架純ってこんなに演技上手い女優さんだったのか」
 
「好きなものが同じなのより、嫌なものが同じ方が続くんだろうな」
 
「お互いに求めて期待するのが恋愛、割り切ってそれぞれ自己で納得するのが結婚だったり?」
 
「とにかく恋愛と結婚の違いに悩むような歳ではもうないのだな」
 
「こんな枯れた感覚だと浮気とかしようとも思わない(できない)ので平和で良いかもだけど、果たしてそれでいいのかしら…」
 
 
など色々と思った映画でした。
 
 
 
 

映画感想文「東京クルド」多様性と調和には程遠い今の日本

どーも!sohji-lowです。
 
 
 
人種や所属ではなく「個人として判断」
 
 
 
結構前ですが映画「東京クルド」観てきました。
 
日本で難民申請をしているクルド人の若者二人の物語を通して日本の難民問題を描いた作品です。
 

f:id:sohji-low:20210830153340j:plain

 
 
日本での難民問題については5月頃の入管法改正案が多くを知る機会となりましたが現状の日本の姿勢は本当に酷い。
 
これは大人たちは認識して絶対変えていくべき問題だと思います。
 
 
 
1)日本の低い難民認定
 
まず日本は難民認定率があり得ない程低く、0.4%
 
カナダで55.7%、イギリスで46.2%、トランプ政権化のアメリカであっても29.6%でした。
 
 
難民というのはニュースでも良く見るロヒンギャ、シリア、ミャンマーなどなど「その国では殺されたり投獄されたりするリスクが高かったり、衣食住が奪われ暮らせなかったりして海外に逃げなければ生きていけない困ってる人たち」です。
 
 
色々問題などありますが、世界的には(というか人道的に)「みんなで協力して救っていきましょう」という流れの中、日本は全くと言って良い程受け入れをしていません日本は治安も良く恵まれた国なので移民先としてとても人気があるのにです)。
 
 
 
もちろん欧米でも問題になっているように過多な難民受け入れが現地の人間の職を奪ってしまったり、テロ組織員だったりなどの問題はいっぱいあります。
 
 
しかし既に難民2世=幼い時に日本に来て日本で育ち日本の学校に通ってきた「もうほぼ日本人」という人たちもいっぱいいるのです。あと日本でずっと暮らしてたのに仕方無しな事情でビザが切れちゃった人も。
 
 
そういった「誰が見てももう日本で普通に暮らしちゃって問題ないでしょ」という人たちも日本は受け入れていないのが現状です。
 
 

f:id:sohji-low:20210830153511j:plain

 
 
 
2)難民は受け入れないが都合の良い労働者は受け入れる
 
行き場を失い困っている難民は受け入れませんが日本に都合の良い労働者は”外国人技能実習生”として数多く受け入れており40万人を超えると。
 
表向きには「日本の最先端の技能を習得して頂いて母国の発展に活かしてもらう」ですが、背景はもちろん日本の少子高齢化による労働人口減少を手っ取り早く補うのが目的です。
 
 
難民受け入れだと家族全員で定住されてしまい国の社会保障対象となってしまいもったいないので若い個人を実習生として「期間は数年のみ、転職などは認めない、家族など連れてきてはいけない、しっかり働いてさっさと帰れ」という内容で手軽で激安な労働力を得ているわけです。
 
 
「外国人実習生は好き勝手に使って良い」という意識が受け入れ雇用者にもあり、転職ができないことをいいことに日本人が毛嫌いするような過酷な労働環境に放り込んだり、パワハラ・セクハラなどの問題が数多く起こっています。
 
 
国際社会からは「奴隷制度だ」と激しく指摘されていますが日本の姿勢は変わらず。今の日本ではこの実習生がいなければ完全に回らない構造になってしまっています。
 
 
そんな「なんて卑怯」と思う国の政策が作り出した社会構造の上で私たちは毎日恵まれた生活を送っています。
 
なので外国人の不慣れな店員さんがいたとしても皆さん怒らず、「もしかして…?」とむしろ感謝すべきです。
 
 

f:id:sohji-low:20210830153750j:plain

 
 
 
3)非人道的な入管施設
 
日本に救済を求めて国を逃れてきた難民が駆け込むのが”入管”という施設です。ここで難民申請をして認定されるのを待ちます。
 
この入管施設が本当に酷い現状で、申請者には信じられない酷い発言や対応を取り続け、根拠説明なく強制収監したりしています。
 
 
施設内では非人道的な扱い、無期限で説明もなく、適正な医療も与えずに過去に何人もの人が精神疾患や病死、自殺などに追い込まれています。
 
 

f:id:sohji-low:20210830153824j:plain

 
 
3月に名古屋施設内で病死したスリランカ人のウィシュマさんの事件への調査で入管側は事実を隠蔽・改ざんしようとしてきましたが、
 
施設内で病気となり嘔吐を繰り返しご飯が食べれない状態になっても医療提供せず体重は15.5kg減、本人から点滴して欲しいという要望も受け入れず、牛乳を飲ませるも体が受付なく嘔吐し鼻からこぼれた様子を見て職員が「鼻から牛乳やんけ…」と笑っていた、
 
というような悲惨な様子が徐々にわかってきました。
 
 
完全に人としての心を失っている…というかこいつら職員こそ犯罪者じゃねーか、という信じれない話ばかり。
 
 

f:id:sohji-low:20210830153844j:plain

↑こちら名古屋入管からやっと開示されたウィシュマさん死亡経緯の公文書、驚きのほぼ黒塗りでの開示。入管内で起こっていることのほとんどが開示できない闇であることの証明となりました。
 
 
 
また難民認定が受けれていない人は働くことが認められていません。
 
映画内でも
「仕事させてくださいよ、日本のために一生懸命働きますから」
「それは認められてないって何度も言ってるでしょう」
「では働かずにどうやって生きていったらいいんですか?」
「知らないよ、だから迷惑だから国に帰ってくれって何度も言ってるだろう」
というやり取りがあります。
 
 
現在の日本の話です。彼らは犯罪者ではありません。日本は困って助けを求めてきている人に対してこういった対応を当たり前にしている非常に卑劣で冷徹な国なんです。
 
 
 
4)「外国人は敵」という潜在意識の単一民族
 
入管が何故ここまで酷く、しかも今でも残っているのか。
 
一番の理由は敗戦で日本の機関をGHQに解体された際に、特高警察はそのまま入管にスライドして生き残り、彼らの一番の任務は日本に強制労働で連れてきた朝鮮人を排除し国外へ追い出すことだったことらしいです。
 
 
特高警察の強行権力的な体質と立ち上げ時の目的による「排除体質」が根っこにあり、それが当たり前に脈々と受け継がれてきたことが今の対応や言動にあるのだろうなと想像できます。
 
 
 
他の国々は「困った人をどう受け入れるか」という機関なのに対して、日本は「どう外国人を日本に入れないか」という機関という大前提の違い、というのが言動や認定率に滲み出てます。
 
 
 
しかしこれは「だから入管だけがクソだ」というだけではないと思います。
 
日本という国は島国、日本語の難解さや日本人の英語習得者の少なさなどにより現在でもとても鎖国的な単一民族国家です。
 
 
海外に出た経験がある人が圧倒的に少なく、海外のニュースなども全然報道されず、興味がある人も少ない。今アフガニスタンで何が起こっているのか、9.11前からの歴史も含めて説明できる人は(自分も含めて)非常に少ないはず。
 
 
要は「国際感覚がある人数が他国と比べて圧倒的に少ない
 
 
「外国人は敵」とまではいきませんが、国に関係なく「日本人か外国人か(それ以外か)」という区分けを潜在的にしている人が大多数だと思います。
 
「何だかんだで日本人だけの方が居心地良い、内輪だけで結構」という排他的な潜在意識が非常に強い国、
 
 
その一番汚くて腐った潜在部分が滲み出てるのが入管じゃないかと。
 
 
 
5)「多様性と調和」へのハードルの高さ
 
オリンピックテーマで掲げ、世界のテーマでもありますが「現時点での日本人には程遠く、ハードル高いよな」と思っています。この点に関しては世界最低レベルの後進国だと思います。
 
 
私が考える多様性というのは「誰でも分け隔てなく受け入れる」「みんな違ってみんな良い」ではないです。
 
 
 
「良いヤツもいれば、どうしようもない悪いヤツもいる、人種など関係なく」
 
 
 
です。
 
性根が悪い私なので「みんな違ってみんな良い」とか言ってる人は「ナウシカ気取りかい」と偽善と理想中毒の香りがしてしまいます。
 
 
「自分が好きだなと思う人とは仲良くしたいし、嫌いなヤツとは付き合わない」という方がよっぽど健康的だし、当たり前の感覚だし、大多数なんじゃないかと。
 
 
映画内のクルド人の若者たちに会ったら「飲み行こうよ奢るよ!」と誘うでしょうが、入管の日本人には唾吐きかけると思います。
 
 
 
できるだけフラットに、個人として見るということ
 
 
 
この先入観や偏見無しに「フラットに見る」と「個人として見る」というのはめちゃくちゃ大事で、難しくて、そして多様性と調和のためには一番重要なことだと思っていますが、
 
 
「高齢者が」「若者が」「障がい者が」「金持ちは」「LGBTQは」「ホームレスは」「中国人が」「パレスチナ人は」「ロックフェスは」「ヒップホップは」…
 
 
様々な「人種や集団などで括ったもの」が世間には蔓延っており、ワイドショーもコメント欄もこの括った上での発言ばかり。
 
 
 
「ホームレスが」という括った感覚があるから某メンタリストみたいな問題発言になるんです。
 
ホームレスでもみんなで手を差し伸べるべき人、どうしようもなくクソな人、それぞれです。それはどこの組織も団体も国も、小学生の教室でもそうです。
 
 
 
6)ダメな日本を受け入れ変えていきたい
 
入管も「決まりだから」「この国の人は」「前例が」とかでなく、「この人ならOK」という個人を見て、映画に出てきたようなナイスガイだったらどんどん受け入れて、一緒により良い国を作っていく仲間にしていくべきだと思います。
 
「認定のラインを下げて困っている人をもっと受け入れよう」という偽善的で無責任なものではなく、
 
 
 
ただ「問題ない(少ない)人を適正な判断の元にちゃんと受け入れる」というだけ。
 
 
 
日本が世界の中でも将来性がなく、魅力的では無くなっていく中でそれでも来てくれるなんてむしろありがたいこと。それをあんな意地悪して、死亡者まで出して、それなのに法改正してもっと酷いようにしようとして、本当に恥ずかしい。どんどん自分の国が誇れなくなります。
 
 
こんな状態を変えるのはやはり政治であり、選挙です。今の菅政権の上川法務大臣は最悪で、自分の在任中に何人亡くなったのかさえも覚えてない、日本の責任で日本の管理下で、他国の人を殺している現実があるのに全く事態を重く考えていない。
 

f:id:sohji-low:20210830154754j:plain

 
 
日本人は腐ったヤツでも無条件に保護、外国人は全く問題ない人でも犯罪者扱い。
 
 
関東大震災の後に「朝鮮人が暴れて悪さしているらしい」という噂を信じ込んで朝鮮人なら誰それ構わず虐殺しまくった(数百~6000名)のも日本人、その事件に追悼文を5年連続で敢えて送ってないのが都民が選んだ小池百合子という人間。
 

f:id:sohji-low:20210830155118p:plain

 
 
 
自分らの過ちも振り返らず、金落とす旅行者と低賃金労働者だけは受け入れ、助けを求める人は排除、
 
そんな国が、何が”多様性と調和”だよ
 
と思いながらオリンピックを見てました。
 
 
 
恥ずかし過ぎるので是非変えていきたい、この件はずっとウォッチしていこうと思います。
 
 
 

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

 

 

本当の終戦記念日(敗戦日)は9月2日だと思う

どーも!sohji-lowです。
 
 
 
本当の終戦記念日(敗戦日)は9月2日
 
 
 
だと思っています。
 
 
1)9月2日が無条件降伏文書に調印した日
 
8月15日を過ぎると日本ではすっかり戦争へ思いを寄せる雰囲気はなくなります。
 
 
しかし正確には、
 
8月15日はただ昭和天皇から玉音放送が流れた日、であって、
 
連合軍に対して日本は「敗けました」と東京湾上のアメリカ軍艦ミズーリ号で文章に調印して、正式に終戦したのは9月2日です。
 
よってアメリカを含む連合国ではこの日を「V-J day(対日戦勝記念日」としています。
 
 

f:id:sohji-low:20210901195216p:plain

 
 
普通に考えて大型案件の受注が電話とかで知らされても、正式に契約書にサインした日が契約日じゃないですか、
 
だったら「終戦した日は9月2日でしょ」となると思います。
 
 
しかし日本では8月15日が終戦記念日であって、9月2日には誰も戦争のことなんて触れません。
 
 
 
2)とても天皇的、自国中心的な歴史の捉え方
 
玉音放送というのは
 
天皇が戦争に負けたことを認めて国民に発表した日」です。
 
この8月15日を日本は終戦記念日として制定し、戦後76年に渡って戦没者追悼+日本中が戦争に思いをはせる日として定着しています。
 
 
天皇中心の視点、自国の都合による日」です。
 
 
私は特に天皇否定派とかではないですし、尊敬している点も多々、日本の象徴としてや心の拠り所として大切な存在だと思っています。
 
 
しかしこの「天皇視点での戦争の振り返り方」では世界から、特にアジア諸国から「それってただの自己完結、ちゃんと戦争に向き合ってない証拠」と思われて当然かと思います。
 
 
 
3)日本は被害者ではなく、加害者
 
太平洋戦争で兵士、一般人含め約310万人の日本人が犠牲になってます。
 
逆に日本が殺したアジア諸国、連合軍の人数は約2000万人と言われています。
 
6〜7倍です。
 
 
南京大虐殺の数や広島長崎への原爆投下など、様々な議論が存在しますが、
 
私個人の意見としては、
 
普通に数だけ見ても、これ加害者じゃね?
 
というところです(あくまで私個人の意見)。
 
 
レイプも虐殺も散々してますし、母国語を禁止し無理やり日本語を覚えさせ、過酷な労働をさせ、関係ない一般人も殺しまくってます。
 
 
 
世界から見たら、
 
いや、どっちかというと酷いことやってたのお前らだし、なのになんで被害者ツラして自国の犠牲者だけに黙祷とかしてんの?
 
となるのは自然じゃないかと思います。
 
 
 
切り取り方で変わってくると思いますが、
 
今の日本のスタンスが被害者寄り過ぎ
 
というのは間違いない事実だとは思います。日本の教育やメディアの伝え方がそうなので私もずっとそういった被害者側の認識でした。
 
実際に日本軍の占領地での悪行の数々や殺した数を知った時は絶句したもんです。
 
 
 
4)何故天皇中心の視点、記念日、風習を疑問なく続けるのか
 
色々な要素がありますが、御前会議で開戦の最終決断をしたのは天皇です。
 
戦時中も、陸軍などが実際の主導権を握っていたとは言え、最高責任者は天皇でした。
 
最高責任者として行った戦争で日本は他国民を約2000万人殺しました。
 
その規模や死者の数には諸説あるもののアジア諸国でかなりの残虐な行為をしたのは事実です。
 
 
しかし玉音放送では、
 
日本の自立と東アジア諸国の安定を心から願ってのことであって、他国の主権を排除して領土を侵すようなことは私の本意ではなかった
 
敵国は新たに残虐な爆弾を使い、むやみに罪のない人々を殺傷し、その悲惨な被害が及ぶ範囲はまったく計り知れない
 
と。
 
 
玉音放送は日本国民の立場から聞くのであればとても良い内容だと思います。でもこれって、
 
 
 
お前が開戦決断して、
 
進めて、
 
あれだけ殺しておいて、
 
どの口が言ってんの!?
 
なんで被害者っぽく弁明してんの?
 
そしてなんで日本は未だにあの戦争それ中心に考えてんの?
 
 
 
海外から見たら普通こう思うと思います。
 
(あくまで私個人の感想です)
 
 
 
「なんでこの状況に疑問持たないの?もうそれ天皇記念日じゃん。なんで敗戦記念日じゃなくて終戦記念日なの?約2000万人殺した責任全然認めてるようには思えないし、むしろその最高責任者だった人崇めちゃってるじゃん」
 
 
と言う人がいても疑問ないです。
 
 
 
この慣例を続けている以上、
 
9月2日に誰も何も戦争について触れないのが当たり前な以上、
 
 
 
日本は自国が始めたあの戦争を
 
しっかりと振り返る」という最初の地点にまだ立ててない
 
んだと思います。
 
 
 
5)大事なのは「世界からの視点」を持つこと
 
中国、韓国、タイ、ベトナムサイパンパールハーバーなど訪問した記念館でそれぞれの国が「あの戦争を、日本をどう見ているのか」を直に伺い知ることができました。
 
(広島や沖縄も回ったのでもちろん日本での悲惨さも感じた上で)
 
 
 それら海外からの視点も踏まえて考えると
そりゃ日本は反省してないって言われるよな」と毎回気まずく、恥ずかしくなります。
  
 
 
海外から「日本は反省していない」と言われると
 
総理大臣が「一体いつまで謝れというのか、戦争に関係ない子供たちにも謝り続けろというのか」と逆ギレしてしまう(安倍政権)。
 
 
「いやだからそーゆーとこよ!」とゆー総ツッコミもんです。
 
 
「ドイツ人にはナチス時代のころを解決する特別かつ無限の責任がある」と強調していたメルケル首相とは対照的。
 
 
欧州では毎年のようにナチスホロコーストに関する映画が世界へのリマインダーとして出ます、ドイツがその映画の製作側だったりもします、
 
それには一生伝え続けなくてはいけない過ちとしての固い意志と深い反省、謝罪を感じます。
 
 
 
日本では原爆や特攻隊など、戦地に向かう兵士を英雄のように取り扱い、あくまで悲劇としてお涙頂戴の映画ばかりが多く、
 
日本が海外で、どれだけの酷いことをしてきたかを語り、伝えるものはとても少ないと思います。
 
 
 
避けている。
 
「もういいじゃないか」という開き直りにさえ思えてきます。
 
 
私だって知りません。関係ないです。
でもあの戦争があった上での世界で、日本人として生きている。
 
やっぱり知るべきだし、振り返るべきだし、伝え続けるべきだと思います。
 
でないとこれ歴史から消えていき、日本に都合の良いことだけ残っちゃう。 
 
 
 
「自分は果たしてフラットに歴史を捉えられているのか
 
ちゃんと振り返れているのか」
 
 
 
それを一度しっかりと自分に問う、
 
9月2日はそんな日にしたいと思うし、
 
子供たちにもその歴史的事実を、疑問と矛盾と一緒に伝えていきたいと思います。
 
 
 

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

 

 

家を建てる「ウッドデッキ作り-仕上げ編-」

どーも!sohji-lowです。

 

 

遂にウッドデッキ完成!

 

これにて外構工事終了!

 

 

f:id:sohji-low:20210830164250j:plain

 

 

「初夏にはウッドデッキでBBQするぞ!」と言って5月に始まったウッドデッキ作り、

 

梅雨には「また雨だ~、できね~」

 

夏には「暑過ぎる~、できね~」

 

と延び延び(実際は子育てで全然時間取れず)になっていましたが、遂に仕上げ編です。

 

 

メインのウッドデッキの横に増築したいなと思ってしまい同時進行に

f:id:sohji-low:20210830163754j:plain

 

やり方はメインのとこの土台と同じく(面倒くせー)

f:id:sohji-low:20210830163810j:plain

 

徐々に形にしていきます(早く仕上げしてー)

f:id:sohji-low:20210830163822j:plain

 

真ん中の土の中には水道のパイプが通っているので掘れず、土台の束石は置くだけタイプにしました

f:id:sohji-low:20210830163836j:plain

 

増築部がメインより一段低い理由はこの電源と水道のせい、「しょうがない、設計段階で想定できるわけないしな」と舌打ちしながら進めます

f:id:sohji-low:20210830163854j:plain

 

それぞれの細かいところの雑草対策でテープ止め丁寧にしていきます、今後何十年のものを作っているので手抜いたら絶対後悔するので

f:id:sohji-low:20210830163903j:plain

 

高いところなどはフェンスなど作らず、「実際に落っこちてそのヤバさを体に刻み込むべし」という子育て方針ですが、流石に大人に対しても高すぎたのでステップを作ります

f:id:sohji-low:20210830163917j:plain

 

こんな感じでちょっとした階段を、横の増築部分と高さは合わせます

f:id:sohji-low:20210830163927j:plain

 

遂に天板へ。3.6m材なのでホームセンター軽トラフル活用。ジュースを出汁に長男にも何回も付き合ってもらいました

f:id:sohji-low:20210830163949j:plain

 

木には木表(左)と木裏(右)があります。木の年輪の中心が上を向いている木裏(右)を上側にします

f:id:sohji-low:20210830164020j:plain

f:id:sohji-low:20210830173425p:plain

 

何故かって?木は内部に含まれる水分が無くなってくると反ります。そしてそれは木の外側に向かって反るので木表(左)を上にしちゃうと木が上側に反ってしまってそこに雨水が溜まり、腐りやすくなってしまうのです。

 

f:id:sohji-low:20210830173440p:plain

 

因みにウチの木製ベランダは木表が上になっていて案の定反って雨水溜まってしまうようになってしまいました。今度作った職人に会ったら「お前それでも職人か?」と問い詰めたいと思っています。

 

 

遂に天板に防腐剤を塗っていきます。すごい嫌いなキレイなウォルナット色でゲンナリ

 

「なんだよこの上品な色は、これじゃブカブカのセーター着てゴールデンレトリバー撫でてる家庭みたいなダサい色じゃねーか」と、再塗装を心に決意しつつ、もったいないので最後まで塗っています

f:id:sohji-low:20210830164030j:plain

 

板の間は均等にしなければいけません。こういったプレートを等間隔で入れて治具とします

f:id:sohji-low:20210830164118j:plain

 

板は長いのでもちろんこんな感じでいかつく曲がっているのばかりです、相手は天然なのでそりゃそうです

f:id:sohji-low:20210830164132j:plain

 

そのグニャグニャ曲がった板材をクランプで無理やり強制してネジ止めしていきます。木の悲鳴が聞こえそうですが問答無用です

f:id:sohji-low:20210830164145j:plain

 

どんどん付けていくとテンション上がってきます、あとちょっと、あとちょっとと唱えながら

f:id:sohji-low:20210830164046j:plain

 

ベランダの柱部分もちゃんと加工してそれっぽくします

f:id:sohji-low:20210830164215j:plain

 

入りきらない最後の一枚は縦にガーっとカット。こんな長い距離を真っ直ぐ切れるのも電動ノコギリのおかげ、手では絶対無理です

f:id:sohji-low:20210830164202j:plain

 

 

じゃーん!!

 

 

遂に完成!

f:id:sohji-low:20210830164318j:plain

 

増築部分もじゃーん!!何に使うのか未だ不明ですが

f:id:sohji-low:20210830164333j:plain

 

夜だと明かりでカッケー!

f:id:sohji-low:20210830164250j:plain

 

自分で作ったデッキの上で夜風に吹かれながらの一杯は最高

f:id:sohji-low:20210830164301j:plain

 

色はやっぱり気に入らないので(小綺麗過ぎる)ヤスリかけ+塗り直しします(たぶん)

f:id:sohji-low:20210830164353j:plain

 

「アウトドアリビング~リビングが外へも広がる開放感~」を目指してリビングの床とレベルを合わせたのですが色が違うとやっぱ一体感はなしと

f:id:sohji-low:20210830164408j:plain

 

しかしこれで家の設計相談の時(4年半前)に、

 

「外構工事はどうしますか?」

 

「…じ、自分でやります!!」

 

「…マジで言ってます?」

 

と宣言した際に決めていた「ウッドフェンス+芝生の庭+ウッドデッキ」の計画が遂に完了、本当に長かったし大変だった…(涙)

 

 

これ全部自分ひとりで作ったったどー!!

f:id:sohji-low:20210830164419j:plain

 

 

思えば数か月間かけて何かを作る機会なんて人生にありません。

 

色々大変でしたが、「本当にかけがえのない機会だよな~」としみじみ思いながら作業していました。

 

計画していた大物が全て完成した今は充実感や達成感に加え、ちょっと寂しさすら感じます。

 

 

もう夏も終わりに近いですが、

 

夕方以降気温は良い感じに下がり、夜風がとても気持ち良い季節になってきました。

 

 

毎晩ここで星空見ながら晩酌し、青々とした芝生を眺めたり、デッキを手でスリスリしては「よくやったな~」と自分で自分を褒めています。

 

それはそれは最高な時間です。

 

 

コロナ禍での長いステイホームでも毎週末やりたいことがあって充実して過ごせたのはDIYのおかげです。

 

「家を生涯の遊び場に」

 

と思って建てた中山家。これから小物での装飾やベランダご飯、BBQパーティー、庭キャンプなどワクワクすることをドンドンやっていって35年ローン分以上に楽しみ倒したいと思います。

 

f:id:sohji-low:20210830164430j:plain

 

千葉でちょっと遠いですが泊まりでもOKなので(酒飲めなきゃ損)、

 

是非皆さま遊びに来てくださ~い!!

 

 

 

これを見てDIYをご検討の方、私からのアドバイスは、

 

「迷わず業者!以上!」です。

 

本当に大変なので。

 

 

 

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

 

 

 

 

オリンピックは反対でフジロックはOKなダブスタクソども

どーも!中山そーじろです。
 
 
 
「オリンピックは反対でフジロックはOKなダブスタクソども」
 
 
 
という誰かのツイートを見て「あ、自分のことだ」と思ったので頭整理のために書きます(長いです)。
 
 

f:id:sohji-low:20210824153149j:plain

 
 
1)フジロック好きです
 
配信ちょこちょこ観てましたが今年はなんと言ってもナンバーガール(他は坂本慎太郎、KID FRESINO、羊文学、THA BLUE HERBが良かった)
 
 
King Gnuが凄過ぎて「いやーこれはチャンネル変えられないわ」と思ってましたが曲間でちょっとナンバガの様子見たらもう釘付け、戻ることはありませんでした。
 
 
 
ホワイトのトリでナンバガ」ということを知っていながら行かなかった罪を一生後悔しながら生きたいと思います。
 
 
 
Youtubeでの無料配信はTwitterでは常にトレンド上位ですごいプロモーションにはなったんじゃないかと(King Gnuとか視聴者42万人とかだったし)。
 
でもあんなスカスカなフジは初めて見たので大リスクとってやったものの大赤字のはず。
 
資金難の際は潰す前に是非クラファンして欲しい、あるだけの金はたいて支援させて頂きます。
 
 
 
2)どこで何をするのがリスク高いのかを考える
 
「無観客のオリンピックより有観客のフジロックの方が感染リスク高いのになんでオリンピックは反対でフジはOKなんだよ、ダブルスタンダードだ、クソが」というのが焦点だと思うので感染リスクの話からします。

 
 
医療崩壊し、政府は「自宅療養で」と言い放ち、救急車来ない病院ないまま死亡などまさにディストピア緊急事態。
 
 
このような事態になってしまっているのは感染者が急増しており、それに対応できる医療体制を確保できていないからですが、
 
病床を増やすのは政府の仕事、私たちは新規感染者が量産されるところを避けたり抑えたりすることが必要です。
 
 
 
ではどこが感染多いのか、
 
一番は断トツで「家庭内感染」
 
去年から不動の一位ですが誰も「家庭内でも常時マスク着用+三密回避+ひとりずつ時間ずらしての黙食が必要だ」と言わないのを不思議に思っています。
 
 
 
 

f:id:sohji-low:20210824153216j:plain

 
 
 
 
私も「でも実際家の中でまでやるのさすがにキツイわ~」という甘えでやってませんが、
 
普通に考えると会社帰りのお父さんお母さん、学校帰りの子供、ウイルス持ち込む可能性すごいあるのになんで家の中ではマスク無しで平気で濃厚接触してそれ堂々とインスタ載せてんの?聖域?と。
 
 
 
近くに誰も歩いてない帰り道はマスクしてて、家に帰った瞬間にマスク外す自分に「一番うつしたくないのは家族なのに、オレはアホか?」と思っています。すごいそもそもの話ですが。
 
 
 
①どこで何をするのが本当にリスク高いのか順位付けする
 
②順位が高いところから緊急度に合わせて休業してもらう(または対策強化する)
 
③休業してもらったとこには相応の補償をする
 
④感染状況やワクチン接種の状況に合わせて解除していく
 
 
というのが正しい手順だと思うのですがこれが私情とか世間の目とか別の要素が混同して「どこで何するのがリスク高いのか」さえごちゃ混ぜになってしまってる気がします。
 
 
 
3)フェスはリスク高く、感染者を出しているのか
 
この一年半、全然出してません。
 
去年のRUSH BALL、今年のJAPAN JAM、VIVA LA ROCKなど数万人規模で開催した大型フェスは屋内屋外含めひとりも出してません
 
 
 
このご時世で数万人が集まってるわけなので、その光景だけ見ると
 
うわっ、超密じゃん。こんなんクラスター間違いないでしょ。
 
となる気持ちはわかりますが、実際は出てないです。
 
 
 
数字から見ると職場、電車内、駅トイレなどの公共施設、デパート百貨店、飲食店、自宅療養者がいるマンションのエレベーター、そしてみんながマスクせず濃厚接触しまくってる家庭内、
 
それらの方が何百倍もリスクあるし、実際に何百倍も感染者出している
 
ということになります。
 
 
 
電車の手すりやトイレのドア、一体一日に何人触るでしょう。それ合間で消毒されてるでしょうか。
 
 
フェスは大人数が行き来する割に日常生活よりも不特定多数が同じもの触る機会は意外な程少ないですし、接触するところは消毒専門のスタッフが立ったりしてます。
 
 
そこら街中の屋内の飲食店や居酒屋の数倍黙食も守られてるので(しかも屋外)飛沫リスクも圧倒的に少ない。
 
 
 
数万人が集まってなんで感染者が出ないのかは内情知らない人はわかりませんし、
 
知ってる人は「街中の方がよっぽどリスクあるわ」と思ってると思います。
 
 
 
「それでもルール破るヤツいるじゃねーか!」というのは「そりゃ人間なんだからでるだろ」です。
 
働きアリだって集めたら2割はサボり始めるし、ダイエットしてるのにアイス食べちゃったりするだろと思います。
 
ダメな人は必ずいるし自分の中にもダメなとこはある。
 
 
それも踏まえて今まで感染者ゼロなんです、これは驚異的だし、仮に今回多少感染者出たって「あれだけ国民の税金大量投入して徹底したオリンピックだって500人出てますよ」で終わりだと思います。
 
 
なんで500人感染者出してラムダ株侵入の事実も隠蔽してたオリンピックは許容して、感染者出してないフェスは許せないのか逆質問したいです。
 
 
 
 
どこで何をするのが本当にリスクが高いのか、
 
思い込みや極論や私情ではなく、実際の数値で判断してくのがより良い対策に繋がるんじゃないかと思います。
 
 
 
 
感染者が出てないとしてもフェスは不要不急の遊びなんだから今やるべきではない?
 
あれは会社がやってる仕事です、ビジネスです。やらなければ潰れ、関わっている人たちやその家族が途方に暮れる、皆さんが不要不急じゃないと毎日やってるのと同じ、仕事です。
 
フェスが感染者ちょっと出すのも許容できなければ世間の企業のほとんどがアウトです。あなたの会社はひとりも出してませんか?
 
 
因みにフジロックは観客全員にも事前の抗原検査、問診票の提出、専用アプリの登録と他のフェスよか厳しくやってます(もちろんパラリンピック見学する学生たちよりも)。アプリなんて国が3億9千万円かけたCOCOAよか全然使えるものです。
 
 
 
4)フェス開催のルールを作っているのは政府
 
あんまりこれ言うと「自分らで開催判断したのに政府の責任にすり替えるな!」と言われると思いますが、
 
本当に忘れちゃいけない大前提が、
 
 
政府が「このルール守るんなら開催してOKよ」と言っているガイドラインを守って開催している
 
 
ということ。政府がOKしてるからやっているんです。
 
むしろ主催者は「そのルールだけでは足りないのではないか?」と、経費が膨らみ利益が減るのをわかっていながら政府が決めたルール以上の厳しい規制を自らにかけて開催しています。
 
 
 
それなのに「危険すぎる」「信じられない」「参加者は地獄に落ちろ」と世間は大合唱ですが、
 
 
 
それってルールが不完全で、実態に即してないのが問題なんじゃ?
 
 
 
じゃないでしょうか。
 
 
政府の皆さんは、忙しい国民の代わりに国のあれこれの専門的な対応と仕切りを任された人たちです。
 
国民はその専門的な仕事を任す代わりに税金を納めることで彼らの経費や給料を払っています。
 
 
 
会社は「フェスを開催することが仕事」です。
 
政府の方々は「それを開催してよいのかを判断すること(その基準とルールを作ること)が仕事」です。
 
 
 
状況が悪くなり、従来のルールではリスクが大きすぎるなら中止要請するとかルールを変えれば良い。
 
「観客も全員ワクチン接種+PCR検査必須」「公共機関は一切使わせないこと」「場内だけで完結できる十分な医療環境を作ること」などのルールを根拠と説明付けて加えるべきです。
 
 
 
何故やらないか、
 
あまりに厳しくしてしまうと補償の話が大きくなっちゃって良ろしくない、それぞれの現場の事情聞いてくのも大変だし、狙いは「補償なき自粛、泣き寝入り」
 
だからガバガバなルールなままで世間の雰囲気に任せて、主催者にその判断も負担もかけ続けている。
 
 
 
フェス批判する前に政府に仕事してもらいませんか、僕らのお金ですし、僕らの命と健康も危うくなってしまっています。
 
怒る先が違います。国がOKって言ってるからやってるだけです。
 
 
 
因みにレッドマーキーとか画面だとかなり密に見えましたが、あれでも普段のフジロックに比べたらスカスカです。そしてZepp Hanedaでキャパ半分の椅子ありのライブ行きましたがそっちの方が屋内だしよっぽど密でした。
 
 
政府の作ったガイドラインってそのレベルまでのリスクは許容してるんです。
 
 
それが危険だあり得ないと言うならまず見直すべきなのはそのルールだと思います。
 
 
 
5)オリンピックは公的、フジロックは民間のイベント
 
私がオリンピック反対なのは世界に大嘘ついて招致して、税金ジャブジャブ使って、癒着企業が過去最高利益を叩き出し、変異株入って来たのも隠蔽して、選手たちの頑張りを政治利用と権力誇示に使う腐ったものだからです。
 
国民が負担している以上個々がスポンサーです。強制的に出資させられているわけなので文句を言う権利があります。
 
税金一円も使わないならどうぞお好きにです。何も言いません。
 
 
 
一方フジロックは民間イベントです。スポンサーや観客が金払って自力でやっているもので外野は関係ありません。
 
 
民間で自分らだけでやってるんですからそこで横領やぼったくりがいくらあろうがOKですが、国民全員から金取り立ててやってる公的イベントではNGです。
 
 
これごちゃ混ぜにして同じイベントとして捉えちゃいかんと思います。なのでダブスタでは御座いません。
 
 
 
6)業界の危機と文化的損失を想像することも必要
 
イベント会社だってミュージシャンだって生き抜ける補償があって、開催不可能なぐらい適正且つ厳格なルールと説明があれば無理にやろうとはしません。
 
 
リスクや批判があることは重々承知、
 
しかし十分な補償なく、
 
食っていけない、
 
これ以上は限界、
 
しかも禁止もされていない、
 
むしろ課されたルール以上の厳しい規制して開催する、
 
 
だから開催するんだと思います。
 
 
 
「ロックだからウイルスなんか怖くない、周りに迷惑かけたって知らねーよ、それがロックだ」なんてアホはいません。自分らで地元や行政と話し、葛藤に葛藤を重ねての判断です。
 
 
 
2012年ではカメラ越しの原発対応の政治家らに中指を立てていたILL-BOSSTINOが今回は
 
「先生方、補償などの仕組み作り、本当にお願いします」
 
と帽子を取って頭を下げていたところに業界の逼迫さを痛烈に感じました。
 
 
 
「大変なのは音楽業界だけじゃない」なんて重々承知。医療は大変、実際に人が死んでる。
 
リスクはできるだけ抑えなきゃいけない、でもそれ以外の全てを殺してもいけない。生き甲斐と職を無くして自殺もさせちゃいけない。
 
 
どこのラインで良しとするか、生き残るには何が必要か、
 
このみんな大変な中で誰がろくに仕事もせず高い給料もらってのうのうとしてるのか、
 
音楽やフェスや文化や楽しみが無くなったらどれ程の損失か、そしてそれは冷静に物事を整理して、お金の流れを調節すればどれだけ回避できるのか、
 
 
国民同士で喧嘩なんかしてないでそういったことをもっと話していくのが必要なんじゃないかと思います。
 
 
 
7)一番ムカつくのが引いてる音楽ファン
 
「うわ…開催したんだ」
 
「今年のフジ開催には色々思うところはあるけど…」
 
「純粋に楽しめない…」
 
とか言って距離取ってる人たちの方が、何も知らずにバッシングしてる人たちよりムカつきます。
 
 
 
あなた方が好きだったものが、
 
あれだけ楽しませてもらったものが、
 
世間から悪者にされて晒されてる中で、
 
 
 
その中でも必死にもがいて、
 
ものすごいバッシングとリスクをわかりながら、
 
それでも大切なものだ、何としても生き残ろうと頑張ってる中で、
 
 
 
あんた「守りたい、守らねば」「自分だけでも味方しなきゃ」とは思わんのか?
 
 
 
教室で集団リンチにあってる友達いたらそれ引いてみてるだけかい。
 
「こいつも悪いとこあったけどそんな殴ったら死んでしまうよ、もうやめてくれよ」とはならんのかい。
 
 
 
フジロックや音楽を好きだったはずの皆さんがそんな反応してたら、
 
フジロックを繋げようと死ぬ気で頑張って今日本中からバッシング受けてる関係者の人たちみんなすげー悲しいと思いますよ。
 
 
 
何も無い時だけ調子良く
 
「3日間だけ現れるこの世の天国」「世界一クリーンなフェス」「世界に誇る日本の文化」
 
とか言ってるだけのただの消費者かい。
 
 
大変な時こそ仲間同士で助け合って乗り越えるんじゃないのかい。
 
ただでさえロックなんてマイノリティなのに。
 
 
 
 
行ってないくせについ長くなってしまいすみません。悔しくて。
 
こんな言いましたが私個人の意見は「あと2か月延期して金ヤバかったらクラファンで食いつないで改めてワクチン2回接種した人限定で秋フジやる」でした。
 
もちろんネットで晒されてる一部のルール違反の人たちは言語道断です。
 
フジロック・フォーエバー、キーポンロッキン
 
 
 
 
 

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

 

f:id:sohji-low:20190816161040j:plain

 

中山そーじろ

「感動したし良かった良かった」で終ってはいけないオリンピック

どーも!中山そーじろです。
 
 
 
スポーツの力、ハンパない
 
 
 
オリンピックでこれ一番感じました。
 
 

f:id:sohji-low:20210817163604j:plain

 
 
1)スポーツが持つ力
 
開幕前は「4割が中止、3割が再延期」と7割強が強行開催反対していたのに、
 
閉幕後は「開催してよかったが77%」と驚愕の大逆転。
 
 
 
開幕中も酷い実情が毎日出てきて、コロナは大爆発し、医療は崩壊し、首相は金メダルおめでとうツイートしかしてないのに、
 
開催してよかった!
 
と言えるということはそんな不安や不満を超越するぐらい選手たちの輝きに多くの人が感動して元気をもらったということで、
 
 
 
こんなことは音楽にも演劇にも映画にもアイドルにも宇宙飛行士にも誰にもできない
 
 
スポーツってすげえ
 
 
 
と改めて思いました。
 

色々な意見あると思いますが「この状況下でもスポーツがこれだけの人々を力付けた」というのは間違いない事実だと思います(日本国内だけだとしても)。
 
 
 
2)決算書見るまでがオリンピック
 
7400億円ででき最適な気温ですと嘘プレゼンして招致した大会が、

結果1兆6千万~4兆円かかる見通しで世界中から「犯罪レベルの嘘」とバッシングされた地獄のような炎天下開催でした。
 

全体の仕切りをやった電通は1075億円の最終黒字の見通し(前期は1595億円の赤字)、五輪の人材派遣を独占したパソナは95%の中抜き率で11倍の過去最高益をあげるそうです。
 
 
結果の大赤字を国民負担とし一人当たり都民は10万3923円、その他国民は1万408円になるという試算も出ています。
 
 
誰も見れない聖火リレーで116億円、あの安っぽい酷い開閉会式で165億円、IOC貴族の宿泊代は一泊300万円、弁当は14万食分廃棄、国立競技場の買い手は誰も付かず、
 
 
 
本当に決算書の中身が気になります
 
 
 
長野五輪の時は公表されず焼却されてしまったので(犯罪です)今回は是非ひとつひとつしっかり確認させて頂きたい、
 
私たちのお金で勝手にやった大会ですので
 
 
 
これだけ好き勝手やられて「でも感動したんだから良かったじゃん」と言っている人たち、選手たち、
 
本当に良かったんでしょうか。
 
 
 

f:id:sohji-low:20210817164124j:plain

 
あんなヤツらがそのまましっかり決算書開示するわけなく、現在決算書の改ざん、領収書類の捏造、関連書類の廃棄などが大急ぎで行われていると思いますが是非そこは文春さんなど頑張ってすっぱ抜いて欲しい。
 
 
安倍元首相も一年前には「一年後には国産ワクチンが全国民に行き渡っている状態であるため一年の延期とする」と言っていたのがこの前「緊急事態宣言などで重症者数などを抑えられる見込みと言って延期判断した」と早速嘘ついて逃げる用意してました。
 
 
歴史上の事実がどんどんと都合の良いように捻じ曲げられていっております、本当に恐ろしいことです。
 
 
将来歴史の教科書には
 
東京五輪、過去最多のメダル数、開会式の視聴率61%、開催してよかったが77%の大成功で閉幕」
 
とだけ載るんでしょう。ちゃんと「ちげーよ」と現代に生きてる私たちが言ってかなければいけません。
 
 
 
3)オリンピックを強行し国民を見殺しすることを決めた政府
 
医療の逼迫により自宅療養をお願いする
 
本当に驚きました。
 
政府が国民の命と健康を守ることを放棄したということです(それが仕事じゃなかったっけ?)。
 
家で死んでもしょうがない」と。
 
 

f:id:sohji-low:20210817164310p:plain

 
1年半の時間があり、世界一の病床数を誇る日本が、対策も説明もせず癒着企業の利益と政権維持を優先したオリンピックを強行開催、そしてこの感染者数で医療崩壊
 
「最初に”自助が基本”って言ったろ」と堂々と責任放棄。
 
 
 
オリンピックが感染拡大に直接影響したということは少ないと思います(隠蔽してたラムダ株がこれから広がったらそれはオリンピックのせいですが)。
 
しかし「オリンピックは全て特別扱い、その他の全ては自粛せよ」というダブルスタンダードの姿勢と、地獄的な支援・保証・説明・誠意・努力不足がこれまで耐えてきた国民の多くを心底落胆させ、
 
 
「バカらし、もう奴らの言うことなんて聞くか」
 
 
となったことが直接影響しているのは明らかです。まさに人災、緊急国会も開かず、ひたすら私利私欲に走った彼らの責任です。
 
 
 
去年強行した消費増税、「増税分は全て社会保障に回します」と約束して上げた税、結果政府は過去最高の税収となりました。
 

それなのに医療を受けられないという現状。全く還元されてない。開き直る政府。本当に全国民はずっと詐欺にあっている状態だと思います。
 
 
 
4)選手たちはこれで良いのか
 
”スポーツウォッシング”=政府や権力者が自分たちに都合の悪いことをスポーツの喧騒で洗い流すという意味
 
本当に今回この言葉がふさわしい、
 
期間中は五輪一色で見事にウォッシングされてました。
 
 
 
都合の良い駒として利権や政治に散々利用されて、
 
”アスリート・ファースト”理念の元、炎天下の中や深夜に試合させられ、
 
スポンサーがある手前何も発言できず、
 
世間のブーイングや苦しみ葛藤をグッと耐えに耐え、
 
金メダルを汚いオヤジに噛まれても文句も言えず、
 
政府や組織委員会、癒着企業の悪さによって国民にこれだけの負担を強いた上で行う自分の出番、
 
詐欺、改ざん、隠蔽、癒着、利権、誹謗中傷、分断、医療崩壊、感染死者がこれだけ酷いレベルで露呈し渦巻いた大会、
 
 
 
本当にこんな形のイベントで選手は良いのでしょうか
 
 
こんなイベントを子供たちに「夢の舞台」と言うのでしょうか
 
 
 
「僕らは選手なので競技に集中するだけです」
 
「少しでも国民の皆さんに元気を分けれたなら本望です」
 
とかしか言わずに「メダルいっぱい取れたし出場できたから良かった良かった」とか思ってたらそれは選手だとしても無責任だと思います。
 
 
 
「このままではいけないのではないか」
 
「一度五輪のあるべき姿を選手も考え直すべきなのでは」
 
という発言や行動が選手からも出てくることを祈ります。
 
 
これだけ大規模な大会なのだから関連企業が仕事としてかかわるのは当たり前ですし、選手もスポンサーとの契約が前提、マイナースポーツは唯一光が当たる舞台、などの事情があり、そこで「営利目的のない100%クリーンな大会」なんてのは絵空事であることは重々承知。
 
でもこれは流石にやり過ぎ、行き過ぎ、腐り過ぎだと思います。
 
 
オリンピックを見て感動し、選手を夢見る子供たちに用意する舞台がこんなに腐っていて、しかもそれを選手含む大人たちがみんな知っていながら放置していたものであってはいけないと思います。
 
スポーツの力はすごい、だからこそです。
 
 
 
 
じゃなきゃ…
 

もうオリンピック好きだけでクラファンやって金集めて勝手にやってろよ
 

です。
 
 
 
心から応援できる大会(シン・オリンピック)に生まれ変わることを心から願っております。
 
 

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

 

f:id:sohji-low:20190816161040j:plain

 

中山そーじろ

映画感想文「映画フィッシュマンズ」倫理観とエンタメや芸術は地続きにある

どーも!中山そーじろです。
 
 
 
本当にみんなに大切にされているバンド、音楽なんだな
 
 
 
やっとフィッシュマンズの映画を観て来れました。
 
思ったよりライトな内容だったな、という感想です。
 
 

f:id:sohji-low:20210721123559j:plain

 
 
1)フィッシュマンズの何が好きかで分かれる
 
すごく誠意と礼儀を持って丁寧に作られたドキュメンタリーだなと。監督の「こーゆー風に面白くしたろ」という自意識は全然感じないしバンドメンバーや関係者のインタビューの言葉選びもとても誠実で真面目。
 
そういったフィッシュマンズの誠実で真面目で、特殊な浮遊感で優しく包んでくれるような部分が好きで大切にしてる人にはとても良い映画だったんだろうなと思うし、あれだけ丁寧に作ってたらそりゃ3時間になっちゃうのも納得です。
 
 
私がフィッシュマンズ好きな理由はやはり佐藤伸治という強烈な才能です。
ポラリスの大ファンからフィッシュマンズ聴き始めたので柏原さんも本当に好きですが)。
 
それも「フワフワしてて不思議で魅力的で優しい天才ロックヒーロー」的な部分ではなく、
 
奥に感じる「孤高でストイックでエゴで狂気的などす黒い奇才のエグみ」の部分。
 
 
正直あの歌唱の仕方、曲構成、詩など「かなりの異常性がなければ生まれえないもの」であり、その部分にとても魅力を感じるし、陶酔できるし、感動します。
 
 
「なんであんなすごい曲たちが生まれたのか、佐藤さんとはなんなのか」、その異常過ぎるエグみに溢れた原液部分が生み出される瞬間とかが観たかったのですが…
 
マジでそれはメンバーも誰も知らないし、佐藤さん本人も言語化などできなかったのだなとわかりました。
 
 
その一番知りたい部分が描かれてなかった(誰も知らないのだから描きようがない)ので私は物足りないと思っただけで、3時間も長く思わないとても良くまとめられた映画だとは思います。こればかりは求めるものの違いだなと。
 
 
 
2)倫理観とエンタメや芸術が地続きにある国
 
「死者をエンタメ昇華しない(できない)のは日本ならではだよな~」と。
 
作ろうと思ったら佐藤氏のエグイ部分とかを意図的に切り取ってエンタメドキュメンタリー表現にはある程度できたと思うんです(目いっちゃってるライブ演奏の部分とかを長めに繋げたり)、でもそれはしてない。
 
やっぱり日本では「死者を意図的に悲劇のヒーローに仕立ててドラマ性を強めたり、面白おかしく表現してやろう」ってのはNGなんだよなと、
 
特に最後の方でメンバーたちの未だにその話をする時の悲しみや苦しみが伝わってくる引きずり様を見て、「とてもこれ以上は踏み込めないし、意図的に装飾表現するなんてのもできない」というのが監督の本音な気がします。
 
 
 
比較的海外では「映画は作品なんだから、それ自体のエンタメ性や芸術性、何より面白みが一番優先だろ」と監督や表現者は当たり前に言いますし、それに対する理解が観る側にもあります。
 
 
クイーンの映画を元メンバーが監修してんのに「フレディのエイズ告白は(史実と違うけど)ライブ前の方が感動するべ、変えちゃえ!」とかしちゃったり、
 
家族に何も知らせずに「ブルース・リーは嫌なヤツだった」という役柄にしてブルースの娘に文句言われても全然気にもしないタランティーノとか、
 
 
 
そーゆーことが日本の国民性(もしくは宗教観、倫理観)ではできない。
 
 
「これを出すことで家族ひとりでも傷付けるなら辞めよう」となる。倫理観とエンタメや芸術が地続きで繋がっている。これは良いも悪いもない日本人ならではの感性なのかなと思います。
 
 
繊細で誠実で思いやりのある美しい良い部分だな、と思う反面、「対象が日本人だとそーゆーのすごい敏感なくせに外人に関してはそういった作品全然問題視せずにエンタメとして楽しんでるよな」、とも思います。
 
 
 
私は性根が悪い人間なのでただ観る側というとても無責任な立場から「悪魔に魂売って得た狂気的な表現もっと見せてくれよ、周囲への配慮なんていいからもっと異常なすごいの見せてくれよ」というのが半分あるんですが…
 
 
まぁ、あのメンバーや関係者の誠実な気持ち、大切にしたい思い出と音楽、そしてそれを鳴らし続けたいと願っての再結成活動している姿勢を見たら、そんな身勝手なこと言えません。野暮です。一瞬でも「正直物足りなかったな…もっとこう…」と思ってしまった自分が野暮でした。
 
 
 
3)ミュージシャンという職業の大変さ
 
売れなきゃ食っていけない、食っていけないとどんどん荒んでいく。
 
良いものを追求し続ける、完成させるとまた次のレベルの何かを模索、その繰り返し。
 
追及し続けるとどんどん大切な人たちが離れていく、孤独になっていく、信じられなくなってくる。
 
 
 
佐藤さんからしたら柏原さんが抜けるのは最後の痛恨の一撃だったんだろうし、「男たちの分かれ」での「10年後に誰が残ってるかって…だって結局減ってるじゃん」というMCの表情がもうツラ過ぎて、その後のIN THE FLIGHTでの「やっぱり何も出来ないよ」の歌詞で毎回胸が締め付けられます。
 
 
 
すごいものを作れば作る程大切なものを失っていくさだめのような
 
マジで悪魔との契約みたいだなと
 
 
 
改めて本当に大変な職業
 
華やかに見えるけどずっと苦行
 
 
 
「息子がミューシャンやりたい、芸術家やりたい」ってなったらなんて答えようか…
 
とずっと悩んでいます。
 
 
 
 
一番衝撃的だったのは「えっ!詩が先なの!?」でした。
 
本当に色褪せない稀有なバンド。これは茂木さんとか亡くなった後でもそれぞれの世代の「いいモノ」に敏感な意識高い若者たちに引き継がれて残るんだろうな~と思います。
 
 
 
 

選手が活躍してもオリンピック反対は変わりませんし矛盾もしてません

どーも!中山そーじろです。
 
 
どんなに選手が活躍しようと
 
腐ったイベントであることは変わりません
 
 

f:id:sohji-low:20210729165835j:plain

 
 
日本のメダルラッシュで開幕前の反対風潮から一転、「毎日感動してる」「オリンピックやって良かった」という声が溢れています。
 

また反対派だった人たちに「手のひら返し」「中止だったらこの選手たちの活躍や感動は奪われたってことですけど?」みたいな声もすごい上がっております。
 
 
 
私は去年より
 
オリンピックは中止、IOCJOCは解体
 
新たにシン・オリンピック立ち上げ希望
 
 
 
という考えでこれはいくら選手の活躍と感動があろうと変わっておりません。
 
 
 
1)腐りきった器なのは変わりない
 
選手たちの活躍はすごいです。「普通のオリンピックの何倍もの苦悩とストレスの中よくぞここまで…」と、この状況だからこその感動も付加されています。
 
 
そりゃみんな歓喜します。1年半以上ネガティブなニュースばかり毎日聞かされていたわけなので開催前まで「辞めるべきじゃ?」と言ってた人が「感動をありがとー!」と喜んでてもそりゃそうだよなと思います。
 
 
選手たちの活躍は日本人を元気にさせているのは間違いない。
 
 
 
でも
 
「7400億円でできます、選手にとって最適な気候です、原発汚染水は完全にアンダーコントロールされてます…」
 
などなどと確信的な嘘をプレゼンして招致したイベントであり(賄賂疑惑もあり)、
 
 
政治家は恥ずかしい程のバレバレの政治利用、組織委員はスポンサー料での金儲け、癒着企業はあり得ない中抜きを繰り返し、

という”アスリートファースト”や”平和の祭典”などはただのキャッチコピーで、関連した偉い人たちのためだけのイベント構造であることが今回炙り出されました。
 
 
えっ?オリンピックってこんなに腐ったイベントになの?
 
 
と今回で気づいた人いっぱいいると思います。
 

この後に及んで「森喜朗を名誉顧問に…」なんて話が普通に出てくるのです。それぐらい異常な神経の人たちがやっている国民の税金を上限なしで使いまくった異常なイベントなのは事実。
 

 
選手の活躍を見れば見る程、
 
こんな素晴らしいものをこんなに腐った器の中でやってちゃいかんだろ
 
という気持ちは強くなっていきます。
 
 

 
2)心底ガッカリだった開会式
 
しょうがないです。でも開会式が一番好きな私は本当にガッカリしました。悔しい。
 
 
政府が根拠ない大きな予算付けて癒着企業に丸投げ、
 
癒着企業が好きに中抜きして165億円あった製作費が結果10億円に、
 
実力なくても癒着権力ある人材が恣意的にチームのトップに任命され、
 
意向にそぐわない人材は外され、チームは解散させられる、
 
スポンサー企業や権力者の勝手な要望が横からどんどんはいってくる、
 
最後には金も時間も優秀なクリエイターも残らず、
 
大金掛けて非常に浅くショボいものができる、それを国民で負担する
 
 
悲しいですがこれが「日本のクリエイティビティに対する姿勢であり構造」、これで良いもの作れという方が無理。
 

「良いところもあった」とか寝言言っちゃう人は本当にロンドンオリンピック開会式観て欲しい。

ロンドンが43億円でやってて、東京は165億円。1/4の予算でやったロンドンのが段違いに素晴らしいって…涙出ます。

 
→コメント欄が英語ですが「東京のに本当にガッカリしたのでこっち観に来た」「なんであんな酷いの?」という声で溢れています。
 
 
 
「これ出しとけばウケるっしょ」という浅はかな発想のものを無理やり繋ぎ合わせた矛盾ばかりのショボいハリボテ会。
 
 
日本は龍安寺の石庭のように、長年世界の人々を魅了し、研究させ、宇宙との繋がりを海外の学者が大真面目に解釈熱弁してしまうような、
 
 
イギリスやその他の国々に負けない歴史と文化と伝統と芸術が現代に至るまで確かに存在する国なはずなのです。その素晴らしさを世界にアピールし、日本人にプライドを思い出させる最大のチャンスだったのに…
 
 
 
世界中の代表選手が、それぞれの国の威信と誇りを掛けて競うためにこの困難な状況でも来てくれたイベントのオープニングで、
 
「国境のない世界を想像してごらん」(イマジン)と歌う、イギリス人が作った歌を歌う。
 
 
 
なんで!?
 
 
 
今回どこ開催?なんで点火で流れるのがボレロ?どこ開催?
 
 
 
 
安倍晋三菅義偉森喜朗小池百合子竹中平蔵、とか(その他大勢)の方が何倍も悪人だし社会から排除されるべきことやってると思うんですけども!
 
 
 
3)コロナとオリンピックは関係ないようで、ある
 
私は反対派の「感染拡大はオリンピックのせいだ!」という言い分は「何でも政治批判に使うな」と言われてもしょうがない極端さと説明不足を感じます。
 
「その前にデモはもっとディスタンスとってやるべきじゃ?」とも。
 
 

結果無観客でやってるし、感染者が増えたからって感染リスク的に考えても「オリンピックを今すぐ中止しろ!」には強くは結びつかない。
 
 
 
一番の問題は政府の選挙対策IOCなどの金儲け、癒着企業の中抜きなどがあからさまに露呈しながらも強行した結果、
 
そっちがそんな無理やりオリンピックやるならこっちだってもう黙ってらんねーよ
 
と若い人中心にキレて多くの人が我慢や自粛しなくなっちゃったこと。このタイミングで再開したり酒出すようになった居酒屋も多いです。
 
 
 
「オリンピックやったことで直接感染者が激増したのではない(たぶん、今のところ)」
 
でも
 
「ちゃんとコロナ対策せず、国民の理解を得ずに政府や都や委員会が強行したことで間接的に感染者が激増してしまった」
 

直接ではないですがやっぱりオリンピックのせい、強いては十分な病床や医療体制も用意しないままゴリ押しした偉い人たちのせいです。
 
 
 
感染者が爆増してなんと全国で1万人超え、
 
医療はもちろんパンク寸前へ、
 
1500万人いる東京都のPCR検査数は一日1.2万件、
 
9万人しかいないオリンピック村での検査数は3万件



なんで!?
 
 
 
それでも菅首相は「お答えすることはない」と会見を拒否し、金メダルツイート連発、
 
小池さんは「病床が足りないからひとり暮らしの感染者は家にいろ」と、「急変してもしょうがない、一人で死ね」と、
 

そう言ってしまう人達なのです。そういった人たちと周辺の友達がやってるイベントです。
 
 

f:id:sohji-low:20210729165607p:plain

 
 
それで怒った反対派が選手に「辞退しろよ」とか言ったり、「日本にこれだけ有利な状況でメダルとって喜んでんじゃねー」とか言ってる。
 

下水の中で泳がされたり、灼熱の時間に外で試合やらされながらも文句言わず頑張ってんのに、
 

選手があまりにも可哀そう。
 
 
 
一刻も早くこんな腐ったイベントを辞めて、腐ったおじさんたち解散させて、

正々堂々、アスリートファーストの環境下でその戦いを思う存分やって欲しい、と本当に思います。
 
 
オリンピック反対だけど選手は応援してる、これは矛盾ではないと思います。
 
 
お金もこんな中抜きされる構造でなくマイナースポーツ支援とかに当てられるように作り直せば…


 
4)秋まで絶対忘れない
 
「オリンピック盛りあがったね~」「色々あったけどやって良かったね~」で閉幕したら政府の思うつぼです。
 
彼らはそのためにリスク背負ってでも強行開催したので、
 
国民はアホだから盛りあがって秋になったら全部忘れる
 
という算段で。
 
 
 
今日のニュースでザックリですがオリンピックの国民負担額が出てて、
 
都民は「10万3923円」(4人家族だと42万円
 
国民は「1万408円」(4人家族で4.1万円
 
とのこと。
 
 
あの聖火リレーで116億円、あの開会式で165億円、
 
そんな大金が積もりに積もっての3兆円。からのこの国民負担金。
 
 
 
東京都民で、
 
家族でテレビ観てて、
 
「感動した~」と言ってる家族に、
 
 
 
そのテレビでの感動、観戦代として42万円す!あじゃーす!
 
とかは野暮ですので言いません。でも忘れちゃいけません。
 
 
 
彼らが何をやって、どれぐらいの健康リスクと金銭負担が自分たちにかかったのか、
 
秋までちゃんと覚えておく、
 
選挙にちゃんといく、
 
オリンピックの選手たちの頑張りは素直に応援する。
 
それでいいんじゃないかと。
 
それが矛盾とか、手のひら返しとかで国民同士対立しないで、
 
本当に悪いヤツらは明確だし共通なんじゃないかと
 
デルタ株爆発+ワクチン打てずで秋まで生きてるかわかりませんが。
 
 
 
菅政権の支持率が遂に30%ぐらいまで落ちました。
 
でも日本の衆議院選挙の投票率は残念ながらたった50%。
 
支持率が30%あればその人たちは選挙行くので、組織票たちでそれでも彼らは勝てちゃうのです。

 
 
因みにコロナ前に消費税無理やり上げたおかげで、GDPはだだ下がりなのに政府の税収は過去最高額でしたね。ウハウハです。
 

それでも厚労省は財源逼迫しており雇用保険料の引き上げを検討しているとのことです。
 
 
 
なんで!?
 
 
ねぇ、なんで!?
 
 
 
 
 

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

 

f:id:sohji-low:20190816161040j:plain

 

中山そーじろ

 
 

小山田圭吾問題は解任でなく辞任なのが一番の問題、差別国家日本の露呈だと思います

どーも!中山そーじろです。
 
 
 
本当に恥ずかしい、でも認めるしかない
 
 
 
残念ながらオリンピック開幕です。
 
相変わらず連日様々な酷い問題が世界中に発信されて恥ずかしい限りですが、
 
改めてこの「平和の祭典、多様性と調和」の世界的イベント、日本は本当にやる資格がないと思います。
 
 
 
1)小山田圭吾いじめ炎上辞任
 
あの小山田圭吾が担当だったとは驚きました。大学時代コーネリアスのPOINTライブで「日本人でこんなにすごい音楽やる人がいるもんなのか!」と大衝撃を受けたもんです。
 
 

f:id:sohji-low:20210721162057j:plain

 
 
疑う余地のない天才ですが、
 
障がい者イジメを自慢してた人間がパラリンピックの音楽担当というのはどう考えてもNGで、そこに「作品と人格は切り離して考えるべきだ」という議論の余地はないと思います、ロックフェスじゃないので。
 
 
そもそもロック界隈なんて社会不適合者ばっかなんだからそんな公的な場所に出てくるべきじゃなかったのに…というのが私の感想です。
 

(今年のフジ、初日誕生会カラオケ泥酔の野田洋次郎、二日目障がい者イジメの小山田圭吾、三日目コカイン使用のピエール瀧、って狙ったかのように…)
 
 
 
社会では「作品と人格は別」とは考えてもらえないので(オリンピックなら尚更)
 
 
 
そもそも何故今さらFPM田中氏と小山田圭吾サブカルおじさんしか喜ばん。

間違いなく常田大希とか世界に打ち出せる若き才能がもっといただろう。人選も発言も何もかも全部古い。
 
 
 
2)一番の問題は解任でなく辞任であること
 
でも一番の問題はあれだけ炎上しても組織委員が「貢献が多大、解任はしない」と守ったこと、そして結果解任でなく辞任になったこと、だと思います。
 
 
日本という国が「多様性と調和」を掲げたオリンピック・パラリンピック
 
障がい者イジメを自慢してそれを過去何度も晒されても無視してきた人間を
 
重要ポジションで起用し、再度問題視されても、
 
 
「全然OKす、問題ないです」
 
 
と判断した。
 
それを世界に宣言してしまった、ということです。
 
 
 
障がい者へのいじめも、差別も、日本では問題ないと。
 
それって本当に世界的にあり得ないことで、本当に恥ずべきこと。
 
 
「多様性と調和」を謳った世界的なイベントを、まさにその真逆の精神性と思想を持った国民たちの国で行おうとしていると。
 
 
 
そういえば日本て先進国なのに移民受け入れ1%以下らしいぞ?
 
移民は全く受け入れないくせに世界から「奴隷制度」と指摘されている外国人技能実習生は40万人越えてるらしいぞ?
 
大坂なおみのCMでの顔普通にホワイトウォッシュして、しかも国民は何が問題なの?みたいなリアクションだったらしいよ。
 
女性の国会議員やリーダーも全然いないし、比率超少ないよね?
 
なんか公文書も平気で改ざんしたりシュレッダーかけるし、首相は嘘ばっか答弁してるらしいよ。
 
差別発言もいっぱいされてるし、それでも許されてお咎めなしの例ばっかだよね。
 
お・も・て・な・し」で招致したのにエレベーターは「外人専用」で分けるし、選手村の狭い部屋に閉じ込めてウイルス扱いしてるらしいよ。
 
ワクチン打ってるのはこっちなのに、ワクチン全く打ってないヤツらがなんで?
 
 
 
 
 
 
「やっぱり日本って差別的な国なんだね」
 
 
 
そう思われてもしょーがないことをしている、それが如実に表れたのがこの件だと思います。
 
私たちが中国のウイグルや香港問題見て、「ホント中国って人権無視した酷い国だよな」という目で自然ととらえてしまうように、世界は日本をそういった目で既に見てしまっていると。
 
 
 
あの状況で組織委員が守ろうとする(というよりそのまま誤魔化してお咎めなしでいこうとした)んだから、本当に異常な国。
 
 
 
先日も欧州仕入先とオンライン会議してて、
 
「…なんかオリンピック色々大変そうだね、…グッドラック」
 
と、もう何も言えない恥ずかしい思いをしました。
 
 
 
SDGsもLGBTQも、多様性も調和も、気候変動も最近の話題何もかも、そんなん語るレベルからかけ離れ過ぎている超後進国
 
陰湿で閉鎖的で差別主義の単一民族国家。窯のゆでガエル。
 
 
菅首相が「日本から世界に発信する機会に」と力強く言ってましたが、こんなに恥の部分ばっか発信してしまうことになるとは、本当に恥ずかしい。
 
 
 
3)しかしこれが現実
 
残念ながらこれは紛れもない現実で、
 
IOCというイベント会社の利益のためにアメリカのテレビ時間に合わせてやるしかなく、
 
国内でも様々な部分で中抜きが散見され、選手村の居心地も使い勝手もとても悪そうで、
 
飲食店への時短協力金は半年間も支払われてませんが要請無視の警告と科料請求はすぐに来て、首都高ETCのオリンピック期間特別料金もしっかりと徴収されると。
 
 
高齢者から優先してワクチン接種を進めたのは高齢者が投票率が高いからであって、前回の東京五輪の感動があるその世代にはワクチン打って安心してオリンピック見てもらえば自然と自民党に投票すると思われており、
 
 
与党とその周辺企業や団体の都合の良いことばかりが勝手に進んでる中、この環境下でオリンピック開催まで来てしまいました。
 

ミャンマーのような一丸となったデモなどもなく、
 
ネット上での反対署名も1億2千万のうち集まったのは40万名分だけ。
 
 
 
そして今週からテレビからは選手たちの活躍と感動物語が延々に流れ、
 
マツオカという男が叫び、多くの人が興奮し感動し、
 
「色々あったけどやらないよりやった方が良かった」
 
という雰囲気にこの国はなると思われています。
 
 
 
そして秋の衆議院選挙は…
 
 
 
前回同様、50%前後のとても少ない投票率で、
 
「野党もダメだし、どれに入れても無駄っしょ」という浮動票は動かず、
 
高齢者や組織票を固めた自民党が政権を守り、
 
この体質のまま、色んなおかしいことが蔑ろにされたままゆっくりと下降していく、
 
 
 
 
のだろうか。
 
 
あきらめたらそこで終わり、
 
現実を受け止めて、それでも何ができるか考えてやっていきたいと思います。
 
子供らの未来がかかってるので。
 
 
 
 

We do not stop playing because we grow old, we grow old because we stop playing.

 

 

f:id:sohji-low:20190816161040j:plain

 

中山そーじろ

サウナの良さが初めてわかった「北欧」

どーも!中山そーじろです。
 
 
 
なるほど!これがサウナか!
 
 
 

f:id:sohji-low:20210716195505j:plain

 
 
遂にわかった気がしました。これがみんながワーワー騒いでいるサウナというヤツかと。
 
 
サウナーの聖地と呼ばれる上野にある「北欧」、レベル違い過ぎました。
 
 
 
1)サウナ体質へ
 
去年の9月ぐらいからジムに通い始め、週に3回ぐらいはサウナに入っております。
 
半年ぐらい過ぎるとだいぶサウナ慣れしてきて発汗の仕方や汗の臭いなど明らかに体質が変わってきてるのを実感。
 

やっぱり何事も「慣れ」というのは大切で、

 
サッカー楽しみたいなら普段から体力作りや練習を重ねていた方が断然楽しめるのと同じく、
 

サウナも慣れてそういった体質になってくると「辛い、我慢」から段々「丁度良い、気持ち良い」になってきます。
 
 
結局その場で楽しめるものってのはインスタントで薄いもので、想いを持って積み重ねた分だけ楽しめるように何事もできているんだろうなと思います。
 
 
 
2)サウナが高い問題
 
雑誌SAUNA LANDも熟読し、全国にはサウナの名所が色々とありその違いを体験するのもまた面白そうだと、
 
「是非全国サウナ巡りしたい!」
 
と鼻をフガフガさせていたのですが、
 
 
 
ちょっと高いなぁ…
 
 
 
というのは正直なところ。一回で2000円とか3000円とか。
 
サウナでしょ?銭湯460円だけど…新譜のCD買えちゃうな~、ちょっと高いな~、もったいないな~、と思っていました。
 
 
 
3)北欧で全て納得
 
北欧は3時間で2000円でした。
 
「サウナーの聖地と呼ばれる場所、そこ行っても高いと思うのかどうか試してみよう」
 

サウナは「2000円ぐらい屁でもない」という金持ちだけの遊びなのかを確認すべきドキドキして潜入。
 
 

f:id:sohji-low:20210716195528j:plain

 
 
結果…
 
 
 
おいおい、これ下手するとライブより気持ち良いぞ…
 

2000円?無問題
 
 
 
 
となりました。
 
ジムのサウナがレベル10だとしたら北欧はレベル300ぐらいでした。
 
高級レストランの1.5万円のこだわりカレーがココイチの500円のカレーより30倍美味しいかと言われたら困りますが、北欧のサウナはしっかりスポーツジムのサウナの30倍気持ち良かったです。
 
 
 
同じサウナとは思えない、これが本物のサウナか!と。
 
 
 
4)人生初のあまみ、そして極上の整い
 
サウナはいって速攻「アツっ!!」でしたが5分ぐらいで本当に芯からあったまる確かな感覚。
 
またセルフロウリュウで一気に体の温度が上がります。
 
「これがロウリュウか!最高や!」
 
 
そして110℃のサウナから一気に13℃の水風呂へ。
 
「冷てェ!!」ともうケツに刺す痛みが、

この半年で水風呂にはかなり慣れた自負がありましたが自然と「フーフー」と息をし集中を高めないと入ってられません。
 
 
 
しかし不思議と、
 
「あれ?1セット目からはごろも発生?」
 
普段は3セット目ぐらいからしかでない”はごろも現象”がなんと1回目に。
 
※はごろもとは水風呂に入ってると体に膜が出来たような感覚になり全然冷たさを感じない無敵状態になること



そして気づいたら身体中が赤のまだら模様に…


こ、これは!噂のあまみ!?


※あまみとは急激な温度変化での血液循環により体に祟り神のようなマダラ模様が出てくる現象であり「あまみが出るのは良いサウナの証」と言うサウナーも多いのだとか


生まれて初めてあんなに広範囲にはっきりとしたあまみが出ました。それを見て、



か、体が喜びをあげている!



と大興奮。
 
 
 
そしてキンキンに冷えた体を拭いていよいよ外気浴へ。

 
外気浴場は想像以上の解放感と気持ちよさ。
 

本日は梅雨の合間の久々の完全な晴天、しかも湿度も全然なく、爽やかな風が心地よい。